March 2013


ケイコです。

SHIZENヨガスタジオでは、土日、祝日を中心に特別クラスが行われています。土曜日の今日(3月30日)15:00-16:30は、ドミニカ先生による特別クラス「私は誰なのか? スワディヤーヤ ヨガ哲学」があります。 坐学です。インドから帰っていらしたドミニカ先生のお話を聞きにいらっしゃいませんか。ミキコさんによる通訳がつきます。

3月の日曜日には、ジョン・モンロー先生を招いて、特別瞑想クラスがありました。カナダ出身の先生は、2001年から東京で瞑想法を教えられています。その日に参加されたカオルさんが感想を書いてくださいました! 

johnsensei02.JPG

————————————————————————————————————–

瞑想ってよくわからない〜、瞑想って何なんだ?座っていると足は痛くなるし。。。と、今まで瞑想にあまり興味を持てず家で瞑想するなんて考えたこともなかった私。こんな初心者で大丈夫かしら?と思いながらジョン先生のメディテーションのクラスに参加しました。

どんな感じでクラスが進んでいくんだろうと始めは少しドキドキしましたが、

ジョン先生の「悟りを開くために瞑想する。」「自分のマインドの躾をする。」

など瞑想の前後での例え話を交えながらされる話ががとてもわかりやすく、その一つ一つが自分の中にストンと落ちてきてしっくりおさまり、そのおさまった感が良かったのか、瞑想で今まで感じたことがない「いまここ」を感じることができ、瞑想後は幸せ〜な気持ちになりました。

また、自分をビルのように大きくしてみるという瞑想中には、聞こえてくる電車の音、カフェの食器を片付ける音、小鳥のさえずり、車の音がいまここにいる自分と一体になる感覚が生まれ、普段騒音と感じる音であっても捉え方を変えると心地よく感じるんだと気付きました。

ジョン先生のクラスに参加しこの幸せ〜な気持ちや心地よさを感じたことがきっかけで、短い時間ですが家で瞑想をするようになりました。家でなんか絶対できないと思っていた瞑想ですが、テレビを消し、ラグマットを引き、目を閉じ瞑想する時間が生まれました。これからもこの時間を大切にしていきたいと思います。

カオル

—————————————————————————————————————–

瞑想が生活の一部になる、すてきですね!カオルさん、本当にありがとうございました。

新シリーズクラスの受付が始まっています。その他のシリーズクラスは4月6日(土)よりお申し込みが始まります。

複数のシリーズクラスをお申し込みになる場合、参加費の合計をまとめてお振込みいただけます。その場合、すべてのお申し込みを終え、クラスの開催が確定しお振込みのお願いのメールが来てから、お名前とどのシリーズクラスを受講されるか明記してinfo@shizenyoga.comにお送りいただくようにお願いします。

例:
2つのシリーズクラスをまとめて振り込みました。
自然花子
1.火曜日9:00-10:30 中級 ドミニカ先生
2.金曜日19:00-21:00 瞑想への紹介 マドカ先生
合計 57,000円

ケイコです。

(1ポーズ集中講座は定員に達しました。ありがとうございます。4/5追記)

5月から8月までの春夏季シリーズクラスから始まる4つの新シリーズクラスのお申し込みが始まっています。

月曜日19:30-21:00 ベーシック1 ムツコ先生
水曜日15:00-17:00 マタニティヨガ インストラクターコース  チカ先生&ヒサコ先生
金曜日 19:00-21:00 Journey of Discovery 1: 瞑想への紹介(全5回)  マドカ先生
土曜日 15:00-16:30 1ポーズ集中講座(月1回全4回) ケイコ (定員に達しました。4/5追記)

私も土曜日月1回の新シリーズクラス「1ポーズ集中講座」を開講します。月1回ですので、受講しやすいかと思います。

1pose01.JPG

3月20日(祝・水)チャリティデイにも、「前屈 自分を見つめる旅」というワークショップを行いましたが、私はよくワークショップ形式のクラスをやります。テーマクラスのときには、特に念入りに事前にシークエンスを考えます。そのとき、たいてい、これもやりたいあれもやりたい、このヴァリエーションをやったら、理解しやすいだろう、ペアワークはこれがいいな、と今まで自分が勉強してきたこと、過去に習ってきたクラスを思い出しながら、シークエンスを考えます。たいていの場合、すごく長くなってしまい、このままだと3時間クラスだなあ、と思い、一つ一つ吟味しながら、そのクラスに必要なものだけを残していきます。

そんなときに思いついたのが、1ポーズ集中講座です。1つのポーズをテーマに1時間半やったら、そのポーズへの理解が深まるだろうな、と思ったのがきっかけです。1つのポーズにフォーカスすることによって、そのポーズに必要なアクションをその日のテーマのポーズのヴァリエーションやペアワーク、道具を使って、学ぼうというクラスです。1つのポーズを深く掘り下げ、その背景を探り、構造を分析し、そのポーズから感じとる感覚を体感していきます。おそらくマニアックで、面白いクラスになると思います。

テーマとするポーズは基本ポーズから応用ポーズまで、1回1ポーズ、立位、後屈、逆転、座位、リストラティブポーズからまんべんなく選ぶ予定です。対象となる方はベーシック2以上の方としています。ベーシック1のクラスに参加されている方でご興味のある方は、ケイコのオープンクラスに参加され、ご相談ください。 

詳細お申し込みは、イベントのシリーズクラスページから。

皆さまのご参加を楽しみにお待ちしております。

ケイコです。

(定員に達しました。ありがとうございます。4/12追記 )

3月25日(月)レスリー・ハワード先生のワークショップのお申し込みが始まります。

leslie.jpg

昨年、ラマナンド・パテル先生とご一緒に来日され、SHIZENヨガスタジオで、骨盤底筋のワークショップをされました。ドミニカ先生もたいへん感激され、今年もまたワークショップが開催される運びとなりました! 

ワークショップ後、その分かりやすく、かつ深い骨盤底筋の理解に、参加者の皆さんから、「目からうろこだった」「骨盤底筋がこんな体のいろいろな部位と関係しているとは思わなかった」「自分の体なのに、今までまったく理解も意識もしてなかった。理解してから、体の使い方が変わった」と本当にわくわくとした声を聞きました。

昨年ご参加された方も初めての方も是非、ご参加ください。詳細はこちらのワークショップのページから。

レスリー・ハワード先生特別ヨガワークショップ

5月18日(土) 19:00-21:30
骨盤底筋への意識とヨガ パート1

5月19日(日) 18:30-21:00 
骨盤底筋への意識とヨガ パート2

また、今回先生は腰のためのワークショップもされます。

5月19日(日) 15:00―17:30
不機嫌な腰との付き合い方 全レベル

お申し込み:
ワークショップの詳細・お申込みはワークショップページをご覧ください。
お申込は2013年3月25日(月)からです。 

ケイコです。

タオルの忘れ物がたいへん増えております。タオルの写真は取っていませんが、そういえば、最近あのタオル見かけないなあ、と思う方がいらっしゃいましたら、忘れ物バスケットをのぞいてみてください。

その他の忘れ物はこちらになります。

wasuremono1303.JPG

黒と灰色のパンツ、きれいな青色のマフラー、黒いグローブ、髪留め、白いカーディガン、滑り止めの効いた黒い靴下、青い靴下 

ケイコです。

今日は風が強いですね。春夏季シリーズクラスに4つの新しいコースが始まります。こちらの4クラスは3月25日(月)よりお申し込みが可能になります。その他のシリーズクラスは、4月6日(土)からお申し込みとなります。詳細はこちらから。

月曜日19:30-21:00 ベーシック1 ムツコ先生
水曜日15:00-17:00 マタニティヨガ インストラクターコース  チカ先生&ヒサコ先生
金曜日 19:00-21:00 Journey of Discovery 1: 瞑想への紹介(全5回)  マドカ先生
土曜日 15:00-16:30 1ポーズ集中講座(月1回全4回) ケイコ

今日は、月曜日のクラスを担当されるムツコ先生からメッセージをいただきましたよ!
———————————————————————————————————————– 

 mutsukogabu01.JPG

大好きなガブリエラ先生と。左がムツコ先生

5月より月曜日19:30スタート、ベーシック1担当のむつこです。

このクラスでお伝えしたいことは、ヨガのアサナにおける基本のアライメント(正しい姿勢)のお勉強ももちろんのこと(シリーズクラスの説明で書いてあるとおりです)、みなさんがご自分の身体のことを、どう発見していくかもお伝えして行きたいと思っています。長い間自分の身体と一緒に過ごしているからそれが当たり前となり、自分のことなのに、案外わかっていないことが多いです。私もヨガを通じて、実感したことです。ほぅほぅなるほど、こういうことねー♪という感想を自分で持つたびに、嬉しくなります。

この自分の発見はとてもおもしろく、この感覚をみなさんと分かち合いたいと思っています。

みなさんと一緒に自分自身の発見のために、オープンクラスではお伝えしきれない、解剖学を踏まえた基本からの身体の使い方や、ヨガ哲学の基本も少しづつお伝えしていこうと思っています。

5月からの月曜日夜19:30クラスでお待ちしています!

今日は5月に開講する新しいシリーズクラスマタニティヨガ インストラクターコースをご紹介します。

mtt.jpg  tuchiya.jpg

講師は、12年のマタニティヨガ、産後ヨガ講師経験を持ち、怪我の対処法、養生法に詳しい金澤誓子(チカ)先生とマタニティヨガ、産後ヨガの講師であり、アライメントの知識豊富な神田尚子(ヒサコ)先生。

チカ先生は2人のお子さん、ヒサコ先生は3人のお子さんの母でもあります。今までの経験を活かし、SHIZENヨガスタジオで様々なマタニティヨガのクラスを行って来ました。その質の高さは、多くの妊婦さんから支持され、出産後多くのママ達が続けて産後のクラスにも通ってくださっています。

マタニティヨガを教えるには、専門的な知識が必要です。このシリーズクラスでは妊婦さんが安全にヨガのクラスに参加する事ができるように、妊娠中の身体が必要とするものは何かを知り、どのように身体の変化に気を配れば良いのかをしっかり学びます。出産の経験は問いません。

全12回の包括的なクラスには、月齢に対応する練習方法はもちろん骨盤底筋群やマタニティの為のアーユルヴェーダ、生活法やメンタルマネージメントなどが組み込まれています。受講する事で、より妊娠期間を有意義なものにし、またそのお手伝いができるようにも構成されています。私達が女性の体をより深く理解していく事は、自身の体を尊敬し、今ある命の尊さを知る事に繋がります。それはまた、私達自身を通して次の世代へ継承して行くという大きな役割をも担っています。

また、スペシャルゲスト講師に、助産師、土屋麻由美先生をお迎えし、母体の仕組みや胎児との関係などをより分かりやすく専門的に解説していただきます。

土屋先生は、自然なお産と母乳育児を望む多くの妊産婦さん達に自宅でのお産や助産院でのお産を介助されてきました。土屋先生との出会いは彼此10年以上前でした。スタジオオーナーであるドミニカ・セリガノの子供と、金澤誓子の2人の子供の出産を介助し、長年沢山の赤ちゃん達をとりあげたマタニティのスペシャリストです。産むという自然を一緒に考え、安全に産むための体作りも行っている方です。日々、助産婦として命や性と関わってこられ、子供達の命の性教育にも力を注がれています。

麻の実助産所

出産はゴールではなくスタートです。人として、女性として、大きく成長する時が母となる時かも知れませんね。その時を支えるマタニティヨガの講師になりませんか?

これは今までには無い、マタニティヨガのインストラクタークラスです。この特別なSHIZENヨガスタジオシリーズクラス、マタニティヨガインストラクタークラスに是非たくさんの方が受講されますことを心から楽しみにしています!

詳しくはシリーズクラスのページ、または下記をご覧ください
(more…)

昨日3月11日、各地で追悼式が行われました。SHIZENヨガスタジオでも、その日をチャリティデイとし、またレイコ先生とサチコ先生による想いをシェアする会がもたれました。また、3月20日(祝・水)にも、チャリテイデイが行われます。

マドカ先生が文章をお寄せくださいました。お読みください。 

(English follows)

昨日、牧野先生の合宿に行きました。そこで、3.11から2年たって、亡くなった方を「追悼する」ことはどういうことかを黙想しました。

私は、大震災を経験して、たくさんの人が亡くなったと知って、「悔いのない人生をおくりたい」と強く感じました。亡くなった方のおかげで感じたことだと思っています。まさに悔いが残らないように生きることこそ、追悼だと思いました。2年前の今日、「今日死ぬ」と思わなかった人たちがたくさん死にました。私がその中の一人だったとしたら、例え亡くなった2年後の時点で「どう追悼して欲しいか」と聞かれたらた、「精一杯生きて欲しい。悔いが残らないように生きて欲しい。人の評価のためや、人の夢や期待をかなえるために生きるのではなく、自分が中から輝く人生を生きて欲しい。」と言うでしょう。

津波と地震で何千人が亡くなった時、たくさんの人が人生の中の優先順位を改めたと思います。非常にパワフルなメッセージが日本中に広がったと思います。そのメッセージが無駄にならないように、私は改めて決心します。亡くなった方へ感謝を持って、残っている人生に悔いが残らないように生きていきます。自分なりの輝きを周りと分かち合って生きていきます。これは、既に亡くなった方への追悼であり、今自分の周りにいる人のためでもあり、今後生まれてくる人のためにも最大に出来ることだと思っています。

(more…)

ケイコです。

今年は花粉症がひどいようですね。今日のベーシック1のクラスでは、20数名の生徒さんのうち、半数以上が花粉症でした。特に今日は黄砂の影響もあって、 皆さん、マスク姿で登場、鼻ぐすぐす、目ウルウルの方も多かったです。

私の師匠のマーラ・アプト先生は、アレルギーを含めた鼻炎には、リストラティブ系の逆転のポーズが必要と言っていました。そしてポーズを取るときに、肩甲骨を頭から引き下げ、胸の方に持ってくることによって、肩甲骨を胸の裏に戻すことが大切となります。今日は、私のベーシック1のクラスでも、ヘッドスタンド、ショルダースタンドに向けて、肩周りをほぐしていきました。

ネティポット(鼻洗浄)も手助けになると聞いています。ご興味のある方は、 以前、ドミニカ先生がネティポットを紹介されている記事をぜひご覧ください。

そして、ヒサコ先生が3月16日(土)、19日(火)その名も「花粉症のためのヨガ」 をされます。皆さん、ぜひご参加ください。

花粉症のためのヨガ(全レベル)
ヒサコ先生

2013-03-16(土)15:00-16:30(1.5時間)
2013-03-19(火)9:00-10:30(1.5時間)

 夜より昼が少しだけ長くなり、春の訪れに心和む頃ですが花粉症の方にはちょっと辛い季節でもあります。 このクラスでは花粉症を乗り切るための身体の使い方と、花粉症を和らげていくのに効果的なポーズを行います。日本では、5人に1人が花粉症と言われている今、自身は花粉症ではないけれど、身近な方に対策を教えてあげたいという方のご参加も歓迎します。   

ケイコです。

レイコ先生による壁の絵が完成間近です。とってもきれいなんですよー。まだコーティングがされていないので、完成までこちらの壁は触らないようにお願いいたします。完成が楽しみですね!

reikowallpicture01.JPG

さて、今日は、アイアンガーヨガサイト から、ポーズ名をご紹介します。今回は後屈のポーズねじりのポーズです。

 以下はポーズのカタカナ表記、あるものは日本語名(通称)。

Viparita Dandasana - ヴィパリータ・ダンダーサナ - 逆さまの杖のポーズ
Ustrasana  - ウシュトラーサナ - らくだのポーズ

Parsva Virasana - パルシュヴァ・ヴィラーサナ- ヴィラーサナのねじりのポーズ
Bharadvajasana - バラドヴァジャーサナ
Bharadvajasana on chair - 椅子を使ったバラドヴァジャーサナ
Utthita Marichyasana - ウッティタ・マリチアーサナ
Marichyasana  - マリーチアーサナ

Next Page »