November 2016


ケイコです。

SHIZENヨガスタジオでは、シリーズクラスが年に3回行われています。シリーズクラスは、事前にお申し込みされた方のみ受講するので、毎週固定のメンバーでクラスが行われます。そのことによって、学び、集中するための、より心地よいクラスの雰囲気ができます。インストラクターもまた、生徒さんとそのプラクティスをよく知ることができるので、生徒さん1人1人にとって必要で、かつ挑戦しがいのあるレッスンプランを練ることができます。

明日12/1より、お申し込みが開始されますので、ご興味のある方、是非、お早めにお申し込みください。

今期もまた面白そうなクラスがたくさんですよ!シリーズクラスの詳細はこちらから。

日曜(月1回)7:00 セルフプラクティスを確立する ケイコ先生
自分で練習するコツを学んでいきます。クラスで学んだことの復習ともなり、自分の体への理解が深まりますよ。

日曜13:00 ベーシック1 ムツコ先生
基本をしっかりと学んでいきましょう。道具の使い方もムツコ先生が丁寧に教えて下さいます。

日曜17:00 瞑想の香り マキノ先生
入門・初心者向けクラスが新しくなって登場!花の香りを愛でるように、自分を慈しみたいですよね。

月曜13:00 道具を使ったヨガ ドミニカ先生
1月のみの3回集中講座です!ヨガプロップの使い方をとことん掘り下げましょう。

月曜13:30 マントラ継続シリーズクラス Veda Adhyayanam ナオ先生
マントラシリーズクラスを続けている生徒さん対象のクラスです。

月曜13:30 マントラ入門シリーズ ナオ先生
マントラを学びたいという情熱のある方是非!!

月曜19:30 ベーシック2 ムツコ先生
アサナの理解をより深め、アライメントを確立していきましょう。

火曜9:00 ベーシック2&中級クラスの復習 ドミニカ先生
ヨガ経験者の方、さらに一つひとつのポーズを洗練させませんか。

水曜15:00 中級 ケイコ先生
2時間クラスでがっつりヨガと向きあいましょう。身体だけのヨガから、生き方のヨガへとシフトできる好評クラスです!

木曜11:00 ベーシック2  ケイコ先生
1つひとつのポーズを丁寧に練習していきます。無理はしないけど、挑戦はする!この姿勢でやっていきましょう。

金曜 15:00 光なきところを探求する  ドミニカ先生
SHIZENのオーナーでもあるドミニカ先生による上級クラスです。難度の高いポーズにもチャレンジしていきます。

金曜 19:30 マハーサーダナ マキノ先生
SHIZENのインストラクターの多くが受講してきた、長年行われている大人気のクラスです。

金曜19:30 瞑想~私への入り口 マドカ先生
いなくなっている訳でもないのに見失いがちな自分を瞑想によって見つける喜びを味わって!

土曜8:30 中級 ドミニカ先生
2時間の大人気中級クラスです。

土曜(月1回)19:00 女性のためのヨガ ドミニカ先生
大人気クラスが時間を変えて、登場です。女性特有の不安のある方などを対象としています。

土曜(月2回)19:00 ただ座る マドカ先生
瞑想を深めて「観察している自分」すらもいなくなる瞬間を体験してみませんか?

土曜(月1回)19:00 1ポーズ集中講座 ケイコ先生
一つのポーズにフォーカスして、そのポーズの特徴を捉え、深ーくはいっていく2時間の贅沢なクラスです。

ドミニカです。

image11.jpeg

1つの扉が閉じられると、また新たな扉が開かれるといいます。このことを心に留めて、私はSHIZENの新しいスケジュールを作成していました。2017年1月から、オープンクラスのスケジュールにいくつか変化が見られます。

まず、和田美樹(ミキ)先生が、現行の日曜日のコミュニティクラスに加えて、マタニティヨガを担当されることになりました。これにより、マタニティヨガは木曜1.3と土曜2.4がヒサコ先生、木曜2.4と土曜1.3がミキ先生の担当となります。

お二人の個性豊かなクラスを、ぜひ両方体験してみてください。

武田マリ先生もまた日曜コミュニティクラスに加え、金曜日17:30からのリストラティブヨガを担当されることになりました。

ミキ先生とマリ先生は12月23日の祝日プログラムでも魅力的なクラスを開催しますので、ぜひご参加ください。

もう1つの変化は、矢田部実紀子(ミキコ)先生が、次期スケジュールからSHIZENでのクラス担当をお休みし、広尾にあるヨガツリーでのご指導に専念されることになりました。引き続き、SHIZENヨガスタジオでのヨガの勉強とアシスタントは継続されます。もちろん、私、ドミニカのワークショップも通訳してくださることでしょう。

ミキコ先生のクラスは12月末でいったん終了となってしまいます。それまでの水曜日9:00ベーシック1と土曜日15:00(隔週)ベーシック1のミキコ先生のクラスに是非ご参加ください。詳細は、スケジュールページをご覧ください。

SHIZEN News-

They say when one window closes, another one opens. With this in mind I have been making the new schedule for SHIZEN.

There will be a few changes to our upcoming 2017 Open Class schedule from January. in addition to Hisako Kanda, Miki Wada will teach the Prenatal Yoga on the 2nd and 4th Saturday and 1st and 3rd Thursday each month in addition to her Sunday community class. Mari Takeda will teach Restorative Yoga class on Fridays at 5:30 addition to her Sunday community class.

Mikiko Yatabe’s absence from the schedule will be another change. Mikiko will be concentrating her teaching at Yoga Tree in Hiro from January, but will continue to be seen at SHIZEN taking and assisting in classes. She will continue to interpret for Dominica at some workshops. Mikikos classes will continue until the end of December, so there is still time to take her Wed 9:00 Basic 1 and Sat 15:00 Basic 1 classes. Please see the schedule page for details on our current and upcoming class schedule.

Dominica

ケイコです。

本日は、SHIZENヨガスタジオの生徒さんが、実に力強いポーズを披露してくださいました。ヴィラバドラーサナ3です。ヴィラバドラーサナ1よりもさらに力強く感じるポーズですね。戦士のポーズ、英雄のポーズ3です。

バランスをとるのがとても難しいですが、自分のなかの調和を意識することができるポーズでもありますね。

 image9.jpeg

1.お名前を教えてください。

miwakoです。

2.ヨガに惹かれる理由はなんでしょうか。

ヨガの練習をしていると、自分が作り上げている決め付けや思い込みから、自由になれることに気付きます。

日常で、ついためがちな鬱積した思考を、リセットすることができて、リフレッシュされた気持ちで日常生活に向き合うことができます。

3.SHIZENの好きなところを教えてください。

シゼンという名の通り、自然体でいられる、「ただいま」と言いたいような場所です。ヨガを伝える先生の真剣な熱意と暖かい愛情のもとで、仲間たちと学べる場所は私のオアシスです!

ケイコです。

ムクティ先生のヴェーダンタのクラスが木曜日の13:00ー14:30と時間を変更して、再開してます!

「ムクティ先生のクラスは、日本語で大丈夫なのですか?」「ヴェーダンタってなにですか?」という質問を受けたので、ムクティ先生におうかがいしました。

先生の素敵なお人柄がキラキラとこぼれているインタビュー、お楽しみください。ムクティ先生のお名前の由来ステキ!

image8.jpeg

Q. 自己紹介をお願いします。

A.東京生まれ、日本人です。両親の実家が三鷹市なので、SHIZE Nヨガスタジオのある吉祥寺や井の頭公園には懐かしい思い出がいっぱいです。

1994年から日本を離れ、2010年までアトランタ、ニューヨーク、ロンドン、オランダで勉強と仕事をしていました。前職は医療関係のインタラクション・デザイナーで、大学院で勉強する機会や職場に恵まれ、それなりに楽しかったのですが、沢山の事に答えが見つけられず、いろいろな事にチャレンジをしていた日々でした。そんな中、バガヴァッドギーターの教えに出会うことができ、スワミ・ダヤーナンダ・サラッスヴァティージに師事し、2010年から2013年までインドの山奥でヴェーダーンタ(ウパニシャッド、バガヴァッドギータ―、ブランマスートラ)ヴェーダの生活様式、サンスクリット語とチャンティングを学びました。

現在はヴェーダーンタ(主にバガヴァッドギータ―)、チャンティングとサンスクリット語を教えています。

Q.先生のお名前「ムクティ」の由来を、教えてください。

恩師であるスワミ・ダヤ―ナンダ・サラッスヴァティージから頂きました。とても思い出に残っているのですが、2013年のシヴァラートリの日にリシケシにて頂きました。名前は日常生活で使われるものなので、日常生活でもヴェーダ―ンタの教えが私にきちんと在り、教えにそって生きていけますように、との願いを込めて頂きました。「ムクティ」の意味は「モークシャである事」=「自由であること」の意味です。

Q.いつから、インド哲学に興味を持たれたのですか。また興味を持たれたきっかけなどありましたら、教えてください。

インドでヨーガのTTCを受けたとき、バガヴァッドギーターに出会いました。その時は先生が何を言っているのか全く分からなかったけど、私はこれを勉強したいのだと思いました。その先生がスワミ・ダヤ―ナンダ・サラッスヴァティージのお弟子さんだったのがきっかけで、その2年後にスワミ・ダヤ―ナンダ・サラッスヴァティージに師事する事が出来ました。

Q. ヴェーダーンタの魅力を少し教えてください。

ヴェーダーンタの教えは人が人として生まれてきて知ることが出来る最高の教えだと言われています。なぜなら、私たちが何なのか、なぜ生まれてきたのか、何処へ行きつくことが出来るのかを教えてくれるからです。

ヴェーダーンタの教えは、私たちの思考回路や感じることでたどり着く、または他人の意見で判断される「私は~」という結論・決めつけから自由にしてくれるます。そして、私たちが何かという本質を教えてくれます。その本質はすでに自由で、幸せに満ちていて、美しいという教えです。その自分自身の本質を知らずにいるのはもったいない!と正直思います。なので、私はその知識をできるだけ沢山の方々と共有したいと思いクラスをしています。

Q. 木曜日の13:00からクラスですが、哲学初心者でも大丈夫ですか?

はい。今の自分や生活に少しでも疑問や不満を持ち、それらの答えが欲しいと思う方でしたら誰でも大丈夫です。ヴェーダーンタの教えはニャーナ(知識)・ヨーガと呼ばれるので、特別な頭脳が必要なのかと違いされがちですが、博士号を取れるような特別な頭脳は必要ではなく、学びたいという意思があれば大丈夫です。

Q. テキストなどは必要ですか。また、予習、復習するために必要なお勧めテキストなどありましたら、教えてください。

バガヴァッドギーターのクラスにはスワミ・ダヤーナンダ・サラッスヴァティージの本をお勧めします。ヴェーダーンタの知識は決して本を読むだけでは得ることはできないので、クラスの補助教材としてお使い下さい。

Srimad Bhagavad Gita by Swami Dayananda Sarasvati

また、サンスクリット語で教えられている聖典を勉強するので、サンスクリット語が分かると、より楽しく勉強ができます。読み書き・発音を正しく教えてくれるMedha Michika先生の方をお勧めします。

分かりやすい正しいサンスクリット語の発音と表記 Medha Michika著

Q. SHIZENの生徒さんに一言!

ヨーガアーサナではマインドと体が整い、すっきりしますよね。その整ったマインドと体で、自分自身の本質を教えてくれる聖典に耳を傾けてみてはいかがでしょうか? マインドと体と共に私たちがより良くこの世を生きるために与えられている知性(ブッディ)をフル活用することが出来ますよ。

ケイコです。

 image3.jpeg

すでにご存知の方も、もう召し上がった方も多いと思いますが、産後ヨガを中心にSHIZENヨガスタジオで教えてくださっているヒデコ先生がご主人と阿佐ヶ谷にすてきな食堂を開かれました。その名も百瀬食堂

あまりの美味しさにすっかりはまり、ちょくちょく足を運んでは、食べ過ぎてしまっている私です。美味しい食材と丁寧な調理法で、一口いただくとほっとして、食べ終わったあとは、幸せがじわーっと体に満ちていきます。

味付けが控えめなことによって、食材が本来持っている味が引き出されています。ヨガでも着飾るのではなく、削ぎ落とすことで、本来の自分と繋がっていくのと同じで、神様からいただいた食材というギフトが精一杯活かされ、美味しさがぐっと詰まった料理となって、提供されます。

 image4.jpeg

食後のタルトタタンのご注文もお忘れなく!もうキャラメルがパリパリで、本格的なスイーツです。

 image7.jpeg

阿佐ヶ谷から5分。オープンキッチンでシェフの料理を楽しみながら、ヒデコ先生がキリッとエプロンをされて、おもてなしをしてくださいます。カウンターもあるので、ひとりでも来やすく、また産後ヨガをされているヒデコ先生らしく、お子様とご一緒に来店されやすいようにと、おもちゃコーナーもあり、温かみのある雰囲気を作り出しています。皆さまも百瀬マジックをご堪能ください。

image5.jpeg

詳細は、百瀬食堂のウェブサイトまで。

スタッフです。

image2.jpeg

SHIZENのクラスでお伝えしているヨガは、道具を使ったものが基本となっています。

長年通ってくださっている生徒さんなら、「あれ?通い始めたころに習った使い方と違うぞ?」と疑問に感じる方も多いのではないでしょうか?その理由は、より効果的により安全に道具を使うための研究が日々行われ、世界中のヨガの先生たちに伝授されているからです。

今年、イタリアでガブリエラ先生のWSを受けてきたムツコ先生とタマミ先生が、最新の道具の使い方をじっくりお伝えする1日集中講座を開催します。

午前のタマミ先生クラスでは、ブロックとベルトの使い方(特にベルトはバックルの通し方も!)にフォーカスしたアクティブに身体を動かしていくクラス構成となっています。

一方、午後のムツコ先生のクラスは、リラックスするためには是非とも「気持ちのいいポイント」「ちゃんとゆるむ箇所」にしっかりサポートを入れたいブランケットとボルスターの使い方を取り上げたリストラティブクラスです。

道具の使い方をご存じない初心者の方はもちろん、「この使い方はこうだよね」と、今までの使い方を何気なく継続している経験者の方にも「おお!そうなのか!」と目からうろこのより効果的で安全、その上快適な道具の使い方をお伝えします。それぞれ単発でのクラス受講も可能ですが、この機会にぜひ1日を通して参加して、道具の使い方を総復習してみませんか?

現在、お申込を受け付けております。
皆様のご参加をお待ちしております。

11/23(水・祝)
1日集中講座SHIZENでヨガを始めよう&深めよう。ヨガの道具を使う事。
詳細は http://www.shizenyoga.com/j/special-classes/
予約は http://www.shizenyoga.com/j/schedule2/

ケイコです。

マーラ先生の2017年度ワークショップのお申し込みが始まっています。

2017年2月 10日(金)13:30-19:00 ティーチングスキル
2017年2月11日(土)、12日(日)13:30-19:00 中級

image1.jpeg

今年の夏、私はロサンゼルスで、マーラ先生の集中講座とティーチングスキルを受けました。毎年、こうして、マーラ先生の元で、勉強できるのが何よりも楽しみで、自分が学び、かつ教えていくうえで、力となっています。先生のクラスは、何回受けても、毎回、新鮮な発見で、今回もまた1つひとつのことがクリアになっていく感じがありました。

練習では1つのテーマを5日間に渡って、発展させていかれ、気持ちよく、体の深いところまで認識が持てるようになりました。また、ティーチングスキルでは、どんな質問にも、正確に丁寧にお答えになっているのが、印象的でした。それが例え、非常に基本的なものでも、生徒さんが分かりやすいように、辛抱強く答えて下さり、たいへん勉強になりました。アサナの取り方、観察の仕方、アジャストの仕方などの実質的な質問はもちろんのこと、哲学的な質問にも、微細体についての話にも時間がある限り答えてくださいました。マーラ先生がすべての質問に実に的確に答えている姿を見て、先生は本当に練習され、勉強され、そしてヨガを生きていらっしゃるんだなあ、とつくづく再確認した夏でした。

そのマーラ先生が来年2月SHIZENヨガスタジオにいらっしゃいます。素晴らしい機会ですので、みなさまのご参加をお待ちしています。

人気のワークショップです。お申し込みは、お早めに!

ケイコです。

image.jpeg

11月3日(祝)、前日までの寒さが嘘のようにとってもいいお天気となりました。さすが文化の日です。

その日にドミニカ先生とケイコによる1日集中講座が行われ、多くの生徒さんにご参加いただき、新しい視点から物事を見ることに挑戦しました。

午前の部は、ドミニカ先生による逆転のポーズで、内側から外側へ、上から下へと視点を変え、午後のケイコの部では、外に向いている視点を内側へと向け、自身の中にある小宇宙を体験していきました。

私も朝からドミニカ先生のクラスに参加しましたが、ドミニカ先生が歌ったり、踊ったりしながら、楽しく逆転のポーズをするための要点を教えてくださり、3時間半があっという間に過ぎていきました。私たちは、過去の印象を現在に当てはめて、色眼鏡でものごとをみてしまう傾向にあるので、その先入観や思い込みを外して、1つ1つのポーズをまるで初めて行うかのように練習していきました。ヨガとは、レンズの曇りを拭き取る布なのですね。

午後は、たっぷりとリストラティブポーズを行って、その後、プラナヤマを行いました。みなさん、お腹いっぱいランチをめしゃがったようなので、最初の1時間は、シャヴァーサナをいろいろな視点でみていき、皆でお互いアジャストしあいました。ゆったりと1つ1つのポーズを説明する時間が取れ、それを体験できる1日集中講座楽しいですね。

ドミニカ先生とケイコのコンビネーションで1月9日(月)、3月20日(月)に「ティーチングスキル」を行いますので、お楽しみに。詳細はこちらから。

また、11月23日ムツコ先生とタマミ先生による1日集中講座が開かれますよ!