September 2016


ケイコです。

毎日曜17:00に開催されるコミュニティクラスの先生方にお話をおうかがいしました。

皆、熱心にヨガを学び、それを皆に伝えたいという熱意のある先生方ばかりです。是非、クラスに遊びにいらしてください。

image16.jpeg

Q. お名前は?

A. ミキです。

Q. 担当クラスを教えてください。

A. 担当クラスはゆったりヨガです。日曜日17:00-18:30のコミュニティクラスを担当しています。
9/18 10/16 11/13 12/11

Q. ヨガを始めたきっかけは?

A. 水泳コーチを数年続け体の冷えが蓄積し体調が思わしくなく辞めたところ、ヨガをする機会がありました。初めてヨガを行った時、自分の体がいかに無理をして縮めているのかが感じられ驚きました。その日からヨガは私にとって無くてはならないものとなりました!

Q. ヨガの何に魅了されていますか?

A. 自分の心身とつながり穏やかになれるところ。またヨガを続けていく中で新たな発見であったり自分との向き合い方、観察していく視点の変化など、自分の中で気づかなかった事を教えてくれるからです。そして、その時の体調に合わせてアサナを選べるのも魅力のひとつです。

Q. SHIZENの魅力は?

ヨガを楽しみ、集中できることです!

Q. 最後にShizenの皆さんにメッセージをお願いします。

A. ヨガを続けていると自分という存在は1番身近でありながらまだ知らないことがあるのだとよく思います。1日の終わりに向かってアサナで動かすこと休めることのバランスをとります。疲れや緊張を取り除きエネルギーを満たすことのできるスペースを作っていきます。皆さまにお会いできるのを楽しみにしています!

ケイコです。

アメリカでの2週間のヨガ研修は、あっという間に終わりました。師匠のマーラ先生のクラスを受けまくり、実に充実した2週間でした。けっこう、いろいろなリトリートに参加していることもあって、その時に出会った人々と久しぶりの再会を果たしたり、実に楽しい日々でした。

海外旅行というと、やはり買い物も私にとって、楽しみの1つだったりします。ヨガウェアを何着か買ったのですが、ヨガパンツを試着した私に友人が声をかけてくれました。

「プラサーリタ・パドッタナーサナチェックした?」

プラサーリタ・パドッタナーサナ、略してPP。このポーズ、お分かりになるでしょうか。立位の開脚前屈です。実は、これ、ヨガパンツを購入する際、大切なんです。 最近、布が薄い生地のものが増えているため、けっこう透けてしまうものが多いのですよ。色の薄いものは気にすると思うのですが、意外と透けるのが黒です。色が濃いものは、太ももの前とかは透けていないので、気にしないでつい購入してしまうのですが、前屈するときに後ろの部分が透けやすいのです。

PPチェック。ヨガウェアご購入のときはお忘れなく。

クミコです。

image13.jpeg

シルバーウィーク恒例のヨガフェスタ横浜、今年もSHIZENヨガスタジオからドミニカ先生がクラスをされ、通訳にミキコ先生、アシスタントにミキ先生、クミコというメンバーで参加しました。

今年の先生のクラスは「首と肩のためのヨガ」がデーマでしたが、一番大きな会場にたくさんの参加者が集まり、皆さんの興味の高さが伺えました。

・上腕三頭筋に意識を向けた腕の使い方
・僧帽筋と首の関係
・肩と肩甲骨の動かし方
・それらが調和することで広がる胸の感覚や背骨への影響

ドミニカ先生はひとつひとつ丁寧にわかりやすくデモをされ、プロップスを使ったりペアワークをしたり、ポーズを変えながらも繰り返し同じアライメントを情熱とユーモアを交えて指導していきます。

様々なバックグラウンドを持つ参加者の皆さん、最初は「???」な感じがだんだん「!!!」な表情になり、ポーズ後に「おおぉぉぉ・・・」と感嘆の声がアチコチであがりました。「これかーっ!」ってやつですね(笑)。

「ただカタチに挑戦するのではなく質を観察し、味わい、記憶に留めよう」というドミニカ先生のメッセージを、身をもって実践する皆さんの熱気がビシビシ伝わる、本当に素晴らしいクラスでした!

今年も皆さまのご参加、本当にありがとうございました!

ケイコです。

SHIZENヨガスタジオに通ってくださっている生徒さんにポーズを取っていただきました。

ヴィラバドラーサナI。戦士のポーズ1です。 私はけっこう好きなポーズなので、よく練習に取り入れます。バックベンドの要素をとてもよく教えてくれるので、好きなポーズですが、バックベンドのみならず、いろいろなアサナの準備をしてくれます。

ヴィラバドラとは、戦士の名前です。

神話では、聖仙ダクシャがあるとき、大規模な祭祀を企画したのですが、自分の娘のサティーも婿のシヴァ神も招待しませんでした。娘のサティーは、1人で出席しますが、ひどく恥をかいたと傷つき、その場で火の中に身を投じ、消えてしまいます。その話を聞いたシヴァ神は、怒り心頭して、自分のもしゃもしゃの髪の毛を一束むしり取り、床に投げつけました。そこからヴィラバドラが生まれ、シヴァ神の軍隊を導き、ダクシャの祭祀を目茶目茶にするよう、命令を受けたのです。ヴィラバドラは、参加していた神々に襲いかかり、ダクシャの首をはねます。

このアサナは、その戦士の名前がついています。

image12.jpeg

 

1.お名前を教えてください
Masumi

2.ヨガに惹かれる理由はなんでしょうか。
心と身体が苦しい時にヨガと出会いました。
姿勢、呼吸を整え、身体の声を聞く時間は、少しずつではありますが
私の身体に良い変化をもたらしてくれています。

3.SHIZENの好きなところを教えてください。
・先生と生徒のヨガに対する熱量がスゴイ!
・真剣さの中にも度々起こる笑い。余計な力がふっと緩みます。
・的確でメリハリのある指導。1センチの違いを体に感じさせてくれる。
・ヨガで怪我をすることがないよう、リリースするところまで見せてくれる。

より良く生きるヒントまで教えてくれるSHIZENは、私の大切な場所です。

Masumiさん、ありがとうございます!

ケイコです。

9月になり、スケジュールが少し変更しています。そのうちの1つがコミュニテイクラスです。毎日曜17:00に開催されるこのクラスでは、長年SHIZENでヨガの勉強を続けている生徒のインストラクターまたはSHIZENのクラスでアシスタントを担当しているインストラクターが、「ゆったりヨガ」「ベーシック1」を交代制で教えます。

皆、熱心にヨガを学び、それを皆に伝えたいという熱意のある先生方ばかりです。是非、クラスに遊びにいらしてください。

image10.jpeg

9月の第1週目、トップバッターで教えてくださったマリ先生がインタビューに答えてくださいましたよ。

Q. お名前は?

マリです。

Q. コミュニティクラスは、日曜日の17:00から3人の先生が担当されるようですが、マリ先生の担当されるクラスを教えてください。

A. ゆったりヨガ (10/2,10/30,11/27,12/25)、ベーシック1  (12/4)を担当させていただきます。
また、10/9日曜日15:00のディープリラックスの代行、そして、10/1の祝日特別クラスでリストラティブヨガしますので、是非、ご参加ください。

Q. ヨガを始めたきっかけを教えてください。

もともとダンスで身体を酷使してきたことに加え、2008年に病気で手術を受けた後、身体のバランスを崩し、ケガが重なり、焦る気持ちもわき上がり、どうしたら良いのか分からず自分を見失いました。その時に、もっと自分と向き合い、自分の身体と心の声を聴きたいと思い、ヨガがその助けになるのではと始めました。

Q. ヨガは手助けになりましたか。また、手助けになったとしたら、どのように手助けとなったのでしょうか。

とても助けられました。
当時、私は膝を痛めて正座ができませんでした。でもクラスではブランケットやブロックを使うことで負担をかけない方法で膝を曲げることを教えていただき、これは衝撃的でした。それまでケガは悪いもの、恥ずかしいものだと思い、隠したいという思いから、痛いならやらない、もしくは痛いのをガマンしてやるという0か1かの選択しかなかったのですが、0と1の間にいくつもの可能性があるということを学びました。ヨガを通して、やっとケガを受け入れることができました。そして焦る気持ちも、いつのまにか前向きに自分の弱点と向き合う方向に変わり、今までいかに身体や心の悲鳴を無視してきたかに気づきました。
そしてこのことが、ついつい完璧主義に陥ってしまうようなそれまでの自分の生き方そのものを見直すきっかけになりました。

Q. ヨガの何に魅了されていますか。

まさに、「科学」+「芸術」+「哲学」=ヨガ!
奥が深くて、積み重ねていくことでさらに発見が増えるところが魅力的でたまりません。

Q. 先生のヨガのバックグラウンドを教えてください。

ヨガのバックグラウンド!はい、どっぷり”SHIZEN”ヨガです(笑)。

Q. 先生のクラスの特徴を教えてください。

もともと少人数での指導を中心に行ってきているので、参加してくださる方のその時の心身の状況に合わせた、きめ細やかなレッスンをするよう心がけています。

Q. 生徒のみなさんにメッセージを。

先日クラスを受けてくださった方が「良く眠れた〜」と感想を伝えてくださいました。
日曜日の夕方にほどよく身体を動かし心もほぐし、ぐっすり休めば1週間の疲れもリセットされ、きっと元気な月曜日を迎えられます!ぜひぜひ、お待ちしています!

image11.jpeg

ケイコです。

今年のヨガフェスタは、例年より少し早めで、9月17日から19日までです。ドミニカ先生が今年もまた、クラスを担当されます。
9月18日(金)11:00ー12:30「首と肩のためのヨガ」

現代の生活スタイルにおいて、筋肉の全体的な緊張や姿勢の悪さが首肩における体の硬さ、痛み、怪我の原因の一つとなります。このクラスではアライメントのポイント、腕、肩、胸の可動性を紹介し、肩の緊張を取り、首の痛みを軽減するためのヨガのポーズ、プロップを使ったいくつかの手法を紹介します。腕と肩、胸の関係性をヨガのポーズで養っていくことはアームバランス、逆転、後屈のポーズでの安定性を生み、ねじり、前屈での可動性を生み、健康な首を作ります。

また、今年もレスリーハワード先生が同じく、9月19日(金)15:30より、「骨盤底の紹介」と題したクラスをされます。

骨盤底の弱さや過度な緊張は膀胱機能の低下、月経、股関節、坐骨神経関係の問題や骨盤の痛み等といった様々な不調を引き起こす原因となる事があります。
骨盤底は体の土台であり、胴体の底部にあるため内蔵を支える床となっています。特に女性にとっては骨盤の構造上その意味合いが大きいと言えるでしょう。骨盤底に適切な強さと安定性が備わるとそれぞれの動きの中で正しい土台をつくりやすくなります。これこそが真の「コア・ワーク」です。レスリー先生のクラスに参加し解剖学とアサナを通してご自身の骨盤の理解を深めましょう。このクラスでは、骨盤底の柔軟性・強さ・整合性を高めるための骨盤底筋群の弛緩と収縮に働きかけるポーズや練習方法を学びます。

ユーモアたっぷりの先生方のクラス、楽しみですね!

ヨガフェスタ横浜 2016

ケイコです。

9月になり、新シリーズクラスが始まりましたね。みんな、懐かしい顔や新しい顔も加わり、楽しそうです。セルフプラクティスのクラスでは、自分が作ったシークエンスをやってみます。それをノートに書いたり、冷蔵庫に貼ったりして、やりたい時に出来るシークエンスが増えていきます。また、お友達が作ったシークエンスもシェアするので、思ってもないアプローチにびっくりすることもあります。

さて、こちらは、前期のセルフプラクティスの皆が考えた夜寝る前のシークエンスです。季節の変わり目で少し疲れている時に是非どうぞ。

image4.jpeg

ボルスターを使った子供のポーズ  

m-s1.jpeg

おでこをサポートした下向きの犬のポーズ

image6.jpeg

パルシュヴァ・パヴァナムクターサナ

 m-s2.jpeg

ヴィパリータ・カラニ