August 2013


ケイコです。

先週、日光でSHIZENヨガスタジオのヨガインストラクターが集い、リトリートを行いましたが、普段からインストラクターの勉強会があり、新たなポーズへのアプローチ、国内外のワークショップで学んだ知識をお互いにシェアし合っています。

前回のインストラクタークラスでは、「Facebookにドミニカ先生が載せていたラクダのポーズやってみたい!」とレイコ先生が言って、ドミニカ先生が教えてくださいました。

ropeustrasana.JPG

 また、サチコ先生が私のクラスに出てくださったときに行ったポーズをもう1回やりたい、とみんなで復習したりもしました。さらにここにサンドバックを置いたら、どうだろう、いやそれはちょっときつすぎるかも、とか、いろいろと試して感想を言い合います。症状にあわせて、どうすればいいのかも話し合いました。次は、サンドバックの置き方の練習と、次々とやりたいことが出てきて、あっという間に時間がたっていきます。

shizenstudy01.JPG

常に情熱をもって、勉強をし続けるSHIZENヨガインストラクターです。この時間がなんとも楽しいのでした。

ケイコです。

shizenretreat1301.JPG

Facebookにも写真がupされていますが、SHIZENヨガスタジオのインストラクターたちで、日光の妙月坊に行ってきました。緑豊かで、水の音がする日光のスタジオは、いつ行っても心が穏やかになります。

SHIZENのインストラクターたちが集まると、誰が何を言い出すわけもなしに、 気がつくと、みなセルフプラクティスを始め、夜は人によっては瞑想をし、朝起きると、呼吸法したり、朝ヨガしたり、ペアヨガしたり。各々で練習しているのだけど、それが静かなエネルギーとなって、お互いを支えあっていました。

もちろん、練習ばかりではなく、温泉にはいって、散歩して、おしゃべりして、草むしりして、今回はなんといっても皆がマッサージの技術を多いに発揮し、お互いにマッサージし合い、なんともリラックスムードのインストラクターリトリートとなりました。

 shizenretreat13021.JPG

9月から、SHIZENヨガスタジオでは、新しいスケジュールとなり、皆さまのお越しをお待ちしております。また、 秋期シリーズクラスのお申し込みは、8月25日(日)までとなります。お申し込みがまだの方は、ぜひどうぞ!

今回のリトリートでつくづく感じたのが、SHIZENヨガスタジオのインストラクターたちは、ヨガが生活の一部となっていて、自分たちが学んでいることを、感じていることを、みなに伝えたくてたまらないということです。そして、そのための学びを惜しみなく、熱心に行っています。

皆さま、ぜひ遊びに来てくださいね。インストラクター一同、楽しみにお待ちしております!

SHIZENヨガインストラクターによるYama、Niyamaの解説です。今回は、イネコ先生が書いてくださいました。 イネコ先生は、ドミニカ先生の代行をしてくださっています。

 inekotapas.jpg

「タパス」

タパスとは、熱心、厳しさ。

人生の最終目的に到達するためにいかなる状況下でも燃えるような努力をすること。

・身体にかかわることは: 禁欲(プラフマチャリア)、非暴力(アヒムサー)

・言葉に関することは: 言葉で他人を傷つけないようにし、神の偉大さをとき、結果にこだわらず真実を語り他人の悪口をいわない。

・ココロのタパスは: ココロが平静で安定しておりいつも自分をコントロールしている精神状態を育てること。

タパス

日本語でいうと修練。アサナの練習を身を焦がすように練習する。去年まではタパスをそう思っていましたが、去年から足を痛めてアサナの練習がまったくできなくなった時期が長くあり改めてタパスを考える機会を持ちました。すでにこのシリーズでサチコ先生がアヒムサーをそして牧野先生がプラフマチャリアを語って下さっていますがまさにこの両瓶が必要です。その両瓶があってこそタパスの教えが実戦できると思います。そしてカラダのタパスを突き詰めていけば言葉やココロのタパスもおのずと実践できるようになってくると思います。わたしにはまだ長い勉強の時間が必要です。

今日はここでいいたいのはみなさんの人生にもすでにたくさんのタパスの教えを学んでいるということです。子供時代を思い出して見ても特に学校生活では勉強や部活動、受験勉強。成人になっても社会、会社の中で金銭的なことやその中でのいろんな問題と向き合いながら生きていくことは子供も大人もまさにタパスの教えを特別なことではなく日々、学んでいますよね?時には眉をひそめることもあると思いますが目をそむけず、自分を嫌わず、前向きに挑戦していくこと。そしてアサナやプラナヤマや瞑想の練習はそのことを教えてくれる師でもあると思うのです

マドカです。

「ヨガ」というと、頭に浮かぶイメージはどんなものですか?日常生活ではなかなかとらないポーズが思い浮かぶ可能性が高いと思います。では、心のヨガは、日常生活で普段しない動きを心にさせるのでしょうか?考えてみるとそうかも知れません。そうさせることによって、日常の心の動きに気付きやすくなることもあります。

5月〜8月の「心のヨガ」シリーズの初日に、参加者の皆に「疑問に感じることはなんですか?」と聞きました。答えは、「私のハムストリングはいつ柔軟になってくれるのかな」という疑問から、「私はなぜ生きているのか」、「誠実な人が不幸な目に会ってしまうのに、ズルをする人が得するのはなぜでしょう」、「自分の目標と今の自分とのギャップに苦しまないようにどうしたらいいか」、「なぜ皆が平和でハッピーに一緒に共存できないのか」、までさまざまな疑問が出てきました。

この疑問を題材にして、毎回一つをテーマとしてとりあげて、正解を見つけるというよりは、自分がどのように考えているかに気付く時間、そして、自分を縛っている考えに気付いて、そこから解放されるための時間になるように心掛けています。

9月からの「心のヨガ」シリーズクラスでは、具体的にどのテーマにするかは、参加者次第ですが、心の解放につながるテーマにしたいと思っています。心とつながりやすくなるために体を軽く動かして、呼吸法や瞑想をし、そして黙想・シェアリングの時間を持つというのがクラスの大体の流れです。人生の疑問を分かち合って、理解を深める仲間に恵まれることが、このシリーズの大きな魅力です。

ご関心のある方、是非ご参加ください。

土曜日 17:00―18:30
9/7,28, 10/5,12,19,26, 11/16,23,30, 12/14,21(全11回)
28,500円(スタジオ申込/お支払 29,500円)

詳細はシリーズクラスページから。

秋期シリーズクラスのお申し込みは8月25日 (日)までとなっております。

秋期のシリーズクラスから始まるクラスがいくつかありますので、ご紹介します。シリーズクラスの詳細、お申し込みはこちらから

月曜日13:00-15:00
ドミニカ先生 ティーチングスキル (全6回)

こちらはインストラクター向け、もしくはティーチャートレーニングを現在受講中、もしくは卒業した方向けのクラスです。 ティーチャーとレーニングを卒業し、教え始めると、次々と疑問が湧いてきませんか。より効果的かつ安全な指導法をするにはどうしたらいいのか。生徒さんの体のどういうポイントを観察した方がいいのか。インストラクター仲間とともに学び、ティーチングスキルをあげていきましょう。ドミニカ先生の確固とした練習と経験に基づいた指導法とユーモア、そして哲学のすべてを堪能できるコースです!

水曜日9:00-10:30
ドミニカ先生 ベーシック2 (全16回)

現在、ベーシック1のクラスがベーシック2へとレベルを変えて行われます。新しい生徒さんたちもぜひ、ご参加ください。

日曜日7:00-8:30
ケイコ先生 プラナヤマ 呼吸法 (全4回)

月1回朝クラスです。呼吸法のクラスというと、難しい、自分には出来ない、ずっと座っていて、しんどかった。というイメージがある方も多いようです。 呼吸法をはじめて行う方でもアクセスしやすいようなクラスにしていきます。呼吸法の基本の基本から行う予定です。私自身は、ロサンゼルスにいたとき、ティーチャートレーニングの一環で、週に1回皆で朝つどい、呼吸法を行い、心が穏やかになったり、頭がものすごくクリアになったり、という経験をしました。朝のプラナヤマ、お勧めです。

日曜日13:00-14:30
ムツコ先生 ベーシック0 (全5回)

ヨガを始めるにあたって、日曜日に毎週クラスに通うのは難しいけれど、シリーズクラスで基本をしっかりと学びたい、という方にうってつけのクラスが出来ました! 全5回という通いやすいクラスとなっています。その気さくなお人柄と、熱心だけれど、生徒さんひとりひとりに合わせた適切な指導法で人気のムツコ先生が担当されます。マットの引き方、道具の使い方をはじめ、ポーズや身体の使い方の基本をともに学んでいきましょう。ヨガ初心者の方大歓迎です!

SHIZENヨガインストラクターによるYama、Niyamaの解説です。今回は、SHIZENヨガスタジオの元気印、レイコ先生が書いてくださいました。この壁画もレイコ先生が描かれたものなのですよ。レイコ先生は、水曜日と土曜日にベーシック1を教えていらっしゃいます。 

「サントーシャ」

santosareiko03.jpg

知足。満足すること。

今の社会、がんばり続けることが良いとされ、実績重視でお給料はそれに比例して変わるのが普通になってきています。

ゆとり教育で「勉強ばかりやらなくてもいいんだよ」「ナンバーワンよりオンリーワンだよ」と育てられた世代は「あれは何だったのだろう??」と思っているはず。1つの目標を達成したらすぐに、次はこれ、、その次は、、、と次から次に課題が現れ、どんなにがんばっても、いくら進んでもゴールは見えない。そうやって ずっと未来を切望し続けることが 成長に繋がる、、というのが社会的通念となってきているように思います。

これに慣れると 私生活でも1つ何かを手に入れると、それはすぐに当たり前の存在となり、条件反射のように次を欲するようになっていきます。

禅僧であり平和運動家、詩人でもあるティクナット・ハン氏の僧院では、一日に何度か鐘が鳴り、その度に何をしている人も一度動きを止めて、3回深呼吸をするそうです。

サントーシャを実行する為には まずは一度立ち止まって自分が今持っている物を確認することからはじめたら良いと思います。

今、自分にあるもの、家族、友人、仕事、健康、知恵、財産など、それが有ることを認識し直すと 自然に感謝の念がわいてきます。一回につき、そのどれか一つに焦点を絞って考えても良いと思います。

何か新しいものを手に入れたら、手に入れたそれ自体だけでなく、それを手に入れる経緯に関係した人を思い出してみます。何かが去っていったら、それが過去にあったことにより、今の自分があることを想います。感謝している自分を感じる時間を持ちます。

車窓からの美しい風景は、一瞬で過去の物になり忘れてしまいます。結婚したときあんなに仲が良かったパートナーも「この人がいなければ自由な時間がもっとあるのに」と思ったり、就職したとき「やったー」と飛び上がって喜んだ会社も「他の選択肢をもっと見ればよかった」と後悔したりする。

サントーシャは感謝の念。
自分にすでに有る物に感謝の気持ちを持つこと。
自分から去ってゆく物に追いすがらないこと。
感謝の気持ちを持つための時間を持つこと。

ヨガの練習でも 時には 新しいポーズに挑戦するかわりに、力を抜いて「しないこと」をしてみて下さい。自分の中にある空間を見つめてみて下さい。水に沈めたコップが水で満たされるように、そこに呼吸が入ってきて、自然に 強さや幸せが沸き上がってくるのが感じられると思います。

ケイコです。

今年のヨガフェスタは、9月21日(金)、22日(土)、23日(日)です。今年は、SHIZENヨガスタジオから、ドミニカ先生が3クラス、ムツコ先生が1クラス参加されます!詳細はこちらから

ドミニカ先生

9/21 15:00-16:30   アライメントの基本
「骨が互いに、又はからだ全体との関係性において調和していること、これをアライメントと呼ぶ」- BKSアイアンガー ヨガの基本は生涯において質のよいヨガの練習を造るために最も重要な土台となります。 このクラスでは、より正しく立位や座位のポーズをとるために必要となる役立つ基本的なアライメントのポイントを学びます。クラスではプロップスの使い方も紹介し、多くのポーズをとる時の必要となるふくらはぎ、ハムストリング、腰の問題に取り組んでいきます。

9/21 11:00-12:30   首と肩のためのヨガ
緊張を抱え悪い姿勢で過ごしがちな現代のライフスタイルが、首や肩周りの硬さや、痛み、怪我等をつくり出す原因になっている事も少なくありません。このクラスでは、首と肩の柔軟性、強さ、健やかさの作り方を中心に見ていきます。必要に応じたプロップスの使い方や、首・肩周りに関連したアサナでの正しい働きと、より可動性を高めるための方法や応用を学びます。

9/22 16:30-18:30    ヨガを人生に生かす
このワークショップクラスでは、心と体、意識の関係性を探ります。アライメントベースのアサナの練習の中で、プラティヤハーラ、ダーラナを含むヨーガの哲学、ヴェーダンタの知恵を織り交ぜ、心のパターンと身体の関係を見つめます。「私は誰か?− 観察者なのか、観察される者なのか?」という問いを胸に、より目覚め意識を高めていく練習をします。

ムツコ先生

9/23 10:30-11:30  むくみ解消ヨガ 
初心者からでも、わかりやすく丁寧にアサナをお伝えして行きます。リンパ節をよく刺激し、手足の隅々までよく使い伸ばしていきましょう。

毎年多くの有名な先生が参加されるヨガフェスタ。楽しいですよ!皆さまにお会いできること、楽しみにしております。 

ヨガフェスタ横浜 2013

ケイコです。

秋期シリーズクラスのお申し込みが始まりました!

sy-e0362.jpg sy-e0371.jpg img_1783_4.jpg

シリーズクラスは、3、4ヶ月にわたり、事前にお申し込みされた固定のメンバーで行われます。どのクラスでも、皆、集中して、熱心に学ばれています。継続してヨガを練習する非常にいい方法ですよ。毎週または毎月、同じメンバーが参加するので、インストラクターも生徒さんのアーサナの特徴や何を必要としているかを理解し、生徒さんたちに伝えやすくなります。

以下、過去のブログから感想文のいくつかをピックアップしましたので、ご参考にされてください。 (感想は過去のシリーズクラスのものですので、日時、内容などは異なりますので、ご注意ください。)

ケイコ 「セルフプラクティスを確立する」 感想  part 1 part 2
ナオ先生「ゆったりヨガ」感想 part 1 part 2
ムツコ先生 「月曜日ベーシック1」感想 part 1 part 2
チカ先生、ヒサコ先生「マタニティヨガ インストラクターコース」 part 1
ケイコ 「木曜日ベーシック2」 感想 part 1 part 2
マキノ先生クラス 感想 part 1 part 2
マドカ先生 「心のヨガ」感想 part 1 
ケイコ 「1ポーズ集中講座」感想 part 1

その他にも数多くのクラスが開催されています。詳細はシリーズクラスのページをご覧ください。

sy-e0148.jpg sy-e0199.jpg sy-e0337.jpg

なお、複数のシリーズクラスをお申し込みになる場合、参加費の合計をまとめてお振込みいただけます。その場合、すべてのお申し込みを終え、クラスの開催が確定しお振込みのお願いのメールが来てから、お名前とどのシリーズクラスを受講されるか明記してinfo@shizenyoga.comにお送りいただくようにお願いします。

例:

2つのシリーズクラスをまとめて振り込みました。
自然花子

1.火曜日9:00-10:30 中級 ドミニカ先生
2.金曜日19:00-21:00 瞑想への紹介 マドカ先生
合計 57,000円 

お申し込みは8月25日 (日)までとなります。お早めにお申し込みください。