April 2012


ケイコです。

今日は、普段日曜日の19:00-20:30にベーシック1を教えていらっしゃるヒロミ先生のインタビューをお届けします。このゴールデンウィーク、ヒロミ先生は5月4日(金)19:30-21:30まで特別クラス「ヨガリフレッシュ」を行われます。遊びつかれた、運転しつかれた、ヨガのワークショップ三昧(?!)のあと、ヨガでリフレッシュはいかがでしょうか。

hiromiphoto.jpg

 では、ヒロミ先生のインタビューをお楽しみください。

Q1. 今、教えているクラスは?
 
現在shizenで教えているクラスは、Basic1のクラスになります。クラスの内容としましては、日曜日の夜のクラスなので、疲れをとって、身体の不調を整え、月曜日に元気に仕事に行っていただけるように、身体のリフレッシュ、リセットをしていただけるように工夫しています。
 
2週目の日曜日には、テニスボールを使って、自重の重さを使い、自分の身体を解しながらポーズをおこなったりするクラスをしています。
 
Q2. クラス後、生徒さんが一番よく口にされる感想は?
 
あ~今日も身体が伸びて気持ちよかった。
今まで、前屈やドッグポーズがきつかったのに楽になった。
 
Q3. 先生がクラスを担当されるうえで、注意されていることはありますか。
 
私がこのポーズをしたいからと生徒さんに押し付けるのではなく、クラスに集まった方々のその日の身体の様子、調子に合わせた内容を考えておこなっていくように努力しています。
 
Q4. ヒロミ先生は、会社員をされながら、ヨガのインストラクターとして、精力的に活動されています。忙しい日々の生活のなかで、ヨガを続けることが時に難しく感じる生徒さんもいらっしゃるようです。先生はどのように、バランスを取られているのでしょうか。また、生徒さんにアドバイスありましたら、お願いします。
 
ヨガはアーサナ(ポーズ)をすることがヨガではないので、日常の生活、家庭や会社などで起こるさまざまなことを自分の成長の糧として、受け止めていくことが大切かな~と思います。
 
呼吸の乱れを感じた時、どうしてそれがおこるのか、怒りや悲しみが湧いてきた時、どうしてその感情が湧き上がってくるのか、1つ1つのことがらは、すべて自分に与えられている現象だと思うんですね、
 
それによって、今、自分の心がどこにどのような状態にあるのかを教えてくれるので、気がついたらニュートラルな場所にまた戻していく。呼吸を整えて、瞑想し、神様、仏様を祈らせていただきながら、調整していく日常を繰り返していくのが、大切かな~と思います。
 
Q5. 好きなポーズを教えて下さい。
 
パドマー・アーサナ、クックタ・アーサナ、ガルバ・ピンダ・アーサナです。
どれも、とっても落ち着きます。
 
Q6. SHIZENヨガの生徒さんにひと言。
 
1日1回必ず、自分に向き合う時間を作っていかれると良いと思います。それがヨガの時間になると思うので。
 
身体が硬くて困っている方は、是非とも私のクラスに来てみてください。

チカです。 

今日は前回のギーの紹介に続き毎回クラスで、お問合せの多い、ベビーマッサージや、妊婦さんや大人にも(年齢に関係なく)使えるセルフマッサージに使うオイルについてご紹介します。これからの季節は気候が暖かくなってきて、マッサージもしやすいです。ゴールデンウィークは、赤ちゃんたちのクラスはお休みですのでおうちで作られてたっぷりマッサージタイムを楽しんでくださいね。

インドでは、赤ちゃんのベビーマッサージでもオイルも胡麻油(セサミオイル)を使ってよいと言われました。日本では太白ごま油(食用)と良いですね。スーパーでも売っています。これは、炒っていない生の胡麻から作っている油なのであの独特の匂いはありません。

この場合、使い方があります。
1 使う前に油を一度鍋に移して弱火で温め、
2 90度に加熱したら火から下ろす。(火から下ろして、110度以上にならないように)
3 自然に冷まし、清潔な瓶に移して出来上がりです。
(100度まで熱する理由は胡麻の本来の熱の質を高めるためと言われています。)
使用する前に、アレルギーのことを考えて念のためパッチテストもしてください。
保存は冷暗所で2ヶ月くらいが目安です。
オイルはなるべく湯せんで温めてから使うほうがお肌に浸透しやすいです。
その場合は、作ったオイルごと温めるのではなく、小さなボトルにオイルを入れ替えてカフェオレボウル位の器に熱湯をいれて湯煎で温めます。
(大人が使うとき、ピッタ体質の人で、にきびなどでている場合、ごま油ではなく、オリーブオイルにしてみましょう。にきびの上などにはオイルを避けてください。)
市販で売っているマッサージオイルは高価なものもありますね。
自分で作る手間は多少ありますが、思ったよりも、手軽に作ることができますよ。
作る楽しさもあります。お母さんが作るキッチンファーマシーといったところでしょうか(笑)

全身のアビヤンガ(大人のオイルマッサージ)には、静けさの中で全神経を集中させて行うので本来は香りを焚いたり、音楽はかけません。
また、外の外気や日常のストレスから身体を守るために、朝行うのが最適です。アーユルヴェーダは、単なるエステとかいう分類ではなく、一環した治療の施術なので、そういう意味も理解ができます。

でも、主婦は朝は忙しいから、なかなかできないですけれどね^^;初産の妊婦さんは、お時間があると思いますので、とてもお勧めです。妊娠腺の予防にもなります!でも、無理はせずにできるときに行ってみましょうね!(私もそうしていました。)

とはいえ、子育てしていると、オイルを熱することも大変なときもありますね。ドクターも言っていましたが、オリーブオイル(日本なら薬局で売っているものを)あとはアーモンドオイルまた、私がクラスでも、とてもよくお勧めしているのは、マカデミナッツオイルです。
マカデミナッツオイルは人間の皮脂に近い皮脂成分のパルミトレイン酸を豊富に含んでいるため、とても浸透性が高いのが特徴で、私も子供たちのケアに良く使いました。この場合は手のひらで温めて使いましょう!なるべく無農薬のものを使いたいですね。アーユルヴェーダーセンターのオイルは症状にあわせて、オイルに色々な薬草を煎じて混ぜていました。私は、香りでもリラックスできますので、ユーカリ、シナモンリーフとグローブをエッセンスを入れて、筋肉疲労や皮膚の消毒代わりに風邪の予防にと、子供たちにも私にも使っています。新生児のお子様には香りは、刺激が強すぎですから、全く入れないか、ラベンダーやカレンドラなら、かなり希釈してください。

今日は、参考までにご紹介しました。
何か質問がありましたら、クラスの時にお声がけくださいね。

kati_vasti.jpg

写真は施術「カティバスティ」で使ったオイルとプージャのセットです。
ドクターが脈診のみで私が過去に怪我をした腰の骨折をしていたことを診断しました。(脈診で分かるものなんですね!)その治療の施術はカティバスティカティ=腰、バスティ=溜める という意味です。腰の上に小麦粉を練ったもので土手を作り、そこに適度に温めたアーユルヴェーダの薬草オイルを注ぎ、腰を芯まで温めます。アーユルヴェーダでは痛みはヴァ-タの増悪の影響と考えています。ヴァ-タは冷えとも関連しています。痛みのある個所を温めることによってヴァ-タを鎮め、痛みを和らげていきます。

Namaste
金澤誓子

ケイコです。

明日、4月28日(土)より、ゴールデンウィーク特別プログラムが始まります。(詳細は下記)チャリティクラスや2時間クラスなど、SHIZENインストラクターによる特別クラスがたくさん開催されます。通常のクラスがキャンセルになったり、時間が変更している場合もございますので、ご注意ください。

今日は、その中から5月1日(火)9:00-10:30のマドカ先生によるクラス「エゴとの正しい付き合い方」 をご紹介します。中級ですが、どなたでもご参加いただけます。マドカ先生から「面白くて楽しいクラスになると思う。エゴがかわいい存在になっていく場合もあるかも?」とのメッセージをいただいております。

——————————————————————————
「エゴ」はどの人でも持っていますが、つい悪者扱いされます。ヨガや瞑想を極めるとエゴを無くさなければいけないとの誤解もよくあります。自分のエゴと適切な関係を気付くために、エゴとは何なのか、どういう機能が私たちを苦しめているのか、まず理解する必要があります。瞑想と黙想を通じて、自分のエゴと適切な関係を築きましょう。(マドカ先生)
——————————————————————————

ヨガを始めて、アーサナ、呼吸法を通して、ヨガが単なる体操ではない、ということに気がつかれる方も多いと思います。なんとなく、心が穏やかになる、自分の執着や見栄、人からの視線が少しずつ気にならなくなる。そうすると、楽になって、楽しくなってくる。でも、時々また自分の中の「エゴ」が主張し始めて、なんで「エゴ」が消えないのだろう、と悩むことはありませんか?時には、自分のヨガの練習の仕方が悪いのだろうか、練習が足りないのだろうか、と悩み始める方もいらっしゃるかもしれません。エゴとの付き合い方のヒントが詰まったクラスです。

とてもいい機会ですので、ぜひクラスにお越しください。

マドカ先生はゴールデンウィーク中、もう一つ特別クラスを行われます。
5月2日(水) 16:30-18:30 瞑想は難しくない:瞑想の紹介

ゴールデンウィーク特別プログラム 4月28日(土)-5月6日(日)スケジュール詳細

(more…)

チカです。 

さて、最後に今回ドクターと施術してくれたセラピストに教えてもらったギーの作り方をご紹介します。
ギーは、本来はフレッシュな生乳を過熱して、乳酸菌で静置発酵(ダヒというインドのヨーグルト)させてから撹拌して発酵バターを作りますが日本では発酵バターの無塩が最適です。私は通常売っている高品質の無塩バターで作っています。(日本のはどれも高品質ですね。)

ギーは不純物をとりのぞいた純粋な乳脂肪で、燃やすと完全燃焼し、燃えカスを出さないクリーンな油。(施術部屋に置くプージャの火にも使われます。)また記憶力や理知、消化力が増し、強い肉体と精神力、オージャス(活力の元)、カパ、と必要な脂肪を増やし、ヴァータ、ピッタ、の乱れ疲れ、発熱を沈静化させてくれます。全ての油類の中でも最も優れ安定した酸化しにくい油脂といわれています。内服も外服にも使えます。疲労感のある目に、おでこと両まぶたに塗布し、洗い流さずにそのまま寝ると、神経系が休むことができるということでした。外用薬として使うと、ニキビや痔核、やけどなどに効果があると言います。(但し、日本ではあくまでも民間療法の扱いになりますので、ご自身で試す場合は必ずパッチテストなどされてから行ってくださいね。)ネトラバスティという目にギーで浸す施術もあります。(今回私はやりませんでした。やったら写真撮ったんだけど^^;)

主にマッサージオイルで外用するのがごま油です。ごま油は内服では消化を遅らせてアーマ(老廃物)を生むためにほとんど使いません。

さて、ギーの作り方
無塩バター つくりやすい分量で大体400グラムから450グラム
1 鍋に無塩バターを入れて中火で焦がさない様に溶かす。
2 溶けたら、弱火で加熱し続ける。
3 バターの水分が少なくなり、たんぱく質が分離し大きな泡がブクブクと出てくる。
4 さらに弱火で加熱し、ヘラで表面をかき分けて中の様子を見ると、透明な美しい黄金色になっていて、鍋底に沈殿物が見えたら火を止める。
5 厚手のペーパータオルで漉す。
6 保存容器に入れて完成! 冷暗所(冷蔵庫じゃなくても大丈夫)で保存してくださいね。

我が家では、スープや、消化の良いインドおかゆ(ターメリックがギーによって溶けやすくなります。)に、おやつの時に・・・・
・ まだ若いバナナとココナッツフレークをフライパンで焼くときにギーで。
・ 軽く焼いた素朴なパンに、ギーと蜂蜜(蜂蜜は熱しないように)を少したらして食べるのが子供たちのお気に入り。
・ チャイ(スパイスミルクティ)にほんの少しのギー。

美味しいからといって摂り過ぎないように気をつけましょうね~。
ではまた!
Namaste
金澤誓子

チカです。 

chicaayvgarden.jpg

滞在中は、アーユルヴェーダドクターによるコンサルテーション、施術、食事、生活、養生法、アーユルヴェーダー薬草園での薬草のお勉強と実践がありました。

実は、日本で今まで私が頭でっかちで覚えた沢山の知識だけでの、取り入れ方では、どうしても、しっくりきていませんでした。知識だけ先行していて、実践が伴っていなかったのですね。そこで、実際に、ケララで体験してみて、その意味が良~くわかりました。宇宙は<空、風、火、水、地>から作られ、生きてゆくうえで全ての繋がりを持ち、私たちの身体も小さな宇宙のように作られています。このアーユルヴェーダの智慧全てがその役割を成して、ここに繋がっていることを知りました。

chicaayvcenter.jpg

大地には様々な薬草が植えられ、、アーユルヴェーダのセンターでは前にも植えてあるシンボルのような「ホーリーバジル」(インドのお母さんは家の庭に植えてホームレメディにしています。)日本の「ヨモギ」と同じものも薬草園には植えてありましたよ!食事は体質に合ったものを食し、おき楽に過ごし、祈り、養生してゆく。健康の度合い、如何にこのバランスを保つか、またこのバランスが乱れた時、これを本来の状態に戻してゆくにはどのようにしてゆくのが良いのか?家庭の予防医学としても十分に役立てていけると実感したのです。勿論、精神性、心のバランスも同じですね。それには大きくヨガの智慧も役に立ちました。そう、これで、しっくり来たのです!(笑)

今回の旅で学んだ、アーユルヴェーダの智慧のほんの一部に過ぎませんが、この施術経験で私の体の変化が大きくありました。(また施術やこの話は後々に・・・)私は家庭の主婦ですから、夫や子供たち自分のことを家庭で実践してみて続けて役立ててみようと思います。

早速、帰ってきて、自宅の小さな庭に植えているハーブたちをもう一度整えて、薬草の庭にできたら!と、ワクワクしながら考えています。
ナオ先生も山の暮らしがとっても素敵ですよね!今自生の紫のすみれの花が咲いています。江戸時代には、花ちらし寿司にもしたそうですよ。日本にも色々な野草がありますね。母乳で乳房に傷ができたときには、ユキノシタを貼りました。次の日には傷が癒えていましたし、天ぷらにして食べるのが子供たちが大好きです。柿の木の若芽も吹いてきています。柿の葉茶もできますね!当たり前だった、日本の暮らしが、人間の無知さで失われようとしている今、少しでも再生できるように、次世代にも繋げてゆけるように、守っていきたいとも改めて思いました。
あ~本当に素晴らしい旅でした。インドの人たち、神様本当にありがとうです。

次は、ギーの作り方をご紹介します。

チカです。 インド旅行記を3回に分けてお送りします。

今回南インドに行く機会に恵まれました。こどもたちを連れて行った旅でしたから、先ずはこどもたちと一緒に楽しむ事を第一に考えました。色々な心配事も一切手放していこう!と思い切って行きましたよ。

一応、衛生面が配慮された施設とアラビア海沿いで子供たちものんびり滞在でき、何より体調を崩さず過ごせたことが何よりでした。
滞在中のブログにも書きましたが、インド人は子供が本当に大好きで、特に日本人の淡白な顔立ちの(笑)子供を余り見ないせいか、施設のスタッフ全員にとっかえひっかえ抱っこされ可愛がられ、アーユルヴェーダのおじいちゃんドクターと一緒に遊んだり、息子は少し皮膚疾患があるので手当てしてもらったり、子供たち は生き生きと馴染んでインドの子の様に、裸足で遊んでいました。

chicahirodr.jpg chicaayvcare.jpg 

chicahiroenjoy.jpg chicashukahirocow.jpg

毎日ではないけれど、早朝のヨガの練習に一緒に来たり、象さんのお散歩見たり、牛さんとの会話、海岸で貝殻取りにお散歩、おやつの時間にはチャイ屋のおじさんとのコミニケーション、夕方の瞑想などなど、。、、、アクティビティが充実していて、一日が過ぎるのがあっという間でした。

また、ここケララは古代空手のルーツ発祥の地でもあります。Kalaripayattu(カラリパヤット)と言い12世紀ころからの伝統武術です。

chicakalaripayattu1.jpg

働いている男性セラピストたちスタッフが早朝から精神と身体安定のために猛練習しています。それはそれは、本当に神聖な雰囲気の中で行われ、土で作られた道場で、日本で言うとお相撲部屋の練習場のような場所でした。神様に捧げる儀式、武術です。見学させてもらい身が引き締まり、大変感動しました。ヨガのアサナにも、この武術が良く反映されているので、その伝統も少し体験できましたよ。(Kalaripayattuとヨガについては、またの機会に詳しく別で報告しますね。)

さて、今回の旅の一つ目の目的に、生命の科学とも言われている「アーユルヴェーダ」のお勉強があります。
滞在したケララはアーユルヴェーダの発祥の地。
私は両親の影響もあり、子供のころから自然療法やホリスティック療法に興味がありました。
私に両親がしてくれた日本古来の養生法、手当て法、山菜野草料理。そして大人になって出会ったヨーガ、自分が親になってからはホメオパシー、アーユルヴェーダ、日々の生活で、このことに触れてゆくことが本当に大好きです。
でもこれは、全部これ一筋で行っているというわけではありませんよ~(笑)。
「自分の快適なサイズ」で暮らしに生かしています。この「自分サイズ」というのが私にあっているとそう感じています。

2に続きます。次はもう少し詳しくアーユルヴェーダについて話していきます。

SHIZENヨガスタジオの人気講座、春夏季のシリーズクラスのお申し込みは、4月23日(月)までです!お申し込みがまだの方は、是非こちらをご覧ください。今日は、マドカ先生からメッセージです。すばらしいことが書かれていますので、シリーズクラスにご興味にない方もぜひお読みください。ナオ先生のシリーズクラスについてはこちらのブログをご覧ください。(ケイコ)
—————————————————————————————–

マドカです。

土曜日5時ベーシック2のシリーズクラスを担当しています。

今日は自分のシリーズを宣伝するためにブログを書いています。^^

土曜日のシリーズは、4年前に始まったものです。当時は入門でしたが、今はベーシック2です。

このシリーズでは、「心のヨガ」を重視していますが、アーサナももちろんします。時によってちょっとハードです。時によってとてもゆったりです。しかし、どの練習をしても、身体と呼吸、心の変化に常に注意を向けて、その変化を意識化していきます。自分にフォーカスを当てていくと、知性に導かれ、いろんな気付きが可能です。この気付きを深めるために、瞑想と黙想、参加者皆との話し合いもしていきます。

このシリーズは、私にとって大切な宝です。参加者全員のおかげで、私もインストラクターとして成長してきていると思います。そして、毎回、クラスの皆さんがヨガを上手く日常生活に取り入れていることが分かると、インスピレーションと力をいただきます。シリーズの皆さんも、私も、この4年間様々な観念から徐々に自由になってきています。クラスでは、自分の思いや日常の経験をシェアすることによって、お互いに勇気づけたり、笑いを共有したりしています。

面白いことに、なぜお互いに勇気付けたり、インスピレーションを与えたりできるかと言うと、誰も素晴らしいヨギーニ/ヨギーになろうとしていないからです。他人になろうとしていないからです。自分に気付いて、自分を生きようとしているからです。

「素晴らしヨギーニ/ヨギー」の響きは良いかもしれませんが、実在のない理想です。素晴らしいヨギーニとヨギーはもちろんいますが、皆それぞれ個性や特徴はありますね。「ヨギーニ/ヨギー」の定義に自分をあてはめようとすると、目は外に行ってしまいますし、苦しくなることは多いかと思います。

シリーズの皆さんは、実在のない理想になろうではなく、正直に自分の内面に目を向けて、心の働きに気付いて、他人の評価ではなく、自分の人生を歩んでいます。まだ他人の評価が気になることはありますが、それもその時の自分だと気付いて、歩み続けています。結果、皆さんは素晴らしいヨギーニとヨギーであります。

定期的に皆と集まると、皆さんの意識の相乗効果でしょうが、気付きが深まり、一週間社会で植えつけられそうになったものを掃い、素直に自分の内側とつながり、より素の自分でいられるようになっています。

このシリーズにご関心のある方、以前から継続しているシリーズだからと言って申し込みを躊躇しないでください。自分はどういう生き物なのか、内側を素直に、正直に見たい、その好奇心があれば、是非気楽に申し込んでください。アーサナは1、2年の経験があれば大丈夫です。

シリーズ申し込みの締め切りは4月23日(月)です。

楽しみにお待ちしております。

English follows below .

SHIZENヨガの5月-8月の新しいスケジュールが出来ました。
スタジオもしくはウェブサイトのオープンスケジュールのページ(pdf)からご確認頂けます。
新しいスケジュールによるこちらのクラスはゴールデンウィーク明けの5月7日からになります。

<5月からの新しいクラス>

月曜日
9:00 上級 ドミニカ先生(毎週になります)
13:30 インストラクター向けヨガスートラ  ナオ先生(第2月曜のみ)
(クラス内容はwebの インストラクタークラス概要からご確認ください)
19:30 ベーシック0 ムツコ先生
(クラス内容はwebのオープンクラス概要からご確認ください)
火曜日
11:00 ベーシック2 ドミニカ先生
13:00 ベーシック1 ヒサコ先生
水曜日
13:00 ヨガママ チカ先生
15:00 インストラクタークラス ドミニカ先生/マドカ先生
(クラス内容はwebのインストラクタークラスをご確認ください)
木曜日
17:30 ベーシック0 ムツコ先生
19:30 ベーシック2 ドミニカ先生/ムツコ先生
金曜日
17:00 リストラティブヨガ ドミニカ先生/ムツコ先生

<時間変更>
火曜日&金曜日
7:00-8:30 朝ヨガ ムツコ先生
金曜日
19:30-21:00 メディテーション マキノ先生(不定期クラス)

The new SHIZEN schedule has arrived in the studio and is now available for download on the Open Schedule Page.(Sorry Japanese only.)Please make note of the following classes in our new schedule from May 7th.

<New Classes>
Mon
9:00 Advanced-Dominica
13:30 Instructor Sutra Class -Nao (2nd week of each month)(see Instructor Class page for details)
19:30 Basic 0 -Mutsuko  (See open class description page for details)
Tue
11:00 Basic 2- Dominica
13:00 Basic 1 -Hisako
Wed
13:00 Yoga Mama- Chica
15:00 Instructor Class-Dominica/ Madoka (see Instructor Class page for details)
Thu
17:30 Basic 0-Mutsuko
19:30 Basic 2-Dominica/Mutsuko
Fri   17:00 Restorative Mutsuko/Dominica

<Time Changes>
Tue & Fri 7:00~8:30 AM Yoga -Mutsuko
Fri 19:30~21:00  Mediation-Makino (*Irregular class)

ナオです。
去年の6月から山梨県小淵沢に引っ越して、田舎暮らしを始めました。
k1

3月11日、日本が竜のごとく動き目覚めた日。
その衝撃をカラダで体感し、それに続く原発事故の恐ろしさを目の当たりにして
「いつ死ぬかもしれないのなら、やりたいことを始めるなら今しかないんだ!」
と実感し、ずっと望んでいた暮らしを現実化させるため行動に移しました。

こちらでどのような生活を送っているかというと、とにかく、ゆったり生きることを味わう、
地球という星で生きるということがどういうことなのか実感する暮らしです。
k3

自分の肉体と精神の状態を作っている食べ物。
それがどのように作られるのかこの目でこのカラダで知りたい。
そして、この手で自分の食べ物を作れるようになりたい。
その気持ちから、自然農を学んでいます。
k2

気づくのは、私が自分の命についてほとんど知らない、ということです。
いのちの働きは、本当に繊細で、心静かによーく観ないとわからない。

もくもくと畑に向いながら、自分の頭の中に絶えず雑念が流れて行くのを観察していると
いつしかふっと静かな心が訪れます。そして、言葉では説明できない
満たされた心地よさに包まれます。
img_0126.jpg

自然から言葉でなく学ぶもの。
それをあえて言葉にするならば、
「そのまあんまでいいんだよ、
何も足りてない物はないよ、
ゆっくりゆっくりいのちのリズムで生きていけば大丈夫」

毎週日曜14時から16時の「ゆったりヨガシリーズ」では、
私が、八ヶ岳のShizenから感じたことを、ヨガのアサナや呼吸法、日常に使えるセルフケア法やディスカッションを通じて
東京のShizenの皆様に直送便でお届けしています(笑
k4

ケイコです。

ただいま、SHIZENヨガスタジオが入居しているビルディングがメンテナンスを行っており、壁、階段などの掃除、ペンキ塗りなどがおこなわれています。階段が通れなくなっている場合は、階段右横のマンション入り口から入り、エレベーターをご利用ください。

 ご協力ありがとうございます!

Next Page »