ケイコです。

 img_8379.JPG 

今回、スケジュールで見事なプラサーリタ・パードッタナーサナをされているタマミ先生がインタビューに答えてくださいました。

Q. このポーズの名前と由来などをご存知でしたら、教えて下さい。

A. プラサーリタ・パードッターナーサナです。プラサーリタとは「広がった」、パーダは「足」という意味で広げた両足を伸ばすポーズです。

「伸ばす」という意味で使われるのはプラサーリタの他にウッティタ、ウッターナという3つがよく出て来ますが、プラサーリタはspread out = 横への広がりが強調された意味で使われます。

Q. このポーズの効果は?

A. ハムストリングと足の外側の筋肉が伸ばされるポーズです。足がしっかり使えて下半身が安定すると上半身の血行が良くなり、消化機能を増進するといいます。

Q.このポーズは、ハムストリングが硬くて、すごく辛いのですが、どうすればいいですか。

是非プロップスを上手に選んで練習するようにしましょう。

「量より質が大切」とアイアンガー先生もドミニカ先生もいつも仰っている通り、自分の体がこのアサナの効果を得るために必要なプロップスを選んで練習を行うと苦手意識は薄れます。例えば、手を床に着けようとする余り、背中を丸めてしまうようならば手の下にブロックを置いてみます。背筋をちゃんと伸ばせるようにするためには、手をしっかり押す事がとても助けになります。また、お尻を踵の真上に正しく置くためには、お尻から踵にかけて壁につけて練習をするとハムストリングを正しく伸ばせるだけでなく、坐骨から頭頂にかけての背筋を伸ばす助けにもなります。勿論、この二つを組み合わせて行なうのも良いと思います。

Q. 体が硬い人はヨガに向いてませんか?

体が硬いと痛いという感覚から限界や間違えに気付けるので、 私個人はむしろ向いているとも思います。

img_8374.JPG

Q.このポーズに関して、思い出やエピソードがあれば教えて下さい。

A. SHIZENブログでも取り上げられていましたが、実は私もヨガウエアを試着する時には個室でこのアサナをしてウエアの伸縮性や生地の透けなどをチェックしています(笑)

Q. 水曜日夜、新しくクラスを担当されています。どんなクラスですか。

A. ベーシック1クラスで、 19:30からという時間帯からしてお勤め帰りに来て下さる方が多いと思います。その日の疲れを残したままにしないためにも、夜のクラスはオススメです。担当が変わったばかりでまだ人数に余裕のある日が多く、目が届きやすいので穴場だと思います。皆様のお越しをお待ちしております!

Q. 生徒さんたちにメッセージをお願いします。

A. 現在、私がSHIZENで担当させて頂いている3つのオープンクラスは全てベーシック1クラスです。自分の心身の現状を知り、それに上手に対処できるようにお手伝いができたらという思いでクラスを行なっています。ベーシック1は基礎ではありますが、何事も基礎はとても大事です。ヨガを始める方も、基礎に戻って復習したい方も私と一緒にヨガをしませんか?