August 2016


ケイコです。

9月から新しいスケジュールになりました。

image.png

 image1.png

今季は、新たに座学クラスが増えました。ドミニカ先生によるスワディヤーヤ、マドカ先生による瞑想、ムクティ先生による聖典の勉強など、さまざまな学びの機会がありますので、是非、ご参加ください。

もう1つ、日曜日の17:00より、コミュニティクラスが始まります。ミキ先生、マリ先生、クミコ先生によるクラスをお楽しみください。3人共、SHIZENヨガで長年、勉強し、アシスタントをしながら、非常によく勉強されています。また、ヨガのインストラクターとしての経験も非常に豊富なお3方です。近々、インタビューをお届けしますね。このクラスはチケットまたはドネーション(寄付)制でご参加いただけます。

image.jpeg image1.jpeg image2.jpeg

コミュニティクラス担当日
ミキ先生:ゆったりヨガ 9/18 10/16 11/13 12/11
マリ先生: ゆったりヨガ 9/4 10/2,30 11/27 12/25 ベーシック1 12/4
クミコ先生: ベーシック1 9/11 10/9,  23 11/6,  20 12/18

ケイコです。

image4.jpeg

先週末、御岳山で、SHIZENヨガリトリートが行われました。台風がいくつも近づく中、皆、しっかりと重装備で、集まってくれました。東京都なのに、こんな緑深いところがあると感動しながら、バス、ケーブルカーと乗り継いで、そこから歩いて、宿に着きました。

image7.jpeg

そこからは、早速ヨガ三昧!ドミニカ先生による力強く、かつ、笑いの絶えないクラスの後は、雨の中、しっかり歩いた皆が心身を休め、呼吸法の準備となるようなリストラティブヨガを行いました。雨がもたらす静寂が皆を包んでいきます。

そして、宿屋さんが用意してくださったベジタリアンの料理の美味しかったこと!特に手作りのこんにゃくを口の中に入れるととろけるようでした。

次の日は晴天!

今回は、大きな宅急便4箱分のプロップスを持ち込んだので、ずいぶん贅沢に道具がありました。さらにお座敷や柱など、使えるものを存分に使いました。いろいろ工夫できるの、楽しいですね。 

image18.jpeg

 image8.jpeg

6:00からプラナヤマ、その後3時間のヨガをしたのにもかかわらず、午後は元気に山を散策、川辺で瞑想まで。大雨から晴天まで、自然をさんざん堪能した2日間でした。

image10.jpeg

この中の幾つかのお写真は生徒さんたちが、送ってくださったものです。「また、リトリートしていただきたいので、プロモとして、使ってください!」とのことでした。皆の熱い思いがつたわりましたよ。また是非是非、行いたいとインストラクター陣も思ってます! 

みなさま、ご参加ありがとうございました!

image17.jpeg

こんにちは、SHIZENスタッフです。

来る2016年9月1日より、マタニティヨガクラス料金が変更になりまりますのでここにお知らせいたします。以下、その価格改定の理由と、それに付随するサービス内容の変更点をまとめましたので、マタニティヨガクラスにご参加の皆様はご一読ください。なお、今年度から新設された「杉並区子育て応援券ゆりかご券」にも、マタニティクラスは対応しておりますので、杉並区在住のプレママも、ぜひSHIZENのマタニティヨガクラスを体験しにいらしてみてくださいね。

現行料金(8月31日まで)
ドロップイン 3,000円 ※杉並区子育て応援券ゆりかご券でのお支払も可能
購入可能なチケット:4回チケット 11,000円(有効期限2ヶ月)・10回チケット 22,000円(有効期限3ヶ月)

改定後料金(9月1日より)
ドロップイン 2,500円 ※杉並区子育て応援券ゆりかご券でのお支払も可能
購入可能なチケット:5回ファミリーチケット 11,000円(有効期限3ヶ月)
※購入済み4・10回チケットは9月1日以降も引き続きご利用いただけます。

改定理由
マタニティヨガクラスでのチケット購入後のドクターストップの申し出に柔軟に対応するため。
産前産後ヨガのクラス料金体系を統一することでチケット利用の幅を広げるため。

<5回ファミリーチケット取り扱いの注意>
・購入したチケットは3ヶ月有効です。購入後の払い戻しはいたしません。
マタニティヨガ、ヨガママ、ベビーヨガ、ハイハイヨガの4クラスのみで購入できるチケットです。
産前産後ヨガ以外のオープンクラスでもご利用いただけます。
ただし、マタニティヨガクラスで購入したファミリーチケットに関してのみ、利用期限延長の対応を新設させていただきました。

<マタニティヨガでのチケット利用停止・再開による期限延長対応>
ドクターストップによりクラス参加できなくなり、その後、クラスへの復帰が叶った生徒さんから、チケットの利用延長を求めるお問い合わせが多くなりました。
そこで、マタニティヨガクラスでチケットをご購入いただいた方に限り、利用の一時停止と利用再開時の期限延長対応をさせていただきます。
ただし、この使用期限延長対応は、ドクターストップがかかった時点で、「チケット利用停止届け」をメールにてご提出いただくことが条件となります。
お申し出がないまま期限切れになり、その後でご事情を申告されたとしても延長対応の対象にはなりません。
これは、スタジオ運営上必要な手続きとなりますのでご理解ください。
また、利用停止後1年を経過しても利用再開のお申し出がなかった場合も、自動的にチケットは無効となりますのでご了承ください。

ドクターストップがかかった時点で、以下の項目を明記の上、info@shizenyoga.comまでメールを送信してください。
※医師の診断書の提出は不要です。

件名:マタニティヨガファミリーチケット利用停止届け
お名前:
チケット購入日(チケット利用開始日):
最終クラス参加日:
チケット残数:
ドクターストップがかかった日:

<利用再開の手続き>
・マタニティヨガクラスへの参加が医師より許可された場合
再度info宛にお知らせください。折り返し延長期日を記したメールを返信させていただきます。そちらを確認の上、新たに設定された期限内でクラスにご参加ください。

・ドクターストップの状態が継続され、そのまま出産に至った場合
出産後クラス参加が可能になる時期をinfo宛にお知らせいただくことで、産後ヨガクラスでチケットをご利用いただけるよう使用期限の再設定をさせていただきます。
※1年の利用停止期限が過ぎないようご注意ください。

・ドクターストップの後、マタニティヨガクラスの参加復帰が不可能となった場合
その際には、女性のためのヨガやリストラティブヨガ、ディープリラックスなどでチケットをご利用いただけるよう、使用期限延長の対応をとらせていただきます。

以上、皆様にご購入いただいた大切なチケットを無駄にしないよう、また円滑なスタジオ運営を維持するためにも、皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます。
なお、ご不明な点がございましたら、お気軽にinfo@shizenyoga.comまたは090-3814-4488までお問合せください。

ケイコです。

今期、シリーズクラスでは、マドカ先生の瞑想のクラスが3つあります。月一回金曜日19:30ー21:00「瞑想を始めよう」「瞑想を続けよう」土曜日19:00ー21:00の「『日常』という瞑想」です。

どれにしようと迷っている方にマドカ先生からのメッセージです。瞑想のクラスにご興味ある方、是非!おすすめです。

シリーズクラスのお申し込みは、8月19日(金)までとなっております。

image3.jpeg

マドカです。

瞑想をお勧めする理由の一つは、瞑想は場所を全く取らない、持ち運ばなくても常にアクセスできる道具であるからです。困難な時でも、嬉しい時でも、瞑想を通じて気づいたことが役に立ちます。 自分を見失いそうな時は、惑わす妄想から抜けるために瞑想も使えます。そして、簡単な瞑想法もあるので、実践することもそれほど難しくありません。

私が担当している瞑想シリーズは3つあります。

「瞑想を始めよう」では、瞑想の基礎を教えます。月1回の気楽なペースでクラスを行いますが、 初回のクラスの後で瞑想が毎日したいと思えば、自分で毎日でもできます。クラスでは、90分ずっと座っているのではなく、座る時間と自分の人生を振り返って、自分と向き合う時間もとります。これは、「黙想」と呼んでいますが、いろんなことを改めて考える作業です。そうすることによって、今まで気づいていなかったことに気づいたり、自分の固定観念から自由になったり、自分を責めがちな人は、その癖を手放そうと思う きっかけになったりします。

瞑想を続けていくと、どんな道具と同じように、その道具の良さが分かってきます。しかし、瞑想をすると、迷走することもあります。今まで気づいていなかったことに気づくと、戸惑うこともありますので、その道をすでに歩いている人と相談ができると安心です。そのために、「瞑想を続けよう」があります。瞑想が迷走にならないように指導します。参加者の様子によって、取り上げるテーマが変わってきますが、皆さんの日常から出てくる疑問や経験を題材にすることによって、瞑想が日常にどんどん役立つようになっていきます。そして、瞑想は自分自身がするもので、何かに気づくと、それも自分で気付きます。自分自身が主役です。

「日常という瞑想」のシリーズは、日常的に瞑想を役立てている人のためです。人生をどのように生きたらいいか、心身とどう付き合えばいいか、人生をうまく生きるための方法論よりも、生きている自分そのものが知りたい、心理よりは真理にご関心がある人のためのクラスです。体を瞑想的に動かす時間の後に一緒に座る時間をとります。参加者が質問や疑問があれば、一緒に考えていきます。特になければ、その分座る時間を長くします。私は、「真理とは」の答えはまだはっきりしていませんが、私自身の修行を通して気づくことをみなさんとシェアしながら、 みなさんと一緒に座って、この道を一緒に歩んでいきます。

2011年にある祈りを書きました。この祈りは、私の歩んできた道を表現しています。この路線でクラスも行っていますので、ご参考までにここにも貼り付けます。

心の中の闇と仲良くなれますように。
自分が強いと見せかけなくていいように、
自分の弱さと仲良くなれますように。
自分がいかに役立つかを証明しようと
無理にがんばらなくていいように、
自分の無用さと仲良くなれますように。
周りに「ポジティブ」を押し付けないよう、
自分が「ネガティブ」でも居心地悪くなりませんように。
憎しみの火に燃料を与えて周りを燃やさないで済むように、
自分の憎しみをいじらないでいられますように。
不安や、ねたみ、怒りがあっても問題はないと全身で納得できますように。
それらがあって完全なのだと分かることができますように。
自分には何も必要ないことが全身全霊で分かり、
他人を利用して所詮幻想にすぎない自分の中の空虚さを
埋めようとしたりしないですみますように。
もう自分を手放せますように。
こういったことにあくせくする自分が幻想だと分かりますように。「私」とよんでいる幻想が死にますように。
何かを「する」必要なく、ただ「いる」、
あるがままにあれますように。

ケイコです。

秋季シリーズクラスのお申し込みは、8月19日(金)までとなっております。フライヤーに書かれているクラスだけでなく、様々なシリーズクラスがございますので、ふるってご参加ください。詳細は、ウェブサイトからどうぞ。

image1.jpeg

土曜日19:00ー21:00の1ポーズ集中講座は、2016年秋期クラスで11回目となります。

1回2時間クラスで、びっしりと1ポーズを集中して学び、そのテーマポーズを分解して、体の使い方を覚えていきます。

例えば、ガルーダーサナ(ワシのポーズ)の時は、脚の使い方を椅子を使ったり、壁を使ったり、ブロックを使ったりして学び、腕はストラップを使って肩甲骨をほぐしたり、腕の組み方の軽減ポーズからどう深めていくかまで学びました。時には、道具を多用したり、グループワークをして、そのポーズの理解を深めていきます。

月1回行われるシリーズクラスなので、ひとつの期で、合計4つのポーズを学びます。そのポーズは、毎期、立位のポーズ、座位のポーズ、逆転のポーズ、リストラティブポーズ等々から1つずつ選んでいます。

その4つのポーズも単にランダムに選ぶのではなく、その期のテーマのポーズすべてに共通するアクション(体の働き)を関連付けて教えることが出来るポーズにしています。ですので、セルフプラクティスをされている方にも、インストラクターの方々にも、ポーズの理解が深まる手助けになるだけでなく、クラスのシークエンスを組むうえでも分かりやすく、面白いと言っていただいています。

毎回、やるポーズは当日まで秘密で、何のポーズをやるか、当てるのが皆の楽しみにもなっているようなのですが、最近は3回目のクラスくらいから、その時にやるポーズを当てる方がずいぶん増えてきました。

ずいぶんポーズをやりましたが、まだ基本のポーズもたくさんありますよ。さて、次回はどんなアーサナがテーマになるでしょうか。おたのしみに!

みなさまもお仲間になりませんか。お申し込みお待ちしています!

月1回土曜日19:00ー21:00
9/24, 10/15, 11/19, 12/17(全4回)

ケイコは、他に下記のシリーズクラスを担当しております。
水曜日15:00ー17:00 中級
木曜日 11:00ー12:30 ベーシック2
月1回日曜日 7:00ー8:30 セルフプラクティスを確立する

ケイコです。

ドミニカ先生とケイコのヨガリトリートが近づいてきましたね。ワクワクです。

さて、いくつか問い合わせをいただきましたので、ご質問にお答えします。

こちらもご覧ください。

http://www.shizenyoga.com/j/workshops?cid=239

1. 集合場所は?

集合場所は、JR御嶽駅の改札を出たところ11:04です。時間厳守でお願いします。

そこから、皆さん揃ってバス停に移動して、ロープウェー滝本駅行きのバスに乗ります。バス・ロープウェー共に運行時刻・本数が限られているので、遅刻して乗れないとリトリート開始時間前に宿坊に到着できなくなりますので、十分ご注意ください。

2. スイカ・パスモにどのくらいチャージしておけばいいの?

スイカ・パスモのチャージの目安は、吉祥寺―御岳山 往復で約3200円です。

吉祥寺→御嶽 710円×2
御嶽→滝本 バス 279円×2
滝本→御岳山 ロープウェー 590円×2

3.宿坊までどのくらい歩くの?

ロープウェーの駅から、宿坊までは歩くと10分程度なのですが、とにかくすごい急傾斜の道を歩きます。

靴は必ずスニーカーやスポーツサンダルなど足首をしっかりホールドするもの、荷物はリュックサックで歩きやすく、ご持参されるヨガマットもリュックにくくりつけるか、たすきがけに出来るような持ち方でいらっしゃるのが楽かと思います。

4. ヨガの道具は持っていく必要がありますか。

ご自分のヨガマットをご持参ください。ブロック、ブランケット等はSHIZENで用意いたします。

5.バスタオルは、持っていった方がいいのでしょうか。

お風呂時に使うタオル・バスタオル・歯磨きセットは宿坊にあるようです。
ヨガクラス時や、ハイクの時に敷物代わりに使える小ぶりのバスタオルをご自身で一枚持ってくると便利だと思います。

宿泊先は、御岳山荘です。

http://www.mitakesansou.com/ 

 


6. 宿坊の近くにお店はありますか?

周辺にお土産物屋さんはありますが、コンビニはありません。何か忘れ物を買い足す場合は、御岳駅前のセブンイレブン(ロープウェー駅行きのバス停そば)が最終になると思います。

7. 食事は何食つきますか。

20日の夜、21日の朝、22日お昼おにぎりがつきます。

初日のお弁当はご持参ください。

楽しみですね!

ケイコです。

秋季シリーズクラスのお申し込みが始まっています。8月19日(金)までですので、ぜひお早めにお申し込みください。

今回ヨガインストラクター向けのティーチングスキルが2つあります。

image1.jpeg

1つが、月1回火曜日15:00ー17:00のマタニティヨガインストラクタースキルアップです。産前産後ヨガへの経験豊かなチカ先生とヒサコ先生のお二人が愛情たっぷりに教えてくださいます。

ヨガティーチャートレーニングを受け、実際に教え始めると、「こんな時にどうしたらいいのかしら」と思うことが出てきませんか。私は、マタニティヨガを教えていた頃、マタニティヨガを長年教えている友人を質問攻めにしました。そして、さまざまな有用なアドバイスを受け、自信を持って、クラスが出来たのを覚えています。

このマタニティヨガのティーチングスキルは、月一回となっています。ちょうど、疑問がたまった頃に先生に質問するチャンスがあるという絶妙のタイミングです。

また、ティーチャートレーングは受けたけれど、実際に教えるには自信がまだない、という方も知識と自信をつける非常にいいチャンスです。この機会をお見逃しなく。

image1.jpeg

もう1つは、月1回金曜日15:00〜17:00ドミニカ先生によるティーチングスキル。いつもたいへん興味深く、インストラクターがヨガを教えるうえで、大切なことをテーマに教えてくださいます。通訳がついていますので、英語が苦手な方もご心配なく。

9/9 ヨガにおける臀筋の使い方
10/28 仙腸関節について
11/25 鼠蹊部と股関節の硬さについて
12/16 生徒を安全にチャレンジさせること

ヨガインストラクターとしてのスキルを深めて、自分が伝えたいことが生徒さんに伝わるようなクラスができるようになったらすてきですよね。そうしたら、ヨガ好きがさらに増えます!

みなさまのご参加をお待ちしています。

ケイコです。

SHIZENヨガスタジオに通ってくださっている生徒さんにポーズを取っていただきました。

パルヴゥルッタ・パルシュヴァコナーサナ。 ねじった体側を伸ばすポーズ。基本の立位のポーズの中では、難度が高いものの1つですね。

特にインド人に比べ、胴体が長い日本人には、少しやりにくく感じる方も多いかと、思います。そんな時、ドミニカ先生は、ポーズに無理に体を合わせるのではなく、時に道具を使い、時にオリジナルポーズと取り方を変え、体に合わせて、ポーズを工夫されることもあります。

見よ、この力強い脚、そして胴体のねじりと伸びを!

Parivrtta 回転した
Parsva 側面
Kona 角
Asana ポーズ

 image.jpeg

1.お名前

Nao

2. ヨガに惹かれた理由をおしえてください。

いろんな面から観察することで、気付きを与えてくれるところ。

3. SHIZENヨガの好きなところは?

リラックス&リフレッシュが出来て、パワーが溢れているところ。自然と笑顔になれる空間。