ケイコです。

レスリー・ハワード先生の11月20日の骨盤底ヨガのワークショップの詳細が発表されました。詳細はこちらからどうぞ。お申し込みは10月3日からとなります。

本日は、そのレスリー・ハワード先生のペルヴィックフロアの資格を取得されたばかりのミキ先生にお話を伺いました。

img_1679.JPG

Q.担当されているクラスを教えてください。

A.土曜日13:00-14:30 マタニティヨガのクラスを担当しています。

Q.レスリー・ハワード先生のティーチャートレーニングを受けられましたね。いかがでしたか。

A.レスリー先生のTTでの学びはとても興味深いものでした。骨盤周辺、特に骨盤底筋と呼吸のつながりなど益々興味が湧いてきています。骨盤底筋と一言でいうと簡単ですが、骨盤底筋とつながっている部分はそれぞれを分けて使うことが可能です。呼吸の質によっても内臓や骨盤底筋が影響を受けます。女性は特に月経、産前産後、閉経など変化する骨盤周りとのつながりは常にあります。ペルヴィックフロアヨガの練習によって骨盤底筋の健やかさが生まれ、それは体のつながっている部分や協調しているところにも伝わります。

あまり骨盤底筋について語り合いことはないと思いますし、話すことも躊躇するのではと思います。ペルヴィックフロアヨガの練習を通して不調が改善されたり、経験したことをシェア出来る日がくるのを楽しみにしています。

まだまだ探求は続きます!

Q.写真のポーズについて、教えてください。

A.ウパヴィシュタコーナアサナという座位のポーズです。骨盤部を広げ整えて、赤ちゃんがお母さんのお腹の中で動き成長するための空間を与えてくれます。お母さんにとっても呼吸がしやすくなって心地よさが感じられると思います。

お家で行う時は背中を壁につけてブランケットやバスタオルなどを重ねた上に座ります。背面、後頭部は壁に預け、両手はお尻の近くのブランケットの上に置き、座骨、太腿、手の指先は床に押し下げ、体側は上に引き上げます。スタジオではロープを使用していますが、代用としてベルトなどを頭上で何かに引っ掛け両手で持つと更に空間を作る事ができます。ベルトを使う時は強く引っ張りすぎないように気をつけてくださいね。

Q.マタニティヨガの魅力を教えてください。

A.新しい命が宿り体の中で成長していく期間は短くもあり、もう早く産みたいって思うくらい長くもあります。体の中では様々な変化が起き、それまでには感じたことのない体調の変化は誰もが経験すると思います。ヨガアサナや呼吸の練習はそれまでには感じたことのない感覚が目覚め、成長していく赤ちゃんに心を通わせる事ができる時間です。ヨガアサナは足が大地に根付き安定感や身体の力を養います。また、リストラティブポーズや呼吸を意識することで、身体の緊張が解放されて軽くなり、内面的にも穏やかになります。呼吸やヨガアサナを繰り返し練習していると必要な時に助けになってくれると思います。

Q.生徒さんに一言!

A. マタニティクラスではヨガの経験は問いません。ヨガの時間はお腹の赤ちゃんに意識を通わせ、心ゆくまでヨガに浸れる時間です。スタジオでお待ちしています!

ケイコです。

9月に入りましたね。夏休みに東京に帰省されている間、ほぼ毎日、SHIZENに通ってくださった生徒さんがいらっしゃいました。毎日、いろいろな先生のクラスに、楽しそうに、時には2コマ連続してクラスを受けてくださったMさんが体験を書いてくださいました。ありがとうございます。

こんなに愛されて、インストラクター一同、嬉しい限りです。遠くから、通ってくださっている皆様、いつもありがとうございます!

********************************************

a85c7428-ba19-4133-9ca4-e9004341cc77.jpeg

私は、年に何度か帰省する度に、まとまって連続受講をさせて頂いております。

こちらのSHIZENヨガにハマっている理由は、先ずなんと言っても、先生方の滋味で奥深いヨガとヨガの生徒さんへの愛情を感じる事!+さり気ないユーモアセンス。

そして、どんなに生徒が多くても、一人一人の身体をしっかり見てくださり、アジャストはもちろん、一人一人に合ったアーサナのアプローチに導いて、安全に指導して下さること!

また、解剖学的観点から意識した身体の部位が、アーサナが深まるにつれ、どんどん連動しながら気持ちよく動かされ、最後はダイナミックに味わって行けるレッスン内容もとても魅力です。

そして、補助具を使ったアプローチが毎回新鮮で、気持ちよく色々な発見が楽しめる事!

それだけ、知識も経験も豊富で、熱心に深め続けていらっしゃるのだなぁと感じずにはいられません。

疑問にもさり気ないヒントや回答をして下さり、目から鱗といいますか、毎回、心と身体がスッキリして帰途につきます。

先生方と一つ一つのレッスンの内容の素晴らしさ(濃さと深さ)、全てに感謝・ナマステ!

ドミニカです。

私の「簡単でおいしいベジタリアン」料理シリーズの続編です。今回は、レンズ豆のダルです。このレシピは、どの季節にも適しています。私はこの夏、まだ涼しい朝に調理し、 暑い夜に温め直していただきました。ご飯やナンと一緒に、またダルだけでも美味しくお召し上がりいただけますよ。

準備時間 10分間
調理時間 約35−45分

img_9276.JPG

材料

ごま油またはオリーブオイル 大さじ1杯
細かく刻んだ生しょうが   大さじ1杯
刻んだニンニク2片分
刻んだ玉ねぎ 1カップ分

赤レンズ豆 1カップ
トマトピューレ 2袋
野菜ブイヨン1個を4カップの水で溶かした野菜ストック

粉末コリアンダー 小さじ1杯
クミン 小さじ1杯
チリパウダー 小さじ1/2杯(お好みで調整してください)
シナモン 小さじ1/4杯

作り方

中サイズの鍋、電気鍋またはスロークッカーに中火で油を温めます。油が熱したら、玉ねぎ、ニンニク、生姜をいれます。かき混ぜながら、玉ねぎが半透明になるまで炒めます(約6分ほど)。鍋の中身をいったん他の容器に移し、その鍋に残っている油の中に香辛料を入れ、30秒ほど待ち、先ほどの中身を戻し、かき混ぜ続けながら、もう1分ほど炒めます。

 img_9277.JPG

fullsizeoutput_84c.jpeg

2. 野菜ストック、赤レンズ豆、塩を足します。軽く沸騰させ、弱火にして蓋をして、20分ほどもしくはレンズ豆がとても柔らかくなるまで煮ます。

img_9280.JPG

3. トマトピューレを足し、よく混ぜます。さらに10分ほど弱火で煮詰めます。お好みに応じて、少し水を足すとスープ風のダルになります。器によそい、最後に刻んだ生姜を少量散らします。

img_9281.JPG

img_9282.JPG

お手製のナンとどうぞ!

このダルは、冷凍させることもできますし、冷蔵して、数日保存することも可能です。温め直す度にさらに旨味が増しますよ。

Continuing with my “easy, delicious and vegetarian!” series- this recipe is perfect for summer or winter. I cook early in the morning in the summer when it is cooler and then have it for dinner at night when its hot, just warm it up. It goes well with rice or nan or just by itself.

Prep time 10 minutes
Cook time 35-45 min (approx)

Ingredients:
1 Tablespoon Sesame oil or Olive oil
1 Tablespoon finely chopped fresh ginger
2 cloves garlic chopped fine
1 cup diced onion

1 cup red lentils
Two packages of tomato puree
1 cube vegetarian bullion disolved in 4 cups water= vegetable stock

1 tsp coriander
1tsp cumin
1/2 tsp chilli powder ( adjust to your taste preference)
1/4 tsp cinnamon

1- In medium sized soup pan, crock pot or slow cooker heat oil over medium heat. When oil is hot add onion, garlic and ginger. Cook stirring often until onions are translucent (about 6 min). Move everything to side and in remaining oil add spices, wait 30 seconds, and then stir everything together and cook one more minute stirring regularly.

2-Add the vegetable stock, lentils, and salt. Bring to a low boil and then turn down flame to low,cover and let simmer for 20 min or until lentils are very tender.

3- Stir in the tomato puree until well combined. Cook 10 min more on low flame until thick or if prefer add little more water for more soupy dhal. Serve garnished with a few sprinkles of finely chopped ginger root on top.

This dhal freezes well or keeps well in the fridge for several days. It tastes better each time you reheat it.

ケイコです。

fullsizeoutput_842.jpeg

新しい黒いマットはお使いになりましたか?「滑らない!」と大好評です。「あれ?滑りやすいな」と思われた方、こちらのマット、のっぺりとツルツルしている方が上です。逆にすると滑るのでご注意ください。

また、マットをしまう時に、青いマットと黒いマットを仕分けて置いていますので、ご協力お願いします。 黒いマットは重たいので、青いマットがその下に埋もれてしまうと、取りにくくなってしまうのです。

いろいろなマットをお使いになり、お好きなマットを見つけてくださいね。

ベルト置き場も少々変わりました。通常よく使う長さのベルトは、スタジオの後ろベランダ側にかけてあります。三角印があるものが特別に長いものです。短いのと青いベルトはバスケットの中にあります。

マリです。

image3.jpeg

9月から木曜日の午後13:00~14:30にベーシック1を担当させていただくことになりました。また、レギュラークラスに先立ち、8月24日(木)13:00-14:30に特別クラスを行います。

私が人生で初めてヨガのクラスを受けたのがSHIZENのベーシック1でした。

ヨガ初心者の私は、アーサナの名前や注意ポイント、そして道具の使い方を覚えることが楽しくて、毎回クラスの後はやったことを考えながら帰り、帰ったらすぐにノートに書いていました。もちろん、シークエンスを覚えるほどの余裕はなかったので、思い出せるポーズだけを書いて、自分がはっ!と思ったことや、全然分からなかったこと、気になったことなどの書き留めていました。

その頃のノートを今になって見返すと、先生方がいつも、どのレベルでも大切にされていることが「基本」であることを痛感します。当時は理解できていなかったこともたくさんありました。それでも根気強く、何度も何度も繰り返し説明や指摘をしてもらえることで、ある日ボロッと目から大きな鱗が落ちることがあり、それがまた楽しくて、気がついたらできなかったアーサナができるようになっていたこともたくさんありました。

ベーシック1はそんな魅力に溢れた入口であり、いつでも立ち帰れる「ホーム」でもあります。

身体の使い方も道具の使い方も、「すぐに忘れてしまうんです」と言われる方が多いのですが、大丈夫。ベーシック1では何度も繰り返しご説明しますので、何度でも質問してください。

9月からスタートのクラスです。
みんなで一緒にスタートラインに立てるので、既存のクラスに行くのはちょっと気後れして・・・という方にもチャンスです!

image2.jpeg

タマミです。

皆様、こんにちは。

img_9261.JPG

日本の夏が年々過ごし難くなっておりますが、皆様はいかがお過ごしでしょうか?
連日お天気情報サイトから「熱中症の危険あり 運動は原則禁止」というメッセージが届きます。暑い夏を過ごすために連日冷房のきいた部屋にいる事が増えており、体が冷えて暑さと冷えとの狭間で体には冬とはまた違った硬さや不具合が出ています。

頭がボーッとする
肩、背中が硬い
お腹がゆるい
足がむくむ(ダルい)
など。

数年前とは違い、冷房により睡眠と食事は取れているという方がほとんどで、蒸し暑い夏に冷房は切っても切れなくなっております。

上記のような症状を緩和させるには、やはり筋肉を動かして体中に血液を流す事が一番の解決法だと思います。そんな時にヨガはとってもピッタリなのです。暑い中、SHIZENには生徒さんが沢山ご参加頂いているのは、生徒の皆様がご自身の体調管理にヨガが良いと体感して下さっているからだと思います。

ヨガで体調管理するには、ある程度定期的に行う方が良い、或いは、サボってしまう事のないようにしたい…
などとお考えの方には、SHIZENにはシリーズクラスというクラスがあります。
このクラスは先生と生徒のメンバーが同じで、同じ曜日、同じ時間で行われます。
現在、8月22日までSHIZENホームページにてお申込み受付中です!
今回の募集は9月〜12月のクラスのお申込みです。
私も水曜日の夜19:30〜21:00Basic1クラスを担当しております。

オープンクラスとの一番の違いは、やはり、参加者が固定されている事にあります。
生徒も先生もそれぞれ体の癖や特徴を良く理解し、それに合ったやり方を探して行きます。

以下に、私のクラスの生徒さんの実際の感想を頂きましたので掲載させて頂きます。

たまみ先生がいろいろと丁寧に解説してくださるので、目指すところ、気をつける点、など細々初心者の私でもよーくわかります。クラスメイトの皆さんも優しい!お休みしたくないクラスです。

〜Mさん〜

シリーズクラスに参加するのは今回が初めてです。タマミ先生のインストラクションは本当に解りやすく、オープンクラス以上にしっかりと説明をして下さるので、ポーズに対する理解がかなり深まりました。
私は前屈系がかなり苦手なのですが、苦手な理由が明確になったことで、自宅での練習にも取り組みやすくなり、自宅で練習する回数も増えました。(なかなか結果は出ないのですが(^_^;))
これまでヨガのレッスンに仕事の後に通ったことがなく、実は少々不安もあったのですが、レッスン後の心、頭、体のスッキリ感は他では得られない感覚で、益々ヨガが大好きになっています!
私のカチカチなハムストリングはまだまだ発展途上なので、これからもご指導お願い致します(^ー^)

〜Aさん〜

8月までのクラスは終わりに近づいておりますが、上記のように継続してくださる方がほとんどでです。
只今9月から新しくお仲間に加わってくださる方を絶賛募集中です!
是非ご一緒にヨガの理解を深めて心と体の調和を計りましょう。
皆様のお申込みを心よりお待ち申し上げております。

ケイコです。

サチコ先生がロンドンから戻られましたよ!そして、嬉しいことに9月からSHIZENヨガスタジオで、ティーチングを再開されます。先生はSHIZENヨガで長年、ゆったりヨガを中心に教えていらして、いつも大勢の生徒さんが参加されていました。ロンドンでの3年間の滞在での学びを伝えてくださるのが楽しみですね。

水曜日の13:00−14:30からゆったりヨガです。

サチコ先生からメッセージをいただきましたよ!

img_5043.jpeg

サチコです。

3年ぶりにシゼンに戻って来る事ができて本当に嬉しいです。3年間ロンドン滞在中、シゼンのブログを通じてロンドン在住のヨガインストラクターの方が連絡を下さってヨガの世界やヨガ友の輪が広がったり、長年シゼンに通っていらっしゃる方がロンドン訪問の際に連絡下さって会えたり、むか〜しにマタニティーヨガにスタジオBで参加していた!なんて仰る小学生のママさんとの出会もあり、遠く離れていてもシゼンとの繋がりを感じていられました。

img_3831.jpeg

あちらでは、マイペースながらも近くの住宅街にある個人のお宅のヨガスタジオで元気なおばあちゃん達と60歳以上対象のクラスに参加したり、ロンドン Maida ValeにあるIyengar yoga institute Maida Vale(IYIMV)に通ったりしていました。どちらもタイプが全く違うクラスなのに、それぞれに「なるほど〜」と発見があり楽しかった。その時の様子などはまたクラスの合間に紹介できたらとも思っています。

img_3832.jpeg

9月からはゆったりヨガのクラスが増えて、新設の水曜日(13時から14時半まで)のクラスを担当させて頂きます。初めての方は勿論、月金に参加できなかった時や週2回、3回のリズムを作りたかった方にも良い曜日ではないかと思います。ほどほどの動きとリラックス体験を、楽しく、集中力をできるだけ維持しながら味わえるクラスになればいいな、と思っています。

皆さんにお会いできるのが楽しみです。

ケイコです。

 image.jpeg

ギャップの上下。夏っぽいTシャツ。夏に増える靴下とタオル。メガネケース。水筒。

「あ、私のだ!」とピンと来た方、ぜひ、お引取りを!一定期間が過ぎると、リサイクル、もしくは処分することになってしまいます。

ケイコです。

img_1642.JPG

ドミニカ先生とケイコによる青梅の御岳山でのSHIZENヨガリトリートの詳細がウェブに公開されています。お申し込み始まっております。詳細、お申し込みは、こちらのページから。

今年のリトリートのテーマは「なぜ練習するのか」。ヨガの練習への取り組み方やその理解の度合いによって、練習の質や成果に影響が出ます。アサナやスワディヤーヤを通して、練習への向き合い方、目的、理由を理解していきましょう。

つい先日の日曜日のクラスでも、昨年の参加者がリトリートの思い出話に盛り上がっていました。御岳山よかったよねえ、お宿のお食事美味しかったね、こんにゃく最高だった。お食事が美味しいと量が多くなくても満足できるものなのね。 部屋で密かに飲んだお酒も美味しかったね。山での瞑想も良かったよねー。と大盛り上がり。普段、クラスで顔を合わせているメンバーと同じお部屋でじっくり過ごすのは、楽しいものですね。

img_0988.JPG

ヨガもドミニカ先生と私で、たっぷり行います。一人が教えている時に、もう一人がアシスタントに入りますので、安心してくださいね。

今年は、紅葉の季節のリトリート。何をしようか、ドミニカ先生と二人でじっくりと計画しますのでお楽しみに。

こんにちは、スタッフです。

9月から、産後ヨガクラスの開催が変わりますので、その内容をお知らせします。
また、8月は水曜日13:00のヨガママが全て休講となりますので合わせてお知らせいたします。

変更点
ヨガママ 水曜日13:00→ 第2・4 金曜日13:00
ベビーヨガ 第2・4金曜日13:00 →第1・3・5金曜日13:00
ハイハイヨガ 第1・3・5金曜日13:00 →廃止(ベビーヨガと統合)

今までは、
水曜日がヨガママ
金曜日に週替りでハイハイヨガ/ベビーヨガ
でしたが、

9月からは
水曜日はヨガママなし。
金曜日に週替りでベビーヨガ/ヨガママ
となります。

クラス開設当初、ベビーヨガとハイハイヨガを分けた理由は、月齢が違う赤ちゃんは動きもニーズも異なるので明確に分けようとの配慮でした。それから時が流れた今の状況を観察すると、必ずしもスタジオ側の配慮が、お母様のニーズとは重なっていないことがわかりました。「ハイハイしてるけど、ベビーヨガクラスに参加していいかな?」「まだ寝返りも打てないけど、ハイハイヨガクラスに行ってもいいかな?」という、お母様たちの「今日、参加したい。だけど、クラス内容とわが子の月齢がそぐわないかもしれない」という疑問や不安になってしまっていたようです。
長年通ってくださっている方は、臨機応変にベビーヨガに参加したり、ハイハイヨガに参加したりと対応してくださっていたようですが、新しく参加を検討されているお母様からはお問い合わせのお電話を多くいただいていたことをスタッフも実感していました。
担当インストラクターも、それは同様に感じていたようで、クラスにいらしたお母様には「ハイハイもベビーもヨガママも区別することなくお越しください」とアナウンスされていたとのことです。

産後ヨガのクラスは、赤ちゃんのケアはもちろんですが、何より、お母様の息抜き・健康維持、子育ての不安解消が何よりの目的なのだという事実に思い至りました。それなのに、産後ヨガクラスの区別は、お母様の不安やストレスを増やしかねないスタイルのままでした。

そこで、水曜日では何かと予定がつけにくいというお声もあったので、お母様のケアを重視するヨガママクラスを9月からは金曜日に移動。前々から、金曜日の13:00枠が通いやすいというお声があったようなので、そちらを採用させていただきました。

ヨガママは、産後の骨盤を中心とした身体や、ホルモンバランスや慣れない育児のストレスで疲れが取れないと感じているお母様たちの「心と身体の不調」に向き合うためのクラスです。

ベビーヨガは生後2ヶ月程度から保育園に入る直前程度のまでのお子様をお連れいただけるクラスです。赤ちゃんのケアとコミュニケーションを行いつつ、合間にはお母様のリフレッシュタイムも設けます。

それぞれのクラスの違いは気にせず、「金曜日13:00はお母さんが赤ちゃん連れで参加できるクラス」と思って、お気軽にご参加ください。
また、ご予約は必要ありませんので、当日スタジオに直接お越しください。
※杉並区子育て応援券サイトでは予約必要と記載されていますが、当スタジオは予約制をとっておりません。

担当は、ベビーヨガがヒデコ先生とチカ先生、ヨガママはチカ先生です。
お二人とも長年、SHIZENの産後ヨガクラスを支えてきてくださっている、信頼できるインストラクターです。
もちろん、ご自身もお子様をお持ちのお母様でもあります。
クラスに参加してくださる生徒さんたちが、ヒデコ先生やチカ先生とクラスの前後で話す姿を何度か見かけたことがあります。悩みやちょっとした愚痴を、育児の先輩に聞いてもらっているという感じの生徒さんと、その時期を通り過ぎてきた先輩が「うん、うん、そうだよね、今、大変だよね」とやさしい相槌を打って聞き入る姿。
こういう時間こそ、もっと必要なのかもしれないな。という実感を持っています。そのためには、もっと通いやすい、もっと枠にとらわれない産後クラスを作らなきゃと、思っています。

まずは、9月からちょっと通いやすくなったベビーヨガ/ヨガママクラスをお試しいただければ幸いです。

« Previous PageNext Page »