October 2012


ケイコです。

みなさま、お気づきになったと思いますが、ウェブサイトが新しくなり、使いやすくなりました。今後のご予約は、特別クラスのときのみ、必要となります。一般クラスでは、予約は不要となります。皆さん、クラスにどんどん遊びにいらしてください。

お待ちしております!

11月23日(金)祝日特別 全レベルクラス

9:00-11:00 脚を下から上まで探求する    ドミニカ先生
立ちポーズ、座位のポーズにおける正しい脚の使い方を細かく見ていきます。
関節の安定性、筋肉の長さを作り出す方法を学んでいきます。
また骨盤と背骨から脚の稼働性を見ていきます。

11:30-13:30 初心から学ぶバックベンド      ムツコ先生
胸をよく開き肩を柔軟にし、また足を強固にすることで、腰に負担をかけず、バックベンドにトライしましょう。
上半身と下半身の使い方を学んでいきます。ヨガ初心者の方にも、分かりやすく説明して行きます。

14:00-16:00 勤労感謝の日のヨガニードラ  マドカ先生
簡単なアーサナと呼吸法の練習をしてからヨガニードラ(「ヨガの眠り」)を試してみませんか。疲れた身体と心をリフレッシュするためにクラスを行います。 日々の努力のご褒美にどうぞ。

dominica_new.jpg inst_mutsuko.jpg  new_madoka.jpg

**上記すべての特別クラスは2時間になります。通常のチケットをお使い頂けます。

ケイコです。

今日は、SHIZENヨガスタジオのコミュニティーナイトでした。ドミニカ先生のペアヨガ、ナオ先生とお友達による音楽とチャンティング、そして、その後のポトラックパーティー。実に大勢の生徒さんにおいでいただきました。どうもありがとうございます!

私が参加出来たのは、ナオ先生とお友達による、音楽とチャンティングの時間です。本当にすてきな時間でした。最初、体をほぐすために、ハング・ドラムを背景に、自由に踊ります。ナオ先生の「わかめになった気分で!」との掛け声で、みんな、どんどんふにゅふにゃ、そしてワイルドになっていきます。「恥ずかしがらないでいいですよー」という先生の掛け声がもう必要ではないのではないか、と思うくらいみんなが思うままに体を動かしていた頃、踊りの時間が終わりました。

cn001.JPG cn02.JPG cn03.JPG

その後は、ハング・ドラムの説明、演奏があり、音を使って体をチューニングしていきます。そしていよいよ、チャンティングの時間です。まるでUFO、もしくは大きなどら焼きのような形をしたハングの振動は直接心に響きます。チャンティングしながら、さらに体を動かし、「ああ、腕を上げると心がさらに解放されるなあ」と思いながら、実に気持ちよく体が動きます。なんだか、みんなのチャンティングとハングの音が心のなかに響き、自分とまわりの境界線が少なくなったような、とても幸せな気分です。ダンサーの方の踊りも皆さんの踊りもソフトで、すべてが終わったときのクラスの空気が本当に柔らかく、なめらかで、だれかれかまわず抱きしめたくなりました(笑)。

cn04.JPG cn06.JPG

一人ひとりのやさしいリラックスした気分は伝染する、そんな見本のような夜でした。

皆さん、すてきな夜をどうもありがとうございました!

チカです。

11月4日の祝日スペシャルクラスは「骨盤底筋を感じるヨガ」 13時から15時

主に女性にフォーカスした内容のクラスを行います。

人間は生まれもって排泄する感覚を既に持っており、いつしか、赤ちゃんも成長の過程でトイレで排泄出来るようになります。これは、当たり前にある感覚のように思えますが、今、どんどん近代化していくに連れ、はじめてするオムツは紙が主流になり、女性の生理用ナプキンも何時間でも対応できるものができ、私たちの骨盤底の感覚は、無いものになってくるのでは?と少し危機感があります。

特に女性には、いつの年齢を迎えても、重要視されている骨盤底筋群。下腹部の感覚は頭部と深く繋がっています。昔から、妊娠中や出産後の女性に「針仕事は目を潰す」と伝えられたことからも、意味がよく分かります。現代なら、針仕事が携帯電話に変わっただけですね^^;

では、昔の人はどうしていたの?
骨盤底筋は何処にあるの?
何処までつながっているの?
意識的に使うと使わないとでどう違う?

このクラスはレベルは問いません。
マタニティの方もご参加いただけます。

男性にも骨盤底筋は存在します。女性と男性の骨盤の大きさや筋肉の質は違いがありますが、男性も、かつて、母である女性から産まれてきました。女性のことが理解ができると、女性への思いやりが深くなるでしょう。

どの年代にもわかるような内容です。
皆さんのご参加を楽しみにしています。

写真は、下腹部をリラックスするリストラティブポーズの代表
「Suputa Baddha Konasana」

suptabadda2012102401.JPG suptabadda2012102402.JPG suptabadda2012102403.JPG

私が練習していると息子も練習(笑)。撮影は娘。

Namaste

金澤誓子

ケイコです。

今週末、土曜日SHIZENヨガスタジオで、ペアヨガやナオ先生による音楽、そしてポトラックパーティーと盛りだくさんのコミュニティーナイトが行われます。

ふだん、クラスの合間に生徒さん同士で話が盛り上がることが多いですよね。そんな生徒さん同士、先生ともう少し話をしてみませんか。コミュニティを大切にするSHIZENヨガスタジオらしいイベントです。みなさま、お誘いあわせのうえ、ぜひ遊びにいらしてください。

17:00-20:30  料金 1,000円

プログラム

17:00-18:15  ドミニカ先生 コミュニティーパートナーヨガ
お1人での参加大歓迎です!参加者同士でパートナーになりましょう。
18:30-19:30 渡部ナオとその友人によるチャンティング
虹の楽団(マントラ、ハング、ディジュ、ダンスコラボの完全即興バンド)
浄化、癒し、平和、祈りをコンセプトとし、パフォーマーと観客という垣根を超越し、その場にいる参加者全員で唯一無二の空間を創り出します。
19:30-20:30 持ち寄りによるヨギーポットラックパーティー
*予約は必要ありません。

持ってきていただきたいもの
1.食べ物: 4-5人シェアできる分。手作りでなくても、フルーツなども歓迎。スープや汁物などはさけて下さい。
2.自分の分の飲み物、コップ、皿、箸、おしぼり等。
3.ビニール袋(使ったお皿やコップ、ごみなどを持ち帰るために使います。スタジオの水道では、手を洗う程度にお願いします。)

October 27th Sat SHIZEN Community Night  5:00p-8:30p  ¥1000
Program:
5:00-6:15p Community Partner Yoga- Dominica
Anyone not having a partner can find one at the event.
6:30-7:30p Chanting Live with Nao Watabe and friends
7:30p-8:30p Yogi Potluck

Things to bring:
1 Food or dish of 4-5 servings. Fruits are also welcome. Please avoid soupy food.
2 Your own drink, cup, plate, chopsticks, hand towel, etc
3 Plastic bags (It is for your used plates, cups and garbage to bring home. We are sorry but dishes cannot be washed in the studio bathroom.)

ケイコです。

ポーズのサンスクリット名を紹介してきましたが、多くの方から、絵か写真も欲しいというリクエストをいただきました。私の下手な棒線画をとうとうブログで披露する日が来たか、と思いましたが、代わりにすてきなサイトをご紹介することにしました。

アイアンガーヨガサイト

こちらのページで紹介されているのは、立位、タダーサナ(山のポーズ)のヴァリエーションです。
以下はポーズのカタカナ表記、あるものは日本語名。

Samasthiti - サマステヒィティ
Urdhva Hastasana - ウルドゥヴァ・ハスターサナ
Urdhva Baddha Hastasana - ウルドゥヴァ・バッダ・ハスターサナ
Paschima Baddha Namaskara - パッシマ・バッダ・ナマスカラ
Paschima Namaskara - パッシマ・ナマスカラ
Gomukhasana - ゴムカーサナ(牛の顔のポーズ)

ケイコです。

SHIZENヨガスタジオには、ロープウォールがあります。夏にロサンゼルスの私の師匠のリサ先生のお家を尋ねたときもリビングの横にロープウォールスペースが、また生徒さんのお家にもヨガルームにロープウォールが設置されていました。1回、使うと家に欲しい!と思う道具の一つです。我が家にもロープウォールがあり、毎日楽しく使っています。

funropes01.jpg

ただ、スタジオで存在は知っているけど、使ったことがない方もいらっしゃるかと思います。大人数になると、ロープの数に限りがあるため、使えないこともあるからです。

今日は、ロープウォールをよく使う、というクラスをピックアップしてみました。「ロープを使ってみたい」とリクエストしたら、クラスに取り入れて下さるかもしれないので、是非、リクエストしてみてください。

イネコ先生 (月曜日17:30-19:00全レベル)
ロープドックポーズからロープウッターナアサナ・ファーストロープ等、たまにロープシールシャアサナ等でクラス内で使用することが多いです。ロープのところにベルトをかけて長さを調整しながら壁に向かってウパヴィスタコーナアサナとバッタコーナアサナを生理中のひとや背骨の伸びづらい生徒さんにすることもありますよ。

ムツコ先生(火曜日7:00-8:30朝ヨガ)
火曜日の朝ヨガは、よくロープを使います。朝ヨガでは、つかいほーだい!です。朝ヨガにがんばってきてくださ~い。

ヒサコ先生(火曜日13:00-14:30ベーシック1)
私がよくやるのはブジャンガアサナ→ウッターナアサナのロープワークとロープのドッグポーズ、トリコーナアサナ、座位のポーズの上体伸ばしです。お待ちしています!

ケイコ(火曜日17:30-19:00リストラティブヨガ)
リストラティブヨガのクラスでは、ほとんど毎週ロープを使います。下向きの犬のポーズで背筋が気持ちよく伸び、長くポーズにいることができます。また、ロープを使った逆さまのポーズもしていただくことで、頭立ちや逆立ちをまだ1人で行うことができない方にも、逆立ちのメリットを感じていただくことができます。

ロープをお使いいただくと、やみつきになる生徒さんが多いです。ぜひ、一度お試しください。

ケイコです。

今期からいくつかの新しいシリーズクラスが始まりました。そのうちの一つが日曜日の朝7時から月一度行われる「セルフプラクティスを確立する」です。おかげさまで大勢の方に興味を持っていただき、朝早くから、熱気溢れるクラスとなっています。

私がアメリカにいたころ、師匠のマーラ先生のクラスを渡り歩いていました。先生が教えるところならどこにでもいく、という感じで、車の運転が大の苦手なのに、先生のワークショップに出るためなら、高速で1時間でも2時間でも行く、そんな感じでした。他の大好きな先生もいてそれらのクラスに参加し、1日2、3回スタジオでクラスを受けるのが当たり前になってた頃、マーラ先生に「最近、セルフプラクティスはどう?」「家では何をテーマに練習している?」と聞かれて、頭のなかでは??となりました。その頃の私は、家で呼吸法は練習を始めていましたが、アーサナのセルフプラクティスなど考えつきもせず、その必要も感じていませんでした。私が「先生、家で練習する体力も時間も残っていないです」と素直に答えると、「セルフプラクティスこそ大切だから、そろそろ始める頃よ」とアドバイスを受けました。結局、アメリカにいる間は、セルフプラクティスは定着しませんでしたが、日本に帰ってきてから、習慣化されました。

自分でおこなうセルフプラクティスは、クラスでおこなうときとは、違う発見があります。先生の指導がないので、自分で「何をどうすればいいか」を考える必要が出てきます。それが、自分で自分のアーサナ、体、そしてマインドの働きを観察し、感じるとてもいい機会になるのです。このシリーズクラスでは、セルフプラクティスを確立するヒントをお伝えしています。また、みなで月1回、集まり、自分たちでプラクティスすることで、セルフプラクティスのよさを実感していただくことにつながる、と感じています。

マーラ先生がフリーペーパーYOGA YOMU 33号に、セルフプラクティスについて、語られています。非常にいい文章ですので、ぜひ、お読み下さい。

ケイコです。

今回はレイコ先生がご自身が参加されたリトリートのレポートを書いて下さいました。とても、すてきな感想文です。ぜひ、お楽しみください。また、レイコ先生は10月8日(祝・月)11:30-13:030 特別クラス「日常生活の為の呼吸と股関節」をされます。ぜひ、ご参加ください。詳細はこちらから。

———————————————————————————-

9月17日から23日の日程で「クライブ・シェリダン」という先生の山岳リトリートに行ってきました。
練習と宿泊は標高1000メートルにある宿坊で行われました。
ここは普段は御嶽山の頂上にある御嶽神社に参拝する方々が利用する宿で、自然に囲まれ、晴れた日には遠く東京の夜景をを見下ろす事も出来る環境にあります。

reikoretreat01.JPG

毎日、朝5時ごろに起きて、瞑想~プラナヤマを2時間ちょっと。
その後、朝食~休憩をとり、アーサナ(2時間)で、12時頃になります。
ここまでが、毎日マウナ(沈黙)の時間。
参加者は自分の内側に集中する為に会話はもちろんお互いに目を合わせることもしません。
午後からはマウナは解除されますが、合宿全体を通して、基本的にはモバイルや書籍、新聞、テレビなどの全てのメディアは禁止です。

reikoretreat02.JPG reikoretreat05.JPG

午後はサットサンガから始まり、2回目のアーサナのクラス、プラナヤマ、その後夕食です。
食事は精進料理ですが、精進という言葉の雰囲気からはほど遠い目にも楽しいメニューが並びます。
ここで採られた山菜や、手作りのコンニャク、お豆腐など、心のこもった美味しい食材に大満足です。

ディテイルは変わるものの、このように毎日8時間びっしりヨガ三昧で過ごしていると、自分の中でゆっくりと何かが入れ替わってゆくのを感じます。
不必要なものが落ちて、必要なものが 穏やかにその場所を埋めてゆくような感じ。。。
私は今回のリトリートに関して 具体的な期待や目標はなにも持たずに参加しましたが、それも良かったのかもしれません、クライブ先生の完成されたカリキュラムが素直に効いた結果だと思います。

思い出してみれば、リトリートの最初のオリエンテーションでクライブ先生はこのリトリートで何が変わるか楽しみに…という内容のことを話しておられました。
クライブ先生はパートナーのミランダ先生と一年を通じて世界各地でリトリートやワークショップを行っていらっしゃいます。
いろんな環境で沢山のヨギを見て、カリキュラムを熟成されているのでしょう。

お恥ずかしいのですが、私は 最終日の前日に自主練習中に足の小指を骨折しました。
でも、こころの中の穏やかな感じはかわることがありませんでした。
また、自宅に帰って来た次の日には 自動車の故障などの、不可抗力のアクシデントがバタバタと起こりましたが、まったく気分がかわることはありませんでした。
今もその感じは続いています。
これの為にヨガをやっているんだなあ~と、実感出来る合宿でした。

最後にクライブ先生の言葉で印象に残っているものを、、、
「変革は私たちの内側から始まり、近くの人に伝染する。
だから、ヨギは時間を無駄にしてはならない。」

れいこ

img_2159.jpg
17:00-20:30  料金 1,000円
17:00-18:15 コミュニティーパートナーヨガ ドミニカ先生
パートナーがいない人は誰でも、出来事で1つ見つけることができます。
18:30-19:30 渡部ナオとその友人によるチャンティング:
虹の楽団(マントラ、ハング、ディジュ、ダンスコラボの完全即興バンド)
浄化、癒し、平和、祈りをコンセプトとし、パフォーマーと観客という垣根を超越し、その場にいる参加者全員で唯一無二の空間を創り出す
19:30-20:30 持ち寄りによるヨギーポットラックパーティー
*予約は必要ありません。皆様お誘いの上お越し下さい。

持ってきていただきたいもの
1.食べ物: 4-5人シェアできる分。手作りでなくても、フルーツなども歓迎。スープや汁物などはさけて下さい。
2.自分の分の飲み物、コップ、皿、箸、おしぼり等。
3.ビニール袋(使ったお皿やコップ、ごみなどを持ち帰るために使います。スタジオの水道では、手を洗う程度にお願いします。)

October 27th Sat SHIZEN Community Night  5:00p-8:30p  ¥1000
Program:
5:00-6:15p Community Partner Yoga- Dominica
Anyone not having a partner can find one at the event.
6:30-7:30p Chanting Live with Nao Watabe and friends
7:30p-8:30p Yogi Potluck

Things to bring:

1 Food or dish of 4-5 servings. Fruits are also welcome. Please avoid soupy food.
2 Your own drink, cup, plate, chopsticks, hand towel, etc
3 Plastic bags (It is for your used plates, cups and garbage to bring home. We are sorry but dishes cannot be washed in the studio bathroom.)