June 2014


ケイコです。

先日はドミニカ先生のお誕生日でした。充実した一週間のリトリートを終えて、フィレンツェに戻り、新旧の友人たちとお誕生日をお祝いしました。

image14.jpg

暇があればすぐにヨガ談義となり、リトリートの話や自分たちの 練習の話となります。ガブリエラ先生はもちろんのこと、ドミニカ先生たちがどんなに熱心にそして情熱的にヨガを練習し、勉強しているかが、分かります。

image15.jpg

夕食はSHIZENの生徒さんお勧めのトラットリアで、みんなで食事しました。ドミニカ先生もとってもたのしそうでしたよ。毎日、ヨガをして、美しいものをみて、多いに笑い、食事も美味しくて、本当に素敵な2週間となりました。 

 image18.jpg

Dominica, Happy Happy Birthday!

ケイコです。 

image5.jpg

ただいま、ドミニカ先生とガブリエラ先生とパトリシア・ワーデン先生のリトリートに来ています。

 image7.jpg

フィレンツェでガブリエラ先生のスタジオでセルフプラクティスをしたり、街の美しさに感激し、ガブリエラ先生のだんなさんのおいしい手料理やエスプレッソを堪能し、町でおいしいピザを食べたり、ジェラートを食べたりしました。

image8.jpg

そして、ただいま、フィレンツェから少し離れた、葡萄畑に囲まれたヴィラで、ヨガ三昧です。いろいろな国から、80人もの生徒さんが参加しています。練習はもちろんのこと、ガブリエラ先生のおもてなしとトスカーナの雰囲気にも感激しています。

 2人で、ここはヨガを練習する人にとっての天国だね、と話しています。

ケイコです。

日曜日の朝月一回行われる「セルフプラクティスを確立する」のクラスでは、決められたシークエンスを自分たちで練習していきます。自分で練習しようとするときに、まず最初にぶつかるのが、何から始めていいか分からない、と思う生徒さんが多いからです。恐々始めて見たものの、「間違ったシークエンスをしてしまったら、怪我してしまうのではないか、と思い、やめてしまった」、という話も多々聞きます。そこで、20分から1時間のシークエンスを配り、インストラクションなしで各自のペースでおこなっていきます。土台となるシークエンスがあることで、練習しやすくなります。多くの生徒さんが冷蔵庫にシークエンスの紙を貼ったり、手帳に貼ったりして、定期的に練習していると報告してくださいます。まずは安心して練習できる、というのがとても大切です。

この間、ある生徒さんがクラスに来てくださいました。私が「セルフプラクティスを確立する」のクラスを始めた2年ほど前だったでしょうか。特別クラスのセルフプラクティスに一回参加された生徒さんでした。海外に行かれることになって、知らない土地でヨガスタジオがあるか分からないので、どうしたらいいか、とサチコ先生に相談したら、「セルフプラクティスを確立する」のクラスを勧められて、参加してくださったのです。そして、そのときに配られた1枚のシークエンスのプリントをポーズの本に貼り、海外にいた間中、ずっとずっと練習し続けて来られた、と。「もう紙もくちゃくちゃになっちゃったんですけど、他のシークエンスも分からなかったので、とにかくそれだけやっていたんですよ」「シークエンスのなかにあった戦士のポーズはずいぶんとできるようになりました」と嬉しそうにご報告くださいました。

セルフプラクティスが活かされている、と実に嬉しくなるお話でした。

ケイコです。

スタジオでの楽しみの一つに、SHIZENヨガインストラクター有志で集まり、練習することがあります。ドミニカ先生がリードして、一緒にアームバランスをがんがん練習したり、ワークショップの復習をして、ワークショップを指導してくださって先生方のティーチングの素晴らしさを再認識したり、時にはお腹をゆるめるアーサナで至福のときを感じたりします。

blog22.JPG

ドミニカ先生の厳しく暖かい指導が入り、何のアクションが大切だったか、話し合い、それをするにはどんな道具をどういう使い方をすればいいのか工夫して、みんなで試してみたり、先生が「ケイコにはこういう傾向があるから、こういうアジャストが有効」「ムツコの場合は、こうなるから、こっち」とそれぞれに必要なアクションをみてくださいます。そうすると、自分の練習のみならず、自分がクラスをするときに、見えてくるものが変わってきます。

blog23.JPG

時にスタジオは、アーサナの練習だけではなく、マネージメントや先生たちの仕事場になったりしています!

blog24.JPG

みんなの練習と笑いと愛に満ちたSHIZENヨガスタジオです。まだいらしたことのない方、ぜひ一度足をお運びください。

ケイコです。

本日から、ドミニカ先生とケイコがヨガの研修のため、しばらくお休みします。その間、特別クラスがたくさん行われます。

今週、来週と行われるヨシコ先生による、「プロップスキル ヨガ用の椅子を活用する 」やムツコ先生による「骨と筋肉のヨガ」など興味深いクラスが目白押しです。また、レイコ先生も「ストレッチ&リニュー」のクラスをされますので、この機会に是非クラスを受けに来てください。詳細は特別クラスのページまで。

また、普段クラスを受け持っているムツコ先生とヨシコ先生、レイコ先生のほか、3人の新しい先生方が代行してくださり、SHIZENヨガスタジオでのティーチングデビューをされます。皆さん、長年、SHIZENヨガスタジオの生徒さんであり、またドミニカ先生のアシスタントをされているので、ご存知の方も多いと思います。ミキコ先生、タマミ先生、マリ先生です。みなさま、ぜひ、クラスにいらしてくださいね!

マリ先生とミキコ先生

blog21.JPG

タマミ先生

 blog20.JPG

皆さまのお越しをお待ちしております!

ケイコです。

先週、ドミニカ先生による「子宮筋腫のためのヨガ」に参加しました。実に大勢の生徒さんが参加され、皆さん、興味があることが分かります。 

blog11.JPG

クラスは、まず子宮筋腫とはなにか、の説明から始まりました。現代の女性の責任や役割は、いまだかつてなく重くなっている、と。女性は今まで男性の分野だったことにまで進出したが、男性は必ずしも女性の分野に進出してこなかった。そのため、女性の責任が増え、ストレスも増加している、という説明にうなずかれる生徒さんも多かったのではないでしょうか。そして、クラスでは、筋腫を持ちながら、その成長に応じて、適応していくために役立つアーサナを練習していきました。

それはどれも、お腹を緩め、お腹に空間を作るものだったので、もうずっとポーズを取っていたいくらい気持ちがいいものばかりでした。最初は、ついつい、「リストラティブヨガのクラスでもやりたいな」などと、職業脳が働いてしまっていたのですが、だんだんとただただ、ポーズの心地よさに浸かっていきました。

皆の熱意に応え、ドミニカ先生の「伝えたい」という気持ちがあふれ、30分ほどクラスは延長となりました。

さて、SHIZENヨガスタジオでは、女性特有の問題を緩和するために役立つ「女性のためのヨガ」 が開催されています。火曜日13:00からチカ先生による「女性のためのヨガ」そして、ヒサコ先生による特別クラスも下記のとおり、開催されます。皆さま、ぜひお越しください。

6月28日(土)15:00-16:30  ヒサコ先生 女性のためのヨガ「生理中のためのヨガ」
7月26日(土)15:00-16:30  ヒサコ先生 女性のためのヨガ「生理後のためのヨガ」

詳細、ご予約は特別クラスのサイトから。

ケイコです。

ある日、クラスが終わって、マットを元に戻していた生徒さんたちが、「あ、なんだかマットが落っこちてきそうで、危なくない?」と。そして、みんなで、実に気軽に、ぽんぽんとマットを一つ一つ下ろし、くるくるっときれいに畳みなおして、元に戻してくださいました。

 blog03.JPG

blog04.JPG

 

ヨガの効果って何でしょうか? 

ヨガを練習すると、体が柔らかくなったり、筋力がついたりします。今までやったことのないポーズに挑戦して、難しいポーズができるようになるかもしれません。しかし、それよりもずっと大切なことを、こうして皆さんが実践されるのを見ていると、じーんとしてしまいます。ヨガマットからおりても、ヨガは続きますね。

ケイコです。

蒸してきましたね!スタジオではヨガパンツの夏物を履いている生徒さんが増えてきましたよ。 脚の筋肉、膝の動きが見えるので、ヨガをしていると、だんだんと、半ズボン派が増えてきますね。こちらのヨガパンツは、アトリエたいようさんのもの。スタジオでも販売しておりますので、よかったら、お手にとって、ご覧ください。

blog01.JPG

ケイコです。

今期、水曜日にチカ先生とヒサコ先生による、産後ヨガインストラクターディベロップメントのクラスが行われています。そのクラスに参加されている生徒さんが、いかにこのコースが楽しいのか教えてくださいました。Cさんどうもありがとう!!

—————————————————————————————————————————

image.jpg

このクラスに参加したきっかけは二つあります。

ひとつは自分自身のヨガをはじめたきっかけがマタニティヨガだったこと。当時診てもらっていた産婦人科にヨガのクラスが併設されており呼吸法の練習になればと通っていましたが、その時の印象はなぜかクラスを受けると気持ちが楽になることと、とにかくヨガをした後はよく眠れるということでした。

産後はすぐに職場に復帰したこともあり肉体的にも精神的にも慣れないことばかりで体調を崩すことが多く、気がつくと慢性的な気管支炎になっていました。復帰後は毎日2重保育の後、帰宅すると疲労困憊してしまい、今考えると赤ちゃんに対して「無感情」の状態になっていたときもありました。

そうこうしながらもどうにか子供達ははすくすくと成長し、やっと子育てに一つの区切りがついたこの春、シゼンのホームページで「産後ヨガインストラクターディベロップメントクラス」の「募集」を見つけました。私にとってのヨガの原点であるお産に関わるヨガを純粋に学びたいという思いと、少しほろ苦い思い出となってしまった産後の経験も生かして何か自分なりにお役に立てることができればいいなという思いでこのシリーズに申し込みました。

image4.jpg

週に1回の2時間のクラスは終日行われるワークショップに比べ、学んだことを自分自身が納得し理解する時間が持てるので、とても自分に合っていると思います。今は3回目を終えたところですが毎回のテーマをクリアにしてから次に進むことでどんどん次回のクラスが楽しみになってきました。

チカ先生とひさこ先生の授業は知識や理論をわかりやすい例やご自分のクラスでの体験談などをまじえて教えてくださったり、時にはポーズを取り合うことでその効果を実践的に体感します。

 image2.jpg

またお産をアーユルヴェーダと日本の伝統的慣習の両方から多角的に学ぶことができとても興味深いです。

そして何よりお2人の先生の愛情溢れるハートはクラスを開催するインストラクターとしての一番大切な核たるものであるということをひしひしと感じています。

久しぶりのシゼンでのシリーズクラスは想像以上に有意義なものとなりそうです。これからの授業が益々楽しみです。

image3.jpg

C