July 2015


マドカです。

7月20日に、新しい試みとして、私とヒサコ先生が「サムスカーラ1」という一日プログラムを行いました。とても濃い、充実した時間でした。参加者の一人が感想文を書いてくださいました。たった一日ですが、人によって大きな変化を感るひともいたと思います。初めて何かを食べると、その味が分からない自分に戻れないと同じように、この一日で体験するものは、いわゆる元の自分に戻らず、気づくことを使おうと思えば、一生の財産として活かせます。

サムスカーラに参加したかったけどできなかった方、また行う可能性がありますので、今後とも情報を見てください。または、ヒサコ先生も私も個人でこのプログラムを行なっておりますので、ご関心のある方、気楽にご連絡ください。

では、感想文は以下をお読みください。

**********

過去の印象から自由になる。

このプログラムを受けてみて、今までの苦しみから少し解放されたと感じています。

私は、普段まどか先生のシリーズクラスを受けていて、クラスの中感情をどう取り扱うか、怒りや苦しみとどのように向き合えばいいのかといったことを考えたり学んだりしています。

我々の心には日々の暮らしの中でうれしいこと、悲しいこと、つらいこと、など出来事と共に様々な感情が生まれます。感情そのものは悪いものではないのですが、何かに対して罪悪感を持ってしまったり、感情をだすのが悪い事だと感じてしまうことがあります。そういった経験は考え方の根幹として、我々の心に横たわっていて、普段は当たり前すぎて気づかないことが多いのではないでしょうか?

このプログラムを受けてみて感じたことは、我々は子供の頃の経験、感情の影響を思っていたよりずっと強く、無意識に受けていることでした。プログラムではいつもは気に留めない、過去の嫌な経験や、忘れてしまいたい出来ごとなど、心の奥にしまったままにしていることにあえて目を向けていき、そのときの感情をしっかりと感じました。
そうすることで、本当はそのときどう感じていたのか、その結果習得した考え方が役に立つのかどうか、など自分の心の中を見直すことが出来ました。忘れていたこともたくさんあってすごくビックリもしたんですよ。

プログラムを受ける前になんとなく感じていたのは、大人になってから日々の生活で起きる苦しみは、過去に習得した経験が役に立たなくなっていることが多いのではないかいうことでした。でも、そしたらどうすればいいの?わかってるけど同じことを繰り返してしまう。

受け終わった今、まわりの状況は何も変わらないのに前とは違う自分がいることを静かに感じ、少し不思議な感じもしています。役に立たない考えを捨てる練習をするわけではありませんが、自分をよく知ることで自然に殻が取れていく感覚に近いかな~、と思います。

苦しんでいるとき、その苦しみは私の考えから生まれたもの。今は実感を持ってそうだとわかります。

うれしいことは、より嬉しく、悲しいことはしっかりと悲しく感じられるようになるのではないでしょうか?

これからの人生で受ける印象が今までとどう変化していくのか楽しみです。

ありがとうございました。

りょうこ

ケイコです。

 image5.jpg

秋期シリーズクラスのオンラインお申し込みが始まっています。オンラインのお申し込みは、8月18日(金)までとなっております。シリーズクラスは非常に人気があります。夏期シリーズクラスでは、満席になったクラスもいくつかでましたので、参加を検討されている方は、是非、お早めにお申し込みください。

今回、新しいクラス、または時間帯が変更になったクラスがいくつかあります。

火曜日 15:00-17:00 チカ先生&ヒサコ先生 マタニティヨガインストラクタースキルアップ (2時間)

水曜日  15:00-16:30 マドカ先生 罪悪感の4回瞑想シリーズ

金曜日 19:30-21:00 マドカ先生 瞑想を始めよう(全4回)

土曜日 19:00-21:00 ケイコ先生 1ポーズ集中講座 (2時間) 全4回

日曜日  13:00-14:30 ムツコ先生 ベーシック1

同じメンバーとじっくりと過ごす4ヶ月間、生徒さんたちも、非常に熱心に取り組まれています。クラス後、楽しそうにその日の学びや気づきを話し合いながら、帰途につく様子がよく見受けられます。

ぜひ、一度ご参加ください。

 image6.jpg

マドカです。

2015-06-10-154858.jpg


「サムスカーラ1〜過去の印象から自由になる」一日プログラムを、ヒサコ先生と私がチームとして7月20日に行います。

人生を生きていると、私たちはいろんなことを経験します。嬉しいこと、楽しいこともあれば、悲しいことも、怒ることも、理不尽だと思うこと、憎むこともあります。

思い出すだけで心がまた動く過去の経験もありますね。その出来事が実際終わったのに、心のなかでは終わっていないような経験。出来事が終わったのに、なぜ引きずるのか。

辛い時にどのように心をごまかせるか、たくさんのやり方を学びます。ごまかしていることに気づかないぐらい、無意識にごまかすこともあります。

ごまかしは悪い訳ではありませんが、多くの場合は苦しいです。苦しい時に、ごまかししか知らないと、また更にごまかして、悪循環ですね。

私は、SHIZENの瞑想シリーズクラスを教えている牧野先生の元で、このサムスカーラ1と似たプログラムを11年前に受けました。その時初めてごまかさないで自分を見ることを知りました。

ごまかさないで自分を見たら、どれだけ大変な自分を発見するかと思いきや、貴重なものを発見しました。自由になるための第一歩でした。瞑想を教えたいと思う第1歩でもありました。

牧野先生が、その時の合宿プログラムを1日にできるコンパクトなものにしました。それを皆さんと一緒にできることは、私にとって大きな喜びです。

瞑想の経験がなくても問題はありません。正直に自分と向き合いたい、発見したい、心をもっと開きたいという思いがあれば、十分準備ができています。是非ご参加ください。

7月20日(月祝)
10:00〜18:00
参加費:20,000円
予約はスケジュールページにて
定員15人
持ち物: お弁当(途中外出しなくていいようにお願いします)、ペン、座りやすい服装

ケイコです。

とある日曜日の朝早く7時から、生徒さんがSHIZENヨガスタジオに集まりました。その日は、マドカ先生の特別クラスでした。朝から、みんなで輪になって、瞑想のクラスの始まりです。

meisou01.JPG

このクラスのテーマは「罪悪感」。「セルフプラクティスを確立する」のクラスの生徒さんから提議されたテーマです。

マドカ先生は、それぞれが自分たちのことを考えるように導いてくださいます。なので、ただ、「教えを聞いて、そうだなあ、とうなずいている」というものではなく、より自分の内面と向き合うことになります。

今回のクラスでも、深く閉ざしていた引き出しを発見し、開けてみて、自分のなかにあると思ってもみなかった思いを発見して、びっくりした、という意見も多かったです。過去の出来事によって、痕跡を残し、閉ざしたままだった引き出しを見つけ、開けてみる作業は、少し疲れます。その中を見つめるのが嫌で、目をそらしたくなる気持ちにもなります。でも、マドカ先生の的確な誘導で、そっとその扉に手をかけると、体が反応します。「あら、こんな物まだ仕舞っていたんだなあ」と気がつくこともあります。そうすると、それに固執しなくなるようになるのか、気がつくと引き出しが整理されている気がします。

マドカ先生は、7月20日(月)にヒサコ先生と共に「サムスカーラI」を開催されます。皆様、ぜひ、ご参加ください。

詳細、ご予約は、イベントー特別クラスのページからご覧いただけます。

また、次期シリーズクラスでは、新たに「罪悪感の4回瞑想シリーズ」を開催されますので、お楽しみに。

 

ケイコです。

image4.jpg

恒例となっているモンタナ州でのヨガリトリートにきています。今回は、なんと、デーナ先生と一緒です。

デーナ先生は、フルラヨガのディレクターであり、SHIZENヨガスタジオ創設当時からのインストラクターで、現在はソルトレークシティにお住まいです。 先生が現在、お住まいのソルトレークシティまで行き、それから、車で7時間かけて、おしゃべりしまくって、マーラ先生のリトリートが行われているモンタナ州のヘレナまで行きました。

image1.jpg

モンタナのリトリートでは、かなりミックスレベルのクラスですが、さすがマーラ先生、誰も退屈させず、誰も「難しすぎて出来ない!」と諦めさせることなく、クラスをすすめてくださいます。けっこう、ハードなクラスにマーラ先生のクラスをはじめて受ける人たちはヒーヒー言いながら、より経験者は、詳細な説明を喜んでいるように見受けます。ちょこちょこ出る質問にも「いい質問ね」「みんなが知りたかったことよ」と肯定してくれながら、親切に答えてくださるので、皆も分からなくなったら、遠慮なく質問する雰囲気となり、基礎的なことから詳細なことまで、分かりやすく、体もこころも喜んでいます。

image.jpg

 

 ケイコです。

SHIZENヨガスタジオのインストラクターがお邪魔したのが、リトリートスペースNoah’s Arkです。このすてきなリトリートスペースを主催しているのが、ナオ先生です。

nao10.jpg

ナオ先生は、SHIZENヨガスタジオ開設当時からの先生です。最近は、シリーズクラスのみ担当されているので、ご存知ない方もいらっしゃるかと思い、ご紹介いたします。 先生は、ヨガスートラやマントラなどのクラスをいろいろなところで開催され、そのユーモアあふれる語り口と心のそこからの思いを皆に伝えようという気持ちがひしひしと伝わってきます。ヨガ哲学というと、一歩引いてしまいそうですが、ナオ先生のクラスにだと、そのユーモアと純粋さがその垣根をすっと越えさせてくれます。

nao12.JPG

 nao05.jpg

表情豊かな彼女は、写真の対象になりやすいようで、みんなからいろいろな表情のナオ先生のお写真をいただきました。何事に対してもワクワク興味を持つ子供ごころ溢れるナオ先生。

nao02.JPG

 nao03.jpg

先生の歌声もすてきです。リトリートでもナオ先生と共に、SHIZEN楽団が今年も結成されました。ナオ先生のいるところに音楽あり!今後、オープンクラスも検討されているようですので、みなさま、是非、先生のクラスに足をお運びください。

nao11.JPG

ミキコです。

2015-06-10-155235.jpg

ドミニカ先生の夏休みの間、火曜9:00〜 90分の全4回、スペシャルクラス(オール・レベル)を担当させていただきます。通常のチケットでご利用いただきます。

まず7月は、2回に分けて「首と肩」にフォーカスします。

首・肩周りの緊張や動きの制限は、普段の生活スタイルからくる姿勢そのものが影響していることが多いですね。アイアンガーヨガで繰り返しでてくる言葉「アライメント」とは、骨の整列、骨を本来あるべき位置へ配置するという意味になりますが、その配置を支えるのが筋肉で、筋肉は時間をかければ変わります!

肩・首周りのアライメントを理解し、柔軟性、強さ、健やかさをつくる方法を探りましょう。アーサナの体感から得た理解を、普段の生活に取り入れられるようになった時、体の心地良さは、確かに心の心地よさへとつながります。

パート1(7/21)では、壁、ロープ、ブロック、ベルト等プロップスを使った練習を通して、肩・肩甲骨・首の関係性や構造を理解しながら、安全に開きと安定性をつくる練習をします。

パート2(7/28)では、その理解をもって、流れの中のアーサナで体験を深めていきます。クラスは連続してご参加いただくと理解が深まりますが、単独でももちろんご参加いただけます!ビギナーの方は、基礎の理解を、レギュラーに練習されている方は、復習と練習を深める時間にしていただけたら嬉しいです。

みなさまのお越しをお待ちしています。

Namaste

ケイコです。

 image3.jpg

ガブリエラ先生のワークショップのお申し込みが7月1日(水)午前6時から始まっています。

今回は、なんと、ティーチングスキルのクラスが3日間あります。ティーチングスキルとは、ヨガを教えるうえで必要な技術を学び、磨いていくクラスです。

昨年、ドミニカ先生と私で、イタリアで行われたガブリエラ先生のリトリートに参加しました。ドミニカ先生は、その後、ティーチャートレーニングの様子をご覧になるためにイタリアに残られ、非常に感銘を受け、今回、SHIZENヨガスタジオでの、ティーチングスキルのクラスが開催される運びとなりました。 

多くのインストラクターは、自分自身のための練習はもちろんのこと、よりよいクラスのために、学び続けていると思います。アイアンガーのシニアヨガインストラクターであるガブリエラ先生から直接学ぶ貴重な機会です。アライメントベースのヨガを教えていらっしゃるみなさま、ご参加をお待ちしております。

ティーチングスキルクラスに参加するには、条件がございます。詳細、条件等については、ワークショップのページをご覧ください。