December 2016


ケイコです。

image4.jpeg

今年のお掃除隊の皆さま+Mさんとスタッフ
本当にありがとうございます! 

今年も大勢の生徒さんがSHIZENヨガに足を運んでくださいました。皆さんのヨガに対する理解が深まっていくのがよく分かる年でもありました。レギュラーさんの多いクラスでは、インストラクションが細かくなっていって、教え終わったあと、「少し細かすぎたかな?」と思っても、そういうクラスほど、その後、私が意図した通りのことを体感した感想をみなさんがワクワクした様子で伝えてくださいます。それが単なる骨や筋肉を超えて、呼吸であったり、内臓であったり、また心の動きであったりするのです。自分の練習を通して、得たものをこうして、皆とシェアできるのは、本当に喜びでした。

image9.jpeg

SHIZENにとって、今年最後の行事は、「セルフプラクティスと大掃除」でした。今年は、オーナーのドミニカ先生不在のなか、セルフプラクティスから11名ものみなさんがご参加くださいました。セルフプラクティスでは、まわりの人が楽しそうなポーズをやっていると、みんなでそのポーズを練習してみたり、初めてチャレンジする人には、近くにいるインストラクターがアシストしたりして、ミニクラスが展開されたりしました。また、親子で参加してくださった方もいらして、まさしく「親子ヨガ」も行われていましたよ。

 image5.jpeg

そして、大掃除!窓掃除や床掃除だけでなく、プロップスの多いスタジオなので、椅子のお手入れやささくれだったブロックにサンドペーパーをかけたり、ボルスターカバーを外したりとみなさん大活躍です。

年末、みなさん、お忙しいだろうに、こうしてスタジオの掃除に集まっていただけるのは、本当にありがたいことです。毎年、大掃除に参加してくださっているMさんの言葉が本当にありがたかったです。

「一年に一度、こうして、スタジオと道具に感謝の気持ちを現わせるのが嬉しいです」。

来年もどうぞ、よろしくお願いいたします!

image10.jpeg

例年になく、ピシッと整頓されたプロップスを見よ!

 

ケイコです。

今年最後の忘れ物。白いセーターと靴下(?)。写真は撮っていませんが、タオルもたくさん。こちらは、引き取り手がないと、雑巾として新たな使命をおびることになります。最近、自分のタオルないなあ、という方、お早めにお引き取りください。

image3.jpeg 

ケイコです。

 img_1176.JPG

クリスマスの今日、朝から中級クラスでは、盛りだくさんのクラスとなりました。今年最後のクラスは、肩ワークにフォーカスしながら、少しチャレンジングなバックベンド、ヴィパリータ・ダンダーサナを練習しました。レギュラーさんも多いこのクラス、みんなの毎日の努力をよくみることが出来て、なんとも嬉しかったです。私がサンタの格好をしていたこともあって、みんなが「今日のクラス、先生からのクリスマスプレゼントだった!」と喜んでくださいました。こちらこそ、いつも熱心に参加してくださって、ありがとうございます。

私自身のプラクティスでは、今年はバックベンドをたくさん練習した年になりました。バックベンドは、ずっと課題だったのですが、今年は、ドミニカ先生やインストラクター仲間に触発されて、そして励まされて自分でもびっくりするくらいバックベンドの練習が楽しくなりました。

シルシャーサナからドロップバックして、ヴィパリータ・ダンダーサナに入る方法があるのですが、胸が硬目の私には、安全に行うためにも、ただガムシャラに頑張るだけではいけない気がして、かなり慎重になっていました。練習するときは、いつもドミニカ先生にアシストしていただいていたのですが、ある練習日にシルシャーサナを練習していたら、皆が私の周りに集まって、どうやったら、恐怖心に打ち勝って、ドロップバックできるか、次から次へとアドバイスしてくれました。ここまで応援されたら、覚悟するしかない、と思って、みんなが言う通りにやったら、怖くなく降りることができました。それ以降、恐怖心がなくなり、一人でもシルシャーサナドロップバックを練習できるようになりました。

インストラクター仲間と練習することの醍醐味は、「このポーズ正しく出来ているか見て!」「このポーズの時、どうやってアジャストするとより効果的だと思う?」などとお互いに知識をシェアしあうことができることです。そして、SIHIZENの仲間は、皆惜しみなく、自分たちの知っていることを教えてくれます。アジャストをお願いすれば、パッと誰かがそばに来てくれて、時には3、4人がかりで、アジャストしてくれたり、もう贅沢この上ないのです。「もう少しこうした方が楽じゃない?」「今、そのアクションしっかりできていたよ!」などとアドバイスしあい、励まし合います。本当に幸せな充実した時間です。この日々の練習が、ティーチングにも普段の生活にもつながっているのだなあ、と思います。

皆さまも素敵なクリスマスを過ごされますように。

img_8350.JPG

ケイコです。

今年も多くの生徒さんが、ブログに寄稿して下さったり、インタビューに答えてくださったりして、SHIZENのブログにご協力くださいました。みんな、ありがとう!

今年最後に生徒さんが取ってくださったポーズは、アルダ・チャンドラーサナ。半月のポーズです。

Ardha 半分の
Candra 月
Asana ポーズ

image6.jpeg

1.お名前を教えてください。

ミホ

2. ヨガに惹かれる理由はなんでしょうか。

心が穏やかに、清々しい気持ちになれるところがです。
エネルギーが巡って、体が満たされて喜んでいる感じがします。
レッスンの後はなんともいえない爽快感です。

3. SHIZENの好きなところを教えてください。

笑顔のたえないクラスの雰囲気といつも気付きを与えてくださる魅力的なインストラクターの先生です。
また個人の体のクセや弱い所に合わせて、プロップスを使い細やかにアドバイスをいただけるので、安心して自分の体に向き合える事も教室ならではだと思います。
ペアや3人でのワークも自分では気付けない動きに気付ける貴重な時間です。

ケイコです。

ドミニカ先生とケイコによるティーチングスキルのお申し込みが始まっています。お申し込み締め切りは12月30日(金)までです。詳細は、こちらから。

dominicakeiko_2016.jpeg

私がヨガを始めて教えたのは、ロサンゼルスのYMCAでした。ティーチャートレーニング仲間が声をかけてくれて、教える機会を得たのでした。生徒さんたちは、本当に熱心に通ってくださって、いつも勇気づけられるようなコメントをしてくださいました。もちろん、その頃はいろいろと理解不足だったと思いますが、その分、熱意でカバーできていたらいいな、と今は切に思います。

教え始めると、自分が分かっていないことが実にクリアになっていきました。そして具体的な質問がたくさん増えてきたのです。ヨガを教えるということは、単に暗記したことや先生が教えてくださったことをそのまま繰り返しているだけでは十分でありません。なぜなら、そこに生徒さんがいらっしゃるからです。理解できていないと生徒さん一人ひとりに対応するのが難しくなってきます。自分の体では、理にかなうことも、他の人には適用できないことも多々あるからです。分からないことがあった時、ティーチャートレーニング仲間と一緒に練習し合いました。それでも分からないことが多く、先生にクラスの前後に一生懸命質問し、アドバイスを受けたのを覚えています。もっともっと質問できたらいいなあ、と思っていた時、タイミングよく「インストラクターのための継続プログラム」が開催され、それが実践的で非常にためになって、楽しくてたまりませんでした。それは、アジャストを練習しあったり、皆の前でティーチングを練習するクラスであったりしました。

だから、 SHIZENヨガスタジオでドミニカ先生がティーチングスキルを開催されていて、なんていいプログラムだろうと思いました。今回は、ドミニカ先生とケイコ2人での開催です。もう教え始めている方の疑問に応え、これから教え始めたいと考えていらっしゃる方の背中を押すようなプログラムになるといいな、と思っています。あまり気構えないで、ぜひご参加ください。

ドミニカ先生と2人で、みなさまのご参加を楽しみにお待ちしております。

ケイコです。

もうすぐクリスマス、そして年末ですね。「今年もあっという間だった」、と驚いている方も多いと思います。そんな忙しい年末の23日(祝)に、自分へのクリスマスプレゼントとして、ゆったりとした時間を過ごしませんか?このじき、お家にいると、雑用におわれてしまうことが多いですね。是非スタジオにいらして、気分を一新しましょう。静かな時間を持つことによって、慌ただしく動いている自分に少し余裕ができますよ。

SHIZENのサンタたちが皆をお待ちしています。

image2.jpeg 

今年のサンタさんたちは、 「二人でゆったりマタニティヨガ」のミキ先生、「クリスマスのゆったりヨガ」のムツコ先生、「寒さや風邪から身体を守るヨガ」のタマミ先生、「リストラティブヨガ~新年に向けてリフレッシュ」のマリ先生です。

詳細は、特別クラスのサイトから。

ご予約は、スケジュールページから。

ケイコです。

SHIZENヨガスタジオ、シリーズクラスで大人気のナオ先生のマントラクラス。2017年冬季クラスでは、下記の2つのクラスを担当されます。

月曜13:30 マントラ継続シリーズクラス Veda Adhyayanam 

月曜13:30 マントラ入門シリーズ

現在、ナオ先生のマントラクラスを受講されている生徒さんが感想を寄せてくださいました。Hさん、ありがとうございます。

image1.jpeg

マントラ入門講座は初参加でした。
別のところでナオ先生とお会いして、彼女からもっと学びたいと思ってここに来ました。

ナオ先生はひとりひとり、ちゃんと本当の私を見てくれてる。
みんな知らずのうちにため込んでしまった、お腹の中のものを引き出して受け止めて、包んでくれる。
とてもあったかい先生です。

私は言葉に出して人に思いを伝えるのが苦手です。
色々なことがあって、いつの間にか、素直な気持ちを伝えることが怖くなりました。

マントラのどんなところが楽しいか。

サンスクリット語の発音はとっても難しいです。
ただただ必死。
でも
口の中はぐちゃぐちゃなのに、
私のお腹の底にある根っこと繋がっていく感覚。
本来の音がでてくる。
マントラが私を護ってくれながら
まっすぐに戻してくれる。

唱えた後、私に意識を向けてみる。
私という存在が愛おしく思える。
マントラのひとつひとつのことばが、私を包み込んでくれる。
涙が出そうになるくらい、とっても幸せな気持ちになれます。

久しぶりに素直な私と向き合いました。

そんな私を引き出してくれたナオ先生。
お腹の底を覗くので、ときに見たくない自分に出逢ったり、まだ気付いていない私が出てくるかも知れません。
でも、マントラは、そのままでいいんだよ。素直な私が一番だよ。って教えてくれます。
それに信頼できる先生がそばにいてくれるから、どんな私と向き合っても大丈夫。

そしてシリーズクラスで集まった仲間たち。
ひとりひとりの音が変化していく。
誰かが一生懸命チャンティングしてる時、心の中で、頑張れ!って応援してる。
その音!
それが出た瞬間、私も自分のことのように嬉しい。
無邪気になれるって楽しい。

色んなことを、みんながたくさん教えてくれました。
ナオ先生がいて、みんながいて、一緒に学んだこのマントラは私にとって宝物です。
まだまだ学びは始まったばかり。
これからどんな私と出逢えるのか楽しみです。

H

こんにちは。瞑想のオープンクラスを担当しているマドカです。

シリーズクラスのお申し込みが始まっています。

image.jpeg

自分のことを知るためには、自分に目を向けないといけません。瞑想のクラスはその機会として利用するといいと思います。2017年1月~4月、瞑想シリーズは4つもあります。牧野先生のシリーズが2つ、私のシリーズが2つです。

初心者向けのシリーズは:
1) 牧野先生の「瞑想の香り」、月1回の日曜日17:00~18:30
(1月8日、2月5日、3月12日、4月9日)。
牧野先生のシリーズに参加したおかげで、多くの参加者はより自分らしく生きるようになったと思います。私もそのうちの一人です。自分をもうごまかさなくてもいい、むしろごまかすから苦しいんだと気付くと、自分に素直になっていきます。本当に生きたい人生に旅立ちます。瞑想を試してみたい方でも、瞑想をもっと深めていきたい方でも、牧野先生のシリーズはいつもオススメです。

2) 私が指導する「瞑想~私への入り口」月2回の金曜日19:30~21:00
(1月6日と20日、2月3日と17日、3月3日と17日、4月7日と21日)。
普段の生活で感じている疑問や問題を考える時間はありますか?自分のために時間を取っていますか?自分のために時間を使うと罪悪感を感じる方もいますが、私の経験上、自分のために時間を確保すると、それが人のためにも役立ちます。疑問や問題を抱えたまま人と接することはもちろん問題ありませんが、ちょっと角度を変えて考えたり、より大きな視点を持って黙想することによって、疑問や問題が問題でなくなります。自分のことをより知る楽しい機会になることも多いにあります。

瞑想に慣れてくると、新たな発見や楽しさがあります。自分をごまかさなくなっていくと、自分の中の葛藤も減ります。これは最高のストレスマネージメントでもあるかもしれません。瞑想を深めたい気持ちが湧いたり、真実とは何か、ヨーガでいう「本来の自分」とは何かなどに興味が生まれるなど、いろいろです。

後2つのシリーズは以下です:

1) 牧野先生の「マハーサーダナ」(月1回、金曜日19:30-21:00)
(1月13日、2月10日、3月10日、4月14日)
このシリーズは、牧野先生のシリーズを2回以上受けたことがあること、もしくは合宿に参加したことがあるのが参加条件です。マハーサーダナしか教えない場合もあるので、条件満たさない人は、是非今季をチャンスにして、上記に紹介した「瞑想の香り」に申し込んでください!

2)私が担当する「ただ座る」(月2回、土曜日19:00~21:00のに時間シリーズ)
(1月14日と28日、2月11日と25日、3月11日と25日、4月8日と22日)
日常的に常に何かをやってないといけないことが多いです。何もしない時間が欲しいと思うかもしれませんが、本当に一切何もしないことってできますか?このシリーズでは、「自らする」ことを全て放棄して座る時間を設けます。そうすることによって、何がいいでしょうか?私たちが物事を見たり聞いたりすると、普段はすぐに好き嫌いや良し悪しを決めたり、分析したり、何らかのストーリーをつけます。ストーリーを除けば何がありますか?自分で発見できるように考え方やストーリーなく座ってみます。座りやすいように、クラスの前半は体を動かします。

アーサナのクラスはとても楽しいですが、瞑想のシリーズでじっくり自分と向き合うのも意外と楽しいですよ。ぜひご参加下さい♪