August 2012


ケイコです。

8月ももうあと一日です。まだまだ暑いですが、それでも夕方になると、涼しい風が吹いて気持ちよいですね。

今週、私のクラスでは、腹筋を意識して逆立ちを行うことがテーマでした。ただ単にお腹を硬くするのではなく、脚や骨盤の意識から腹筋を働かせ、逆立ちするとどうなるか、両脚を同時にキックしてハンドスタンドにはいると、腹筋はどう働くか、いろいろな方法で体を観察していきます。

そして、体を観察していくと、心を観察していくことができるのです。特に逆立ちは心の動きが見えやすいものです。人間の危機回避能力が働いて、ちゃんと「こわい」という感情が湧いてきます。もともと人間の体は逆さまになるようにはおそらく作られていません。それが手や肘、頭で立とうというのですから、体が危険だと思うのは、当然といえば当然のことなのです。無茶して怪我しないように体が忠告しているわけです。

しかし、ヨガを日々練習して、立位のポーズなどで筋肉をつけ、柔軟性を身につけ、バランス感覚が培われると、逆立ちも安全に取ることができるようになってきます。体は準備が出来ているのに、今度は心がストップをかけることもあるのです。「こんなポーズ私にはとても無理だ」「私にはできない」という思いにとらわれると体も動かなくなります。「こわい」「できない」と思うと本当にできなくて、「今日はいけそう!」と思うと出来ることがありませんか。こわい、できないという思いが強くなったとき、前に進む手助けになるのは、自分が今まで達成した小さい事柄を思い出すことです。「そういえば、昔はゴムカーサナで手をつかむなんて無理だと、思っていたな。でも、今はすんなりとつかめる」。最初、「下向きのポーズで背中まっすぐになんて絶対出来ないと思ったけど、今はずいぶん伸びているな」と。今まで自分がしてきた練習が自信となってくるのです。そうすると、「やってみよう」「今日はできるかも」という気になります。もちろん、出来る日もあれば、出来ない日もあるでしょう。それでいいのです。

私も、ヨガを始めた頃は、逆立ちや肘立ちなど、自分にとっては曲芸のように思えました。でも、気がついたら毎日練習しています。こうして、自分に対して、無理だという思い込みが減っていくのです。勝手に年齢、性別、性格で自分を制限している、その思い込みを減らしていく手助けをするのがヨガの練習のような気がしています。もちろん、忍耐も必要です。やりたい、出来るようになりたいという執着を時に手放すことも必要です。一つひとつの動きに気を配っておこない、気がついたら、ポーズが出来ていた、そんなスタンスでいいのではないでしょうか。

ヨガは行うこと自体に意味がある。だから、足が床から3センチしか離れなくても、部屋の中心でハンドスタンドするくらいの効果が体にも心にもあるのだと思います。

ケイコです。

夏の暑さを象徴するかのようにタオルの忘れ物が多くあります。他にこまごまとしたものもございますので、チェックしてくださいね。

9月10日(月)までに持ち主が引き取りにこない場合は、リサイクルに出すか、捨てることになってしまいます。是非、写真を確認して、引き取りに来て下さい。自分のものだと分かっているけど、その日まで引き取りにくるのが難しい場合は、とっておきますので、ご連絡ください。

wasuremono01.JPG

タオルが本当にたくさん。

(more…)

ケイコです。

今回は、立位のポーズ応用のポーズをご紹介していきます。

以下のポーズのなかでも重なっている言葉があるのが分かると思います。例えば、パリヴリッタ(parvrtta)は「ねじる」「ひねる」、という意味があります。なので、この単語がついているポーズは、きっとねじるんだろうな、と分かります。このように、意味を理解し始めると、ポーズも覚えやすくなりますよ。

Utthita Hasta Padangushtasana - ウッティタ・ハスタ・パダングシュターサナ - 手で親指をつかむポーズ
Ardha Candrasana - アルダ・チャンドラーサナ  - 半月のポーズ
Virabhadrasana III - ヴィラバドラーサナ III - 戦士のポーズ III
Parvrtta Trikonasana  - パリヴリッタ・トリコナーサナ - ねじった三角のポーズ
Parvrtta Parsvakonasana -  パリヴリッタ・パールシュヴァコナーサナ - ねじった体の脇を伸ばすポーズ
Parvrtta Ardha Candrasana - パリヴリッタ・アルダ・チャンドラーサナ - ねじった半月のポーズ
Padangustasana - パダングシュターサナ - 親指をつかむポーズ
Pada Hastasana - パダ・ハスターサナ - 足を手の下におくポーズ
Garudasana - ガルーダーサナ - ワシのポーズ
Parigasana - パリガーサナ - 門のポーズ
Natarajasana - ナタラージャーサナ - 踊りの神のポーズ
Urdhva Prasarita Ekapadasana - ウルドヴァ・プラサリータ・エカパダーサナ  - 立位の前後開脚

英語の本ではありますが、この本が、CDもついていて、発音など分かりやすくお勧めです。

クラスで行うポーズの名前のサンスクリット語、読み方、日本語名をここでご紹介していますが、サンスクリット語は、流派や地方によって、呼び方も変わってくることも多いので、ご了承ください。

マドカです。

makinome.jpg

最近、「ジャーニー・オブ・ディスカバリーのシリーズでどんなことをしますか?」と聞かれることがあります。「2時間ずっと静かに座るんですか?」と聞かれることもあります。2時間ずっと座る覚悟でいらっしている方は凄い!(笑)

牧野先生と私が担当しているジャーニー・オブ・ディスカバリーシリーズ(Journey of Discovery 1と2)では、静かに座る時間もありますが、それだけではありません。

ジャーニー1では、「真の自分」、「エゴ」、「愛」をテーマにしています。このテーマを取り上げる目的は、自分への理解を深めるためです。自由に自分らしく生きるのが難しく感じている方は多いかと思いますが、黙想(瞑想的に考える)をしたり、話し合ったりすることによって自分らしさが何かを発見できます。普段と違う視点をもって自分の人生を振り返ってみたり、自分の行動パターンや思考パターンに気付く機会にもなります。

ジャーニー2は、牧野先生しか教えられない常識がひっくり返される興味深い内容です。私はアシスタントとしてほとんど毎回参加していますが、何年参加しても飽きることはありません。同じジャーニー2であっても、参加者によって内容が変わり、進化していますので、何回受けても面白いです。

ヨガでは、人間の身体は肉体だけではなく、エネルギー体、心の体、叡智の体と歓喜の体があると説いています(5つのコーシャ)。その説明を聞いても理解しがたいですが、牧野先生が紹介する様々な「実験」によって、その5つの体を体感できます。例えば、考えを変えることによって体のエネルギーも変わることが分かります。このような体験を通じて、常識からどんどん自由になり、自分に愛を持って接するようになれます。

シリーズへの参加申込しめきりは8月24日です。上記の2つのシリーズは月1回です。月1のゆったりしたペースで、普段と違う視点を持って人生を振り返ったり、心の奥をのぞいたりする時間を是非一緒に過ごしてください。

ジャーニー1 月1回金曜日 19:00~21:00

9月7日、10月19日、11月30日、12月14日

ジャーニー2 月1回金曜日 19:00~21:00

9月14日、10月12日、11月9日、12月7日

 いつもありがとうございます。おかげさまで、このワークショップは満席となりました(8/20)。

Please click here for English information.

ラマナンド先生とレスリー先生のワークショップのお申し込みが8月20日から始まります。

ラマナンド・パテル 特別ヨガワークショップ
2012年9月22日(土)、23日(日)、24日(月・祝)
mulabandha1.jpg

9月22日(土)
9:30-12:30 座る技術 全レベル
9月23日(日)
9:30-12:30 前屈における後屈 全レベル
9月24日(月・祝)
10:00-12:30 「満足」のパラドックス パート1 中級
14:00-16:30 「満足」のパラドックス パート2 中級

全レベル: 最低1年以上アイアンガーヨガもしくはSHIZENでヨガを継続的に練習されている方
中級: 最低2年以上アイアンガーヨガもしくはSHIZENでヨガを継続的に練習されている方

ワークショップ料金:
各ワークショップ 8000円
中級パッケージ 13,000円

お申し込み:
ワークショップの詳細・お申込みはSHIZENホームページをご覧ください。
オンラインお申込みは、2012年8月20日(月)からです。

Ramanand Patel

rdpfrank3.jpg

www.yogirama.com
ラマナンド・パタルは13歳の時、父親からヨガの教えを受ける。様々な先生からヨガを学んだ後、1968年にBKSアイアンガー師の生徒となる。“先生の先生”として著名な彼は、国際的にも高い評価を受けている。プロップ(ヨガ道具)の発明でも有名で、特別なケアを必要とする生徒に適切な指導をしている。彼のアサナ(ポーズ)の教え方には、H.H. Swami Dayananda Saraswatiのもとで学んだウィットに富んだヴェーダンダ哲学と実践的なテクニックが見事に融合されている。

Ramanand Patel, who was initiated into yoga practice by his father at the age of thirteen, studied from may different teachers culminating in finally becoming a student of the renowned yogacharya Shri B.K.S. Iyengar in 1968. He is regarded as the teachers’ teacher and is highly respected in the Iyengar community and international community at large as an innovator in the use of props and working with students who have special needs. He combines this vast technical expertise with wit and knowledge of Vedanta philosophy from his studies under  H.H. Swami Dayananda Saraswati in his instructions on various asanas.He also considers J. Krishnamurti to be a major influence on his thinking.

レスリー・ハワード先生特別ワークショップ 骨盤底筋への意識とヨガ
2012年9月22日(土)、23日(日)

floaty-pelvis.jpg

9月22日(土)
14:00-16:30 骨盤底筋への意識とヨガ パート1
9月23日(日)
14:00-16:30 骨盤底筋への意識とヨガ パート2

ワークショップ料金:
2日間パッケージ 13,000円
ワークショプ:
ヨガの経験は問いませんが、6ヶ月の以上の経験がある方が理解が深まります。

お申し込み:
ワークショップの詳細・お申込みはSHIZENホームページをご覧ください。
お申込は2012年8月20日(金)からです。

leslie.jpg

レスリー・ハワード(Leslie Howard)

骨盤に関することを専門として、サンフランシスコを中心に活躍。彼女自身が、自分の骨盤を治癒しようと必死の努力を続けた結果、それはこの豊穣な場所の解剖学、生理学、カルチュラル・メッセージ、歴史、エネルギーに関する熱心な研究へとつながる。彼女のティーチングは、アイアンガーヨガのシニア・ティーチャーたちのもとでの3000時間以上ものヨガの研究をして得た知識に基づいている。

ケイコです。

秋季シリーズクラスの お申し込みが始まっております。シリーズクラスはSHIZENヨガスタジオで大人気の講座の一つです。一定期間に渡って、同じメンバーと共に、集中的かつ段階的にヨガを学ぶことが出来ます。お申し込み期限は、マドカ先生の「心のヨガ」(9/14)、マキノ先生の「マハーサーダナ」(9/14)以外は、8月24日(金)までです。詳細は、こちらから。

今日は、ナオ先生の日曜日13:00-14:30のゆったりヨガシリーズクラスについて、生徒さんのジュンコさんが感想をお寄せ下さいました。ジュンコさんどうもありがとうございます!すてきな感想です。ぜひ、お読みください。

————————————————————————————————–

日曜日のナオ先生のクラスに参加すると、心身共にとてもリラックスでき、また前向きな気持ちになれるので、精神的にも身体的にも大変良い状態で新たな週を迎えることができます。

ナオ先生は、とても親切で、生徒一人ひとりの話をよく聞いてくださいます。また、知識がとても豊富な先生で、お話からは学んで実生活に生かせることが多くあります。例えば私の場合、周囲の人に話す時、口調が大分穏やかになったと感じていますし、一つひとつの事を以前よりも丁寧に行うよう心掛けられるようになったと思います。

そして、クラスでは、体調を整えるために、短い時間でも簡単にできる方法を学ぶことができます。通勤、家事、育児をしながら自分の時間を作るのが容易でない私にとって、非常に有難いことです。

クラスメイトはリピーターの方が多く、私が初めて参加した時は、私以外全員継続されている方でしたが、とても親しみやすい方ばかりで、初日から緊張することなく、クラスに参加することができました。

先生は生徒一人ひとりに合ったメニューと課題を用意してくださるので、このクラスは、ヨガ経験や年齢、男女問わず、参加できると思います。週末に有意義な時間を過ごし、リラックスしてポジティブな気持ちになりたい方に、是非お勧めしたいと思います。
————————————————————————————————————

sy-e0230.jpg

渡部直子(ナオ)
Krishnamacharya Healing & Yoga Foundation(KHYF)認定Yoga Teacher

ヨガの源流を探りに、パタビジョイス氏やアイアンガー氏の先生であった クリシュナマチャリヤ師の教えを学びにインドへと渡る。 人の心に触れるその優しい教えに感動し、その後、毎年渡印し、クリシュナマチャリア師のご子息であるTKV.Desikachar氏や実孫のKausthub Desikachar氏から直接指導を受け続けている。
「ヨガとは、心のあり方だ。」をモットーに、数千年前から受け継がれている伝統的なヨガの教えを、ふんだんなユーモアセンスとわかりやすい日常からの例題で紐解くことに定評を得ている。

ナオ先生のシリーズクラスのお申し込みはこちらから。

img_0293.jpg
なおです。
8月13日第二月曜日13:30−15:00は、
月に一度の「インストラクターのためのヨガスートラ」があります。
毎回、参加したインストラクターの方々から、
「参加して本当によかった!」という感動の声と笑顔を頂いております。その理由は、立ち止まらないと見失いがちな、自分の中の声を聞く時間を持てるからだと思います。
私達は、人から学んだ事は、忘れやすい!(笑)
でも自分で気づいた事は忘れない宝物になります!

今月のテーマは、八支則のトップバッター「ヤマ=関わり合いの中での心構え」
パタンジャリはいつも、一番始めにとても大切なものを
説くのです。
さてさて、今月も、私は皆さんの心と笑顔がピカピカするお手伝いができるのに、ワクワクしています!!!

また、
日曜日17時からのオープンヨガスートラクラスは、八月いっぱいで終了と
なります。九月からは、オープンのゆったりクラスとなります。山梨に移住以来のオープンアサナクラス!
フォーカスは、身体と心の痛みや苦しみからの解放です。
暮らしの中に取り入れやすい、簡単で効果的なアサナで身体を整え、心のお話で自分を見つめる心のメンテナンス。
日曜日の夕方に自分をゆったり取り戻し、一週間をリフレッシュしてスタートしましょう。

ケイコです。

最近、ヨガニードラに興味をもたれる生徒さんが増えてきています。ヨガニードラは、深いリラクゼーションとも呼ばれます。SHIZENヨガスタジオでも、過去マドカ先生による特別クラスが数回行われ、いずれのクラスも大評判でした。先生のヨガニードラを受けてみませんか。

makinomesmall01.jpg

私がマドカ先生のヨガニードラを始めて受けたのが、アメリカ帰国後しばらくして、彼女にプライベートレッスンを頼んだときでした。以前、アメリカでヨガニードラを受けていて、その効力を知っていたので、是非マドカ先生にお願いしたい、と頼みました。ヨガニードラは先生の誘導に従って、まず体をリラックスさせていくのですが、声の質や大きさ、テンポによって、受ける印象や心身のリラックスの仕方が変わります。マドカ先生の誘導の仕方、イマジネーションの使い方が非常に心地よかったのです。

楽しみに待っていらした方はもちろん、「ヨガニードラ」って何?と思った方、まず体験してみませんか。

8月18日(土)17:00-18:30 メディテーション - ヨガニードラ

ヨガニードラのクラスの感想についてはこちらこちらをご覧ください。

予約はオープンクラススケジュールページから承っています。通常のチケットをお使いいただけます。

ケイコです。

今年のヨガフェスタでも、ドミニカ先生がクラスを担当されます。
9月21日(金)16:30-18:30「変化のなかで安定を楽しむ」

ヨガを練習するうえでもっとも重要な要素は、マインドを集中させ、体と調和し、内なる観察者とつながる能力です。これらは、人生の変遷や日々の生活で不慣れな出来事に直面しても、落ち着き、集中することを可能にする道具なのです。このワークショップでは、アド・ムカ・ブリクシャーサナ、ハンドスタンドをするために必要なことを段階を追って一つ一つ丁寧に行うことで、体の正しいアライメントを習い、マインドの質と内なる観察者との関係を観察し、これらの要素を見出していきます。

また、ヨガプロップスの老舗、ヨガワークス10周年記念の特別企画に、ドミニカ先生とケイコが参加します。詳細はこちらから。
こちらは参加費無料のイベントです。ただし、予約は必須となりますので、お早めにお申し込みください。
(現時点でケイコのクラスはキャンセル待ちとなっております)。

1年に一度のお祭り、皆さまとお会いできるのを楽しみにしています!

ヨガフェスタ横浜 2012

ケイコです。

English versions follows Japanese. (Click “more” below.)

今回は女性特有の症状、体の部位などの単語を取り上げます。

生理、月経 - menstruation
生理、月経 - on one’s cycle
生理、月経 - on one’s period
生理痛 - menstrual cramps, menstrual pain
月経周期、排卵周期 - menstrual cycle
妊娠 - pregnant
出産 - delivery, childbirth
出産予定日 - expected delivery date
月経前症候群 - PMS (Premenstrual Syndrome)
月経異常 - menstruation disorder
子宮筋腫 - fibroid
更年期障害 - menopause
流産 - miscarriage
甲状腺 - thyroid gland
子宮 - uterus
子宮 - womb
会陰 - perineum
生殖器 - genitals
排卵 - ovulation

(このコラムは、かつて自分のブログとフリーペーパーヨガヨムで、Sakuraの名前で連載していたものを整理追加して、連載しているものです。)
(more…)