November 2012


ケイコです。

SHIZENヨガスタジオでは、体を動かすアーサナのクラスのみならず、マキノ先生、マドカ先生による瞑想のクラスもあります。そして、そのクラスを取るSHIZENのインストラクターも多くおります。今日は、サチコ先生が瞑想についての先生の体験をお寄せくださいました。

SHIZENヨガスタジオ自慢の瞑想の先生方です。皆さまもぜひ、ご体験ください。マキノ先生、マドカ先生によるオープンクラス、シリーズクラス共に開催しております。(12月は、マキノ先生によるオープンクラスはございません)。冬期シリーズクラスのお申し込みは12月14日までです。お申し込みはこちらから。

また、大人気のサチコ先生のゆったりクラスは、月曜、金曜日11:00-12:30です。皆さまのお越しをお待ちしております。

—————————————————————————————————————————————

サチコです。

本来、動く事が好きな私はじーーっと座って留まる、という事自体ができませんでしたので「瞑想」なんてとんでもない!気分でした。でも体を動かせて気持ちのいいアサナ(ポーズ)の魅力にはハマり、ぼちぼちと練習を続けていました。そのうちに、自分の体が変わり始め、体が楽になり、自然とアサナをキープ中に「集中する」快感も発見。

体の中に起こる微細な変化に敏感になっていくと、自分の心の奥に閉まっていた感情や思いがどーっとあふれて出て来る事があります。日常生活に追われて、なーんとなく気がついてはいるものの、見ないようにしている、気になってはいるものの、後回し後回しにしている、心にひっかっかている事。

それが身の回りに何か問題が起きた時にいっぺんに「気になっている事」が根源にある事も一因で、混乱し解決がつかない状態になったりします。そして不安に苛まれたり。不要に自分を責めたり、なんとも「苦しいー!」となる訳です。最初のうちは自分はそんな物に振り回されない!と頑張ってみていたのですが、体はコワバルばかりでつらい!

それでちょっと、「座ってみる」ことにしたのです。マドカ先生に助言をしてもらいながら、、。そしていつも気になりながら参加できていなかったマキノ先生のクラスにも参加。

自分の心の状態や悩みを人前で話すことに抵抗がある時は強要はされないし、うまく言葉にならない時はそのままそれを言えばいい。いろいろなテーマを与えられてそれについて「考える」「感じる」ことを繰り返すうちに、だんだんと普段の生活の中での自分の行動や発言が無意識に変わって来る。物事の見え方もずいぶんと変わって自分が「楽」になってくる。その変化の面白さ。自分って面白いじゃん!!となってくるのです。マキノ先生からいただく「言葉」も自分にとって力やヒントになるのも感じられる。

私はまだ「座り」始めで長い旅が始まったばかり。瞑想のもつ深い部分まではとうてい及ばないので語れないのですが、今の自分にとっては瞑想は「ちょっと立ち止まって、視る、感じる」時間として生活の一部になりつつあります。

アサナで体のコンディションを無理なく整え、瞑想でこころのコンディションを無理なく整えながら、毎日の生活がその人にとって「しあわせ」なものになる、そんなヨガの良さを多くの人に知って貰えたら、と思うのです。

ケイコです。

naoyuttari.JPG

ナオ先生による、日曜日13:00-14:30のシリーズクラス「ゆったりヨガ」の感想を生徒さんが書いて下さいました。先生のクラスの特徴をとてもよく表しています。呼吸に意識を持ってくる先生のクラスに参加することによって、体も心も緊張がほどけて、心のなかの光を再発見する生徒さんも多いのではないでしょうか。写真からも楽しさがあふれ出ていますね!

シリーズクラスのお申し込みは、こちらから。

——————————————————————————————————–

腰痛で普通のヨガクラスがきつくなり、この9月からゆったりヨガに参加しています。ナオ先生の素敵なマントラで始まるクラスは、念入りに足のマッサージをしたり、アサナが形よりも呼吸が優先だったりと、今まで受けたクラスとはだいぶ様子が違っていました。

クラスではとにかく『呼吸』にヨガの動きを合わせることを意識していきます。アサナをとっているときに呼吸がラクにできているかどうか、そして、アサナの後で自分の身体がどう変わったかを感じていきます。私は今までずっと、ヨガをするときにアサナの形にばかりこだわってしまっていました。先生の言う通りの形に近づけようと、ちょっとずつ無理していました。気がつくと呼吸を止めてしまっていました。このクラスに参加するようになって、呼吸やアサナの心地よさを意識にすることができるようになってきました。クラスの後は心も身体も元気になっています。

ナオ先生は「自分で自分自身のケアをできるようになること」が大事だと言われます。クラスで習ったことを、家でもできるようにと、ヨガのメニューを考えてくださったり、簡単にできる身体のケアの方法を教えてくださるので、家でヨガをする時間が少しずつ増えてきました。「自分がヨガで元気になってエネルギーがいっぱいになると、周りの人にも分けてあげられる。エネルギーは高いところから低いところに流れていくから。」私も周りの人に元気を分けてあげられるように、心地よいヨガを続けていきたいと思います。

ジュンコ
———————————————————————————————————————–

ジュンコさん、すてきな感想どうもありがとうございます!皆さまのお越しをお待ちしています。

ケイコです。

11月23日より、冬期シリーズクラスのオンラインお申し込みが始まってます。今日は、ケイコの月1回、日曜日朝7時から8時半の「セルフプラクティスを確立する」のクラスの感想を生徒さんのキヨカさんが書いて下さいました。この月1回の朝のクラス、冬期は、1月6日より始まります。家でも自分の練習を確立されたいと思われている方に最適のクラスです。おかげさまで、多くの皆さまに興味を持っていただいてます。ご参加をお考えの方は、お早めにお申し込みされることをお勧めします。お申し込みはシリーズクラスのページから。

では、キヨカさんの感想をお楽しみください。キヨカさん、クラスの特徴をよくとらえた文章をどうもありがとうございます!周りの人のエネルギーに助けられながら、自分の空間があるすてきな時間ですよね。
————————————————————————————————————————-

今までの自宅での練習と言うとクラスに出た後の数日はやるけど1週間も経つ頃にはやらなくなってしまったり、日々の忙しさに追われてやる時間がなかったり、とっても気まぐれでした。「セルフプラクティスを確立する」シリーズクラスに参加しようと思ったのは気が向いた時にやるヨガではなくもっと自分の毎日の中にヨガを定着させたかったからです。

生徒さんそれぞれのペースで当日メニューを行ってゆくのですが、不思議と隣のマットの事が気になりません。他の人の動きや呼吸の音を感じながらも自分のマットの上が自分だけの空間であるような。ケイコ先生は生徒さんそれぞれの癖などをきちんと理解してくださってるので、自分が苦手だなと思うポーズの時には他の人の邪魔にならないくらいのボリュームの声で、なるほどそうか!というアドバイスをいただきながらセルフプラクティスを行う事ができます。始める前は周りの人のことが気になっちゃうかなと思っていたので、自然と自分と向き合う意識が生まれ集中できた事に正直驚きました

その不思議な感覚を家に持ち帰りたいと思い自宅でプラクティスを続けたところ、スタジオで感じたマットの上の感覚で行う事が少しずつできるようになってきました。
(more…)

ケイコです。

冬季シリーズクラスのお申し込みが11月23日(金)より、オンラインで始まります。新年をシリーズクラスで始めて、ヨガを習慣化しましょう!毎週、同じ仲間と行うヨガは、安定していて、心強いものです。今日は、冬季シリーズクラスから新しく始まるムツコ先生のクラスについて、先生がメッセージをお寄せくださいましたよ。

——————————————————————————————————

1月から新しく始まるベーシック1、シリーズクラスの担当するムツコです。

どのようなクラスになるか、シリーズクラス詳細にも書いていますが、ここにもう少し詳しく説明したいと思います。
このクラスタイトルはベーシック1ですが、オープンクラスで担当している、ベーシック0クラスをベースに考えています。新しくヨガを始める方や基礎を復習したい方のためのクラスです。道具の使い方やアライメント(正しい姿勢)の基本を丁寧に説明し、自分の身体、心、呼吸に向き合う方法をお伝えします。1時間半のクラスの中で、たくさんのアサナ(ポーズ)をするのではなく、基本の立位、座位のポーズの構造の説明を時間をかけて、みなさんにわかりやすく、また楽しくおつたえしていきたいと思っています。日曜日 5時のクラスで、お待ちしていますね。

inst_mutsuko.jpg

鳥井むつ子(ムツコ)

花粉症にヨガがよいと知人に聞いたのがヨガを始めるきっかけ。2000年ごろから、ハタヨガをはじめる。いろんな流派や指導者を経験していく中、2006年にドミニカ芹ガ野の指導を受け始める。ドミニカ先生のクラスで、身体と心のアライメントに充足感をおぼえ、また笑顔と笑い声の多いレッスンに惹かれ現在に至る。2009年にヨガを教えはじめる。生徒の皆さんと、心と体の心地よいバランスを共に見つけ、またいっしょに楽しめるようなクラスを心がけていきたい。

チカです!

10月6日、天候にも恵まれた日、以前ブログでもご案内しました井の頭動物園で「子連れミニリトリート」を開催しました。うっすらと井の頭公園の木々も秋色になって、お日様の光も柔らかい陽気でした。沢山のママパパ生徒さんの産後3ヶ月の赤ちゃんからヨガママ、ハイハイヨガに参加してくれているヨチヨチ歩きのお子様、SHIZENのハイハイクラスを卒業したお子様たちも集まりました

chicaretreat05.JPG chicaretreat02.JPG

皆で和やかに公園内をお散歩して、かわいい動物ちゃんたちとも触れ合ったり、普段なかなか交流のできないお友達同士の会話も弾み楽しんできました!我が家の子供たちも久々の井の頭動物園、皆さんとご一緒できて本当にキラキラしていました。


chicaretreat03.JPG

動物園で行った太陽礼拝^^; ちょっと不思議ですね(笑)。みんなでシートを引いたところは、お猿山の近くだったこともあり、大地にゴロンとした時にはぷ〜〜〜んっとしたのが鼻につきました、うん。それも感じている、っと楽しみましたよ。
いつものヨガの練習とはちょっと違いますが、こうして外にでて、みんなで分かち合うこと、より一層繋がっている感覚が肌から感じます。自分、育児、家族との関係など、日々の暮らしそのものが学びあいのようなものです。 子供たちは、裸足でハイハイしたり、大地にゴロンしたり、本当に地球と仲良し上手でした。たまには大人もこうして大地にゴロンするべきですね!笑

chicaretreat04.JPG

みなさんも是非、仰向けになって地球をおんぶしてみてください~(^-^)

今回、参加してくださったお二人の生徒さんが感想を寄せてくださいました。是非ご覧くださいね!
ヒトミさん トモコさんありがとうございます。

<ヒトミさんのメッセージ>

公園リトリート〜スタジオではない、自然の中でのヨガは、初めての体験でした。目を閉じると、森林、大地のパワーを感じ、心が静まる…日常から離れ、とても心地良い時間でした!たくさんの自然に囲まれて、みんなで食べるお弁当もいっそう美味しく感じ、息子ものびのびと楽しそうでした。これはやみつきになりそうです〜。

私は、マタニティからSHIZENヨガでお世話になっています。マタニティヨガで、ヨガの魅力にはまり、産後もベビーヨガ、現在はハイハイヨガ、と毎週楽しみに通っています。初めての育児、あれもこれもと頭の中がいっぱいで余裕がなく、怪獣息子を追いかけ回す日々…そんな中でもスタジオに行くと、不思議と気持ちがリフレッシュして、息子ときちんと向き合える。心身のリフレッシュ、さらに先生方に息子との関わり方を学べ、私の育児生活にとって、ハイハイヨガはとても貴重な時間です。SHIZENヨガを通じて、育児やあらゆる相談に乗って頂いているチカ先生、ヒデコ先生に出会え、日々の悩みを語り合える友達もできました。これからも、この素敵な方々との出会いを大切に、ヨガを続けていきたいと思います。またみなさんで、第二回公園リトリートしたいです!

<トモコさんのメッセージ>

最後にハイハイヨガに連れて行ったのは3月。仕事復帰してからは、親子でヨガという余裕もなく過ごしてきた私と娘には、お休みの日のヨガは最高の参加のチャンス!ということで、夫も誘って参加しました。スタジオで参加していたころは、ハイハイでスタジオを抜けだしては連れ戻されていた娘ですが、今回はなんとヨガのポーズにも自ら挑戦! これには驚きました。チカ先生に続いてダウンドッグや太陽礼拝のポーズをしてみる姿に、大きな成長を感じました。自然のなか、おサルの香りのなか(?)でのヨガ、本当に足が大地に伸びて、体が大空に広がっていくような、スタジオとはまた違った感覚。時間に追われている自分が思い切り開放されたようなのびのびとした気分になりました。そして、久しぶりのチカ先生の優しい声にも癒されました(^^)

当日の様子をトモコさんのブログでご紹介してくださっています。→ http://blog.excite.co.jp/tomoyasuda/19107614

ナマステ!

金澤誓子

ケイコです。

冬期シリーズクラスの詳細がウェブサイトにupされました。是非、シリーズクラスページをご覧ください。

SHIZENヨガスタジオで年3回実践されている、シリーズクラスは、事前にお申し込みされた固定メンバーのみが受講する「クローズクラス」形式で行われています。そのため、学び、集中するための、より心地よいクラスの雰囲気ができ、ペアワークをするときも気心がしれているので気持ちよく行うことができます。また、事前にお申し込みされるので、オープンクラスだと、つい毎週行く習慣がなかなか出来ない方でも、シリーズクラスに参加することで、必ず週一回参加することになり、ヨガのプラクティスが習慣づけられるのも、その魅力の一つです。1回シリーズクラスに参加されると、その後も継続して受講される方も多く、また、1シーズンお休みしても、また戻ってくる方も多いです。

今回は、新たにムツコ先生によるベーシック1のシリーズクラスが、日曜日の17:00-18:30に開講されます。ムツコ先生は、その極め細やかな心遣いとユーモア溢れる指導で、初心者の方もしり込みすることなく、クラスを受けることができます。ヨガの基礎をきっちりと始めたい方に最適のクラスですよ!オープンクラスでも、たくさんのクラスを担当されているので、ぜひ、一度クラスに参加されてみてください。

その他、ドミニカ、ナオ、マドカ、マキノ、ケイコによるクラスも目白押しです。

お申し込みは、11月23日(金)より、オンラインで開始いたします。ご参加をお待ちしています!

ケイコです。

月1回行っているシリーズクラス、「セルフプラクティスを確立する」も明日で3回目となりました。このクラスでは、生徒の皆さんが本当にいろいろな発見をされているようです。そして、自主性が普段のクラスより、さらに必要とされるという性質のため、皆さん、熱心にヨガのポーズのサンスクリット名を覚えようと努力されています。または、自然と覚えてしまう方も多いようです。

アイアンガーヨガサイト には、いろいろなポーズが写真とともに紹介されています。皆さまはどのくらい名前を覚えていますか?

以下はポーズのカタカナ表記、あるものは日本語名(通称)。

Utthita Trikonasana - ウッティータ・トリコナーサナ - 三角のポーズ
Utthita Parsvakonasana - ウッティータ・パルシュヴァコナーサナ - 体側を伸ばすポーズ
Ardha Candrasana - アルダ・チャンドラーサナ - 半月のポーズ
Prasarita Padottanasana - プラサーリタ・パドッタナーサナ - 立位開脚前屈
Adhomukha Svanasana - アド・ムカ・シュヴァナーサナ - 下向きの犬のポーズ
Uttanasana - ウッターナーサナ - 立位前屈

ケイコです。

マーラ先生が書かれたヨガジャーナルの記事(英文)がこちらのサイトでご覧になれます。Yoga at every age 「年代に応じたヨガ」と題されたもので、非常にいい文章ですので、みなさま、辞書片手にぜひ、お読みください。また、ウェブ版では、見ることができませんが、紙媒体の方では、イラストが描かれており、年代別にお勧めのポーズのヴァリエーションのイラストが描かれています。ご興味ある方は、SHIZENのデスクにおいてありますので、是非ご覧ください。

この紙媒体のイラストレーションは、私が写真のモデルとして、協力させていただきました。夏のリトリートでマーラ先生に指示されながら、ポーズをとり、楽しいひと時でしたよ。

いつもSHIZENヨガスタジオをご利用いただきありがとうございます。たくさんの生徒さんに来ていただいて、スタジオがいつもにぎやかです。ヨガコミュニティが出来ていて、とても嬉しいですね。

さて、自転車で通われている方にご協力いただきたいことがあります。スタジオのクラスに参加されている間は、どうぞSHIZENの自転車置き場をご利用下さい。ただし、SHIZENヨガスタジオをご利用されていないときに、自転車を止めることはご遠慮いただくようお願いします。

ご協力、よろしくお願いします。

追記 (2012/12/08)

新ルールが出来ました。こちらをご覧ください。