ムツコです。

image6.jpeg

秋から、日曜日13:00-14:30、B1/B2 のシリーズクラスが新しく始まります。

今までベーシック1に参加し、ベーシック2はちょっと敷居が高いと感じている人や、ベーシック2に参加しているけど、土台となる基本をもう一度学びたいなと思っている人に向けてのクラスです。ここでは、改めて基本をじっくりとお伝えし、その基本をしっかりと積み重ねていきます。ベーシック1で学んだ土台がどのように応用されるかを、少しづつポーズを洗練させていく過程を一緒に学びましょう。

頭はすぐに理解できるけど、身体の反応はいつも時間がかかります。 全くの初心者の時に学んだことを時差がある今、もう一度学んだ時、身体と頭の反応も変化していると思います。その反応をまた観察してみてください。わあ、なるほど!!という、感覚を味わってください。

質問があれば、むつこまでスタジオでどうぞ。

9月から日曜13時に、お待ちしています。

むつこ

シリーズクラスのお申し込みは、7/ 25からです。詳細とお申し込みはこちらから

ケイコです。

ロサンゼルスで、早速、マーラ先生、リサ先生、ポール先生のクラスを受けています。私がロサンゼルスに住んでいたのは、もう8年も前のこと。それでもまだお馴染みのクラスメートに会えるのがもう一つの楽しみ。今回は、日本の知り合いにこちらで会ったり、リサ先生とお食事していたら、ヨガ友達にばったり出会ったり。

さて、今回ご紹介するのが、旅行先での生理のときのシークエンス。 アメリカは、枕がたくさんあるので、ボルスター代わりになります。床の上でやるのは抵抗があるので、ベッドがよほど柔らかくない限りは、ベッドの上でやってしまいます。

image3.jpeg

スプタ・バッダコナーサナ

 image4.jpeg

ヴィパリータ・ダンダーサナ

image5.jpeg

パルシュヴァ・パヴァナムクターサナ

ケイコです。

2017年秋期シリーズクラスの詳細がウェブに紹介されています。お申し込みは、7月25日からです。本日は、ナオ先生のマントラのシリーズクラスをご紹介させていただきます。

月曜日13:00-16:00
9/11,10/16,11/13,12/18(全4回)

このシリーズは、「マントラを唱えてみたい、音に向き合うことで本来の自分を思い出していきたい」という方が基礎から学べるように、サンスクリット語50音の発音の仕方から入り、マントラを学び、そのパワーがどういうものなのかを感じていきます。今期は、「ガーヤトリーマントラ」を学びます。

詳細、お申し込みは、シリーズクラスのページから。

前期クラスの生徒さんが寄稿してくださいました。Tさん、ありがとうございます。

image.jpeg

私はヨガのインストラクターをやっていますが、インストラクターになってから音がずっと気になっていました。というのも、何かあると私の不調は必ず喉に出ていたから。声、音が出なくなるのです。ずっと何でだろうと思ってました。その答えを探す日々、今年インドに行った時聴いたチャンディング、喉が苦しくなった…でもなぜか私もマントラを唱えれば答えが出るかもと漠然と思い今回のマントラシリーズを受けました。
ナオさんのレッスンを受けたのは私の周りの大好きな人達が受けてすごく良かったと言っていたからです。

初日は緊張…私はここにいていいのかとドギマギ(笑)もちろん、マントラの音もそのドギマギが出まくり(笑)声なんて、音なんて出るわけがなかったのです。そして、それは後になってナオさんにバッチリ指摘されました。最初大丈夫かなと思ったんだよと、見抜かれてるなーと(笑)

いつもナオさんは私の感情や想いを見抜いて優しく伝えてくれる。感情が音に影響する…マントラを練習して改めて実感しました。音とは自分の全てをさらけ出す事、その覚悟が必要。でも覚悟し自分の閉じ込めていた感情を認めてあげるとスッキリしました。マントラレッスンの後は空がいつもより青く見えたり、お腹が空いたり。大事な人を近くに感じたり。

これからも大事な人に、大好きな人達に感謝しながら日々練習に励みます!まだまだ道のりは長いけど、自分の進むべき道が見えて改めて私にはマントラが必要と感じました。いつか、私の音がそのまま飾らず、そのまま出せるようになりますように。

T

アメリカで一足お先にヨガリトリートをしているケイコです。

私、ただいま、ロサンゼルスでヨガ研修です。マーラ先生とリサ先生のクラスを早速受けてきました。1日、ずっとヨガのことだけ、考えられるのって、しあわせですね。

8月11日(金・祝)のケイコの1日ヨガリトリートのお申し込みが始まりました。吉祥寺のSHIZENヨガスタジオでヨガ三昧の1日を過ごしませんか。みなさまのご参加お待ちしております。

予約はスケジュールからどうぞ。

image2.jpeg

クリックすると大きくなります。

ケイコです。

image11.jpeg

SHIZEN ヨガスタジオでは、月に2回ドミニカ先生によるスワディヤーヤがあります。

1つが月1回木曜日の13:00-14:30。ケイコのシリーズクラスの後に多くの生徒さんがそのまま残られ、 熱心にクラスを受けています。私もわくわくしながら、受けています。

もう1つが、金曜日の夜、19:30-21:00に行われているクラスです。金曜クラスに参加されているKさんが、より多くの方にもぜひ、来て欲しい。楽しいよ!と感想をシェアしてくださいました。

本当にありがとうございます。

どちらのクラスも通訳がつきますので、英語が苦手な方も安心して、ご参加いただけます。次回のスワディヤーヤの日程は下記です。

木曜日13:00 8/10(チアキさん通訳)
金曜日19:30 7/14, 8/4 (ミキコさん通訳)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

金曜日夜に月1回行われてるヴェーダンタのクラスに参加していますがとっても面白いです。

毎回教典の中から1つの言葉が取り上げられ、サンスクリット語と言葉の説明から始まります。クラスの入口は疑問がいっぱいだったり、言葉の意味はわかるけど、、でもどうやって?なこともしばしばですがドミニカ先生の解説は家族とのコミニケーションや日常生活の中で起きる出来事を例に挙げてしてくださるのでとてもわかりやすいですし、何より女優さんかと思うほどの迫真の演技つき!のお話しは本当に面白いです。笑いながらの学びの時間はいつもあっという間で、実は理解するのが難解なものでないと気づかせてくれます。自分にもあるある!と誰にでも思い当たる節があるような、こうしてみるといいのかーじゃあやってみよう!と、超人じゃないとできないことでなく人間にとってとても普遍的な事が書かれているように教えてくださいます。

ヴェーダンタのクラスの帰り道はまるでアサナをした後みたいに呼吸が深くて背筋も伸びていてマインドが穏やかになっています。前向きでも後ろ向きでもなく、静かであたたかな希望に満ち溢れてここにいる感じがします。

今まで自分がこだわってたことはなんなんだろう、本当の目的はなんだろう。アサナの練習で自分の身体を観察するように、自分のマインドを客観的に見てみると物事は自分が思ってるほど複雑でない事に気づいたりします。

以前マドカ先生の瞑想クラスがこのクラスの後にあった時、ヴェーダンタクラスの後の瞑想はすごく気持ち良かった!と言っていた生徒さんもいました。不思議〜でも分かる気がします。具体的にうまく言えませんがヴェーダンタのクラスに参加してから日々のアサナの練習の取り組み方も変わりました。

以前「気になってるんだけど私には難しいかもしれないと思って、、」と言っていた別のシリーズクラスで一緒の生徒さんがいて、私も最初はそう思っていたのに今では楽しくてしょうがないのです。私自身、哲学や座学なんて難しそう、質問なんてされても多分答えられないし他の人とシェアするグループワークは苦手だなあと以前は思っていました。でも、えいっとクラスに出てみたらグループディスカッションでは自然と思ってることを口にできるような安心感があり、例え質問されても絶対発言しないといけないような緊張感はないし、苦手意識がいつの間にかなくなりました。

「物事の結果は私が決められることではないけど努力の質は選べる、アサナと同じように何回も繰り返してみる。一つのポーズをできるようになるのに時間がかかるように、マインドの変化にも時間がかかる。練習が必要で繰り返し行うこと。マインドとの関係性を育むことが大切」とドミニカ先生は繰り返し仰います。
ノートに書き留めていて、見返すたびに気持ちがはっ!とする素晴らしくて大切な言葉です。

ドミニカ先生、通訳のみきこさんとちあきさん、一緒に参加している皆さん、いつもありがとうございます!

次回のクラスも楽しみにしています。

K

ケイコです。

5月の忘れ物です。Tシャツとヨガパンツの忘れ物がいくつかありますよ。早く取りにいらしてくださいね。

 image10.jpeg

ケイコです。

吉祥寺周辺には、本当に美味しいお店が多いですね。SHIZENのスタッフがおいしいお店を開拓しては、教えてくれるので、クラスの合間によく食べに行きます。スタジオにもフライヤーや名刺が置いてありますね。そのお店を順次ご紹介していきますね。

image4.jpeg

本日、ご紹介するのは、フクロウマークがかわいいCREPSCULE、カフェ・ドゥ・クレプスキュール。駅から少し離れているのですが、日本離れしたこの外観、素敵です。そして、お店の中も本がたくさん置いてあって、ゆったりと出来ます。ガレットが本当においしいですよ。サラダのトマトもひと工夫されていて、絶品です。ガレット以外にも、本格的なコース料理も、濃厚なおいしいおいしいデザートもあります。

image5.jpeg

ランチがお得でお勧めです。是非、行ってみてくださいね。

image6.jpeg

image8.jpeg

ベジタリアン度: 低。現時点では、メニューのひとつに温野菜のガレットあり(卵は使用)。他の食事の多くは、肉や魚使用。詳細はお店にお問い合わせください。

カフェ・ドゥ・クレプスキュール

住所:東京都武蔵野市吉祥寺本町4-24-21
電話 : 042-221-8988
営業時間 : 11:30~22:00(ラストオーダー21:30)
ランチ11:30~14:00 ディナー18:00~21:00
定休日 : 水曜日

ケイコです。

久々に1日ヨガリトリートをSHIZENヨガスタジオで行います!このリトリートでは、体をたくさん動かしてから、静かな時間を持ちたいと考えています。7月にアメリカに研修に行きますので、その学びもお伝えするワークショップともなります。ぜひ、スケジュールを開けておいてくださいね。

全レベルです。皆さまのご参加をお待ちしています。

クリックすると大きくなります。お申し込みは、7/10から。 

 image2.jpeg

ケイコです。

image3.jpeg

6月16日(金)19:30-21:00、ムツコ先生による特別クラスが行われます。

——————–
苦手なアサナに向けての練習ー脚の後ろ側編
全レベル
チケット利用可 

脚の後ろ側(ハムストリング筋)が「硬いな」「伸ばしにくいな」と感じている方、前屈や Adho Mukha Svanasana (下向き犬のポーズ)などを苦手と感じている方にお勧めのクラスです。苦手意識によってそのアサナを避けてしまうのではなく、積極的に日々の練習に取り入れられるよう上手に脚を使う・伸ばすコツを学び、少しずつ脚の後ろ側の苦手意識から解放されましょう。
——————-

ムツコ先生と一緒に練習していると先生のユーモアあふれる言動にうっかりと吹き出してしまうことが多々あります。先生のクラスに出たことのある方には、理解いただけると思いますが、先生と一緒にいて深刻になりすぎるのは、難しいのではないかと思います。

苦手意識があるポーズと取り組む時、その深刻になりすぎて硬くなりすぎる頭と体を、ふとそのユーモアで、お人柄で、ほぐしてくれるムツコ先生のアプローチは最適ですよ。

今回は、脚の裏側への認識にフォーカスです。是非、ムツコ先生と「ふーふー」言いながら、楽しんでください。

ケイコです。 

そろそろ暑くなって、汗をかきやすい季節となりました。この時期、マットをぬらしすぎるとマットが滑りやすくなり、また劣化しやすくなるため、直接マットにスプレーしないようにお願いいたします。布巾にシュッシュッとスプレーをかけ、マットを清掃してくださいね。長く清潔に使用するためにご協力をお願いいたします。

sprayonmat.JPG

現在、いつものブルーのマット以外に、水色、紫、黒の少し厚めのマットが置いてあります。滑らないマットを探す一環ですので、皆さん、是非お使いになり、感想をインストラクターにお伝え下さい。

また、これから本格的な夏が始まります。熱中症などを防ぐためにも、この時期から体力をつけて、暑さに強い体を作っていきましょう。それには、ヨガは最適です。ヨガをしていると血の巡りがよくなり、汗をかきやすくなります。そうすると、熱が体のなかにこもらず、夏に強いからだになるといわれています。

汗をかく夏、スタジオで練習される際に、ボルスターやブランケットの上に敷くタオルを是非お持ちください。タオルをお使いいただくことによって、どのクラスでも、道具を清潔な乾燥した状態でお使いいただくことができます。

また、クラス前後に十分に水分補給されることをお勧めします。クラスにお水などのボトルをお持込みになるときは、インストラクターが蹴飛ばさないように、直接床にではなく、棚や窓のところに置くなど、ご協力のほど、よろしくお願いします。

« Previous PageNext Page »