July 2011


ドミニカです。 

Two weeks ago I went for four days to volunteer in Tohoku to see the situation there, learn how I could help, and to try to make more connections for future donations and volunteer actions from SHIZEN.

私は、2週間前に4日間、東北の現状を見るために現地に向かいました。どのようなお手伝いができるのか、そしてSHIZENは今後、みなさんから寄せられた寄付金をどのように使うのか、どのような活動ができるかを探り、また直接の人間関係も作りたいと思って行きました。

img_3122_2.jpg img_3218_2.jpg img_3325_2.jpg

What I witnessed in Tohoku will leave an impression with me for a long time to come. The impact for me was not the huge amount of damage that will take YEARS to clean and rebuild but rather the people of Tohoku themselves and the silent hero’s who quietly appear daily at the volunteer centers to do what needs to be done without fanfare or media hype.  Men and women who are deep brown from many months of long exposure in the sun show up and sit quietly waiting to hear the assignment list for which they will volunteer for. They do not seek acknowledgement; they do not get paid nor do they receive assistance with lodging or food. They work hard and they keep the faith knowing there in no quick fix but that some change will come through their actions.

現地で見たことが、私の心の中に強い印象として長年残ると思います。
被害の大きさのため、片付けや復興作業は確かに何年もかかると思いますが、印象深かったのはそれではありませんでした。
一番心に刻まれたのは、東北の人々自身、そしてメディアには取り上げられない、やるべきことをコツコツとこなすために毎日ボランティアセンターにやってくる静かなヒーローたちです。男女問わず、何ヶ月間も太陽の強い日差しを浴びて、濃い茶色に日焼けした方々は、ボランティアの割り当てを静かに待ちます。彼らは評価を求めません。報酬や宿泊、食事も特にもらっていませんが、一生懸命働きます。状況はすぐに改善されないことは分かっていますが、一人ひとりの行動によって何らかの変化があると信じています。
(more…)

ケイコです。

7月28日発売のYoga Journal 18号に、SHIZENヨガスタジオの生徒さんたちが載っていますので、ぜひご覧ください。Voice of Yogi のページです。生徒さんがいろいろなポーズをしながら、にっこにこの笑顔でリラックス法を紹介しています。とってもすてきです。

スタジオにも置いてありますよ。

ナオです。 

sy-e0094.jpg

シリーズ企画では初のゆったりヨガシリーズを開講します!!!
シリーズの内容については、シリーズクラスの詳細ページに掲載してありますので、今回は、ゆったりヨガをなぜシリーズにしようと思い立ったのかを皆さんにお伝えしたいと思います。

第一の理由は、私自身のヨガの練習の中での実感に基づいています。
ゆったりとした時間の中で、アサナ(体位)、プラナヤマ(呼吸法)、メディテーション(瞑想)を通して行った時、その効果は、体だけではなく、心の深部にまで安定と自信をもたらしてくれます。2時間前、あんなに元気がなくて、イライラしたのに、ヨガを楽しんだ後、こんなにエネルギーが回復していて、幸せを感じられるなんて。ある生徒さんがこう表現していました。「無理して元気を作り出してるんじゃなくて、なんだかコンコンと自分の内側からエネルギーが湧き出てくる!」
ヨガって本当にすごいんだ、命ってこんなに不思議なんだ、そんな感動を皆さんにも、ぜひ味わっていただきたい!、そう思ったことから企画しました。

monday-series.jpg

もう一つの理由は、震災後、特に私が噛み締めていることです。
それは、仲間の大切さ。
この困難な時代を生きるには、たくさんのエネルギーが必要です。
私たちは、食べ物だけからエネルギーを得ているのでなく、仲間と笑い合ったり、触れ合うことで、たくさんの素晴らしいエネルギー交換をしています。
それを実感できるのが、シリーズの大きな利点。
毎週顔なじみのメンバーでヨガの時間を過ごすことで、特に深く語り合わなくても自然と和ができ、仲間とスタジオにいるだけでほっとする空間が出来上がります。
それも、皆さんと共有したいことの一つです。

こんな状況だからこそ、気づけることがあります。
「私たちは、皆、様々な繋がりによって支えられている。」
これは、ヨガの語源でもあります。

私が実感しているヨガの素晴らしさを分かち合うことで、皆様の笑顔が輝きだすのを見ることが私の喜びです。私は、今から、ワクワクしています。

ナオ 秋季シリーズクラス
日曜日 14:00-16:00 ゆったりヨガ
日曜日 16:30-18:30 ヨガスートラ座学
お申し込みは、8月5日(金)開始。シリーズクラスのページからどうぞ。

チカです。

ベビーヨガのクラスでは、あそびうたで歌ったり手遊びしたり、
マッサージとお歌にヨガのアサナをミックスしたりの楽しい時間を過ごしています。
これは私自身の子育て中でシュタイナー幼稚園や昔あそび、わらべ歌の会などで子供たちと一緒に遊んだことからきています。

babyyogabook22.JPG

今回はその中でも子供たちがお気に入りだった
あそびうたの本をご紹介します。
「赤ちゃんとお母さんのあそびうたえほん」
「こどもとお母さんのあそびうたえほん」
絵のタッチと色使いがとても可愛らしくて、小さな子供にもその楽しさが伝わります。

比較的小さな本でそれほどかさ張らないので、小さな赤ちゃんの時からよくお出かけのお供になりました。
もう外カバーが何度もボロボロになりテープで止めたりした思い出の本です。
他にも北原白秋や金子みすず、まどみちおさんが大好きで、今でも上の子も下の子も一緒に歌っています。
日本語の美しさやリズム、歌や音も感じてもらえたら嬉しいです。
ママがあそびうたを覚えるとお出かけ中にちょっぴりぐずってしまった電車の中などでも
ことばあそびに手遊びで集中して遊ぶことができますし、
なんと言っても、おもちゃが無くても遊べる!
素晴らしい良い点があります。
忘れていた「何か」に気づくかもしれません。
赤ちゃんたちはママの声が大好きです。声を出して歌うと気持ち良いですよ!
赤ちゃんたちもキラキラにっこりです!
私も、そして、ベビークラスの前のゆったりクラスに参加してくださる大先輩ママさん方も
ベビーちゃんたちに会うことでいつもそのみんなの笑顔に癒されています。

次回はマッサージのオイルについて紹介しようと思います。
ナマステ。

ケイコです。

海の日に行われたマドカ先生とケイコによる3時間のヨガニードラの感想第2弾です。(第1弾はこちらから)。この文章は、ヨガニードラクラスに参加された、ウシホさんがクラスを受けることができなかった生徒さんに向けて、書かれたものです。とてもユーモアあふれる、かつ貴重な体験が書かれておりますので、お楽しみください。ウシホさん、すてきな体験ができて、よかったですね!

—————————————————————————————–
ジュンコさんへ

先日のヨガニードラクラス、行きたがっていたのに参加できなくて残念でした。私は幸運にも参加できたのでご報告します。

前半はケイコ先生による早めテンポ、アクティブ目なアーサナパートを堪能します。腹筋たっぷり。ごちそうさまです。後半はマドカ先生によるヨガニードラとチャンティング。ヨガニードラは30分以上横たわり、先生の誘導をうけながら、思考は眠っているが五感や意識は覚醒しているという状態を保ちます。

さて3時間のクラス後、スタジオの外に出ると、あれ?いつもと視界が違うのです。吉祥寺駅へ行く風景が、ファミマが、スーパーライフが、高画質。はっきりくっきり、まことにクリアな視覚情報が脳に伝わっているらしいのです。窓ガラスをきれいに拭き掃除してピカピカのガラスから見ているみたい。

これがアーサナ+ヨガニードラ効果か!

私はヨガニードラ単体の体験はありましたが、その時は深い疲れがぬけて気持ちよいというリラックスを感じただけでした。(それだってたいしたものだよ効果なのだけど)質の高いアーサナ練習が、よりヨガニードラの効果を引き上げたらしいのです。

気分はリラックスして波だたず静か、同時に意識は明晰という、本のなかで先達たちが語っているあの状態が私にも訪れたのではないのか?すごい、ブラボー!アーサナごめん!今までちょっとなめてたかも。ヨガニードラバンザイ、ラブ&ピース!

そんな状態は、渋谷駅到着ころには薄れていましたが、井の頭線の車窓からの「どうだ、これが世界だぞ」てな存在感のある夕暮れの風景は、今も体に残ってます。こんな効果があるのなら、ヨガニードラクラス後に好きな人の顔をみるといいかもです。でもいつもと同じ帰り路、見慣れた風景を「きっれっいだなあー」と辿るのも贅沢。

付け加えると、マドカ・ケイコ先生の組み合わせには不思議な調和があります。存在の調和。自然すぎて調和していることに気付かない調和。よくわかりませんね。是非体験してみて下さい。

このクラスに次があるよう、ジュンコさんもハガキを書こう(年がばれる)。それでは、またスタジオで会いましょう。

うしほ

レイコです。

socky.jpg

みなさん ソックモンキーの企画に賛同いただき有り難うございます!中には7匹兄弟を制作してくれた人も!!(下の写真の床に置いてある写真の右から7匹がその子たちです。)総勢18匹の可愛いお猿ちゃんが宮城に向かって旅立ちました。23日に宮城の海のイベントでナオ先生により子供たちに配られましたので、その反響は後日お伝えする事が出来ると思います。

shizenzoo2.jpg

今回は ソックモンキー活動の発起人の私の友人と、先月 ソックモンキーを被災地に届けてくれた人の声をお伝えします。(こちらは子供ではなくお年寄りに配られました。)

「あなた方のおサルのぬいぐるみが、総てを津波で流されたお年寄りの心をどれだけ癒す事になるのか… それは皆さんの想像以上の効果です。瓦礫の中で、仮設住宅の中で一人になってしまったお年寄りの心の拠り所になっています。 (愛でる)ものが何もない中でおサルは大切にされています。」

「現地では仮設住宅でのお年寄りの孤独死や自殺を凄く危惧していて、そんな中で誰かが想いを込めたおサルは本当にね、大切な存在なんだって… 袋から出した時に、お婆ちゃま達の目の色が変わって、抱きしめて、これ可愛いなぁ~・欲しいなぁ~って言うんだって…」

(第2弾の旅立ちは8月下旬か9月上旬を予定していますが、集め方が変わるかもしれないので、もう少々お待ち下さい。もう すでに作って下さっている方は、スタジオでレイコ宛に預けて下さい。別のヨガスタジオのソックモンキーチームもいますので、そちらに合流して連れて行ってもらう事も出来ます。)

ケイコです。

先日は、マドカ先生とケイコによる、3時間のヨガニードラのクラスに大勢お越しいただき、ありがとうございました! クラス後、いろいろな感想を聞くことができて、とても興味深かったです。「何もしない」という時間を楽しんでいただけたでしょうか。

yoganidra1.jpg 

今日は、マモルさんの、後日ウシホさんの感想を掲載いたします。お二人とも、どうもありがとうございます!
——————————————————————————————-

マモルです。 

生活している中で、心身ともにリラックスすることは、なかなか難しく感じます。つい肩に力が入ってしまう自分にとって、このヨガニードラのクラスを受けることを楽しみにしていました。

最初は、マドカ先生の説明で、手足の関節をほぐすことから、クラスがスタートしました。その後、ケイコ先生が2時間あまり、アーサナを指導されましたが、アドムカシュワナーサナ、ナヴァアーサナやサンサルテーションなど、しっかり動いた後、スプタ・バッダ・コーナーサナやパルシュヴァ・パヴァンムクタサナなどで、心身ともに、ほぐれました。

それから、マドカ先生のヨガニードラのパートになりました。ヨガニードラは、心身ともに休んでいるけれど、意識はしっかりしている状態を作り出すものとの話があって、始まる前に、動かないで、30分間いられるように、身体に違和感がないような場所を探してくださいと言われました。ただ、ヨガニードラの途中で、寝てしまっても、自分をとがめたり、混乱したりしなくていいですよと言われたので、安心して始められました。

残念ながら、ヨガニードラの途中で、うとうとしてしまい、記憶が途切れてしまう部分がありましたが、ポジティブな言葉を繰り返すというサンカルパという方法や、身体の部位にフォーカスしていくところや庭や海などをイメージしながら、その情景を思い浮かべていくところなど、終わる頃には、不思議と、意識が澄んでいくような感覚がありました。心身ともに疲れが抜けて、すっきりした気分になりました。

今回、アーサナとヨガニードラの組み合わせが深いリラックス状態につながったと思います。
マドカ先生、ケイコ先生、どうもありがとうございました。
ぜひ、また、こういう機会を設けていただければうれしいです。
——————————————————————————

またこのような機会を設けたいと思いますので、ぜひお越し下さい。また、9月よりマドカ先生による、新しいオープンクラスも開催されます。アーサナとヨガ・ニードラもされるご予定ということですので、楽しみですね!詳細は、決まったら、またお知らせします。

ケイコです。 

秋季シリーズクラスの詳細がupされました。秋季は、今までの9つのシリーズクラスに加えて、ドミニカ先生による水曜日9:00-10:30ベーシック1、ナオ先生による日曜日14:00-16:00のゆったりヨガが始まります。詳細は、こちらのページをご覧ください。オンラインのお申し込み期間は、8月5日(金)から8月22日(月)までです。

シリーズクラスはドロップインではなく、事前のお申し込みが必要となります。そのため、同じメンバーで4ヶ月続けてクラスを受けることができます。ヨガを習慣にしたい、と思っている方、継続したプラクティスをされたい方には最適な方法です。「シリーズクラスだったら、事前にお金払って申し込んでいるから、続けられると思って」とお申し込みになる方も多いですよ。また、同じ仲間と続けられるのも特徴のひとつですね。ヨガ仲間がいるというのはたいへん心強いものです。

インストラクターの立場としては、どなたがいらっしゃるか、分かるので、その生徒さんに合わせたクラスをしていくことができます。また、クラス内容をより深く、詳細に、行うことが出来ます。

シリーズクラスを受けたことのない方、興味はあるけど、どのクラスを受ければいいのか迷っている方のために、来週からシリーズクラスのいくつかをご紹介していきます。

過去の記事の生徒さんの感想もご参考ください。こちらは過去のシリーズクラスですので、日時、内容などは異なりますので、ご注意ください。

ナオ先生 スートラクラス A, B
マドカ先生 ベーシック2  AB C
マキノ先生 瞑想 A, B
ケイコ ベーシック2 A, B, C

ケイコです。 

English versions follows Japanese. (Click “more” below.)  

体の部位-内臓に関するヨガ英単語帳です。

内臓 - internal organ
心臓 - heart
肺 - lung
肝臓 - liver
膵臓 - pancreas
脾臓 - spleen
胆嚢 - gall bladder
胃 - stomach
腎臓 - kidney
十二指腸 - intestine duodenum
腸 - bowel, intestine
小腸  - small bowel, small intestine
大腸 - colon, large bowel, large intestine
子宮 - uterus
膀胱 - bladder

(このコラムは、かつて自分のブログとフリーペーパーヨガヨムで、Sakuraの名前で連載していたものを整理追加して、連載しているものです。)
(more…)

ケイコです。 

今月のアーサナは、「戦士のポーズ2」です。SHIZENヨガスタジオのロゴともなっているポーズで、「勇者のポーズ2」とも言われますね。ヴィーラバドラという勇者の名前からついた、と言われています。ヨガを習い始めたら、まず始めに習う立位のポーズの一つではないでしょうか。水曜日と土曜日にベーシック1を担当されているレイコ先生にこのポーズについておうかがいしました。モデルもレイコ先生ですよ!

reikoviraii01.jpg

Q. このポーズの名前を教えて下さい。

A.  ヴィーラバドラアーサナ2

Q.  力強いポーズに見えますが、効果を教えて下さい。

A.  脚の筋力が強くなるので、血行やリンパの流れを促進し、内蔵の働きも良くなる手助けをします。集中力を養い、心身の安定感を養います。また、他の様々なポーズの基礎を作ることにもなりますよ。

Q.  このポーズに関して、思い出やエピソードがあれば教えて下さい。

A.  このポーズは ヨガをはじめたころから、いろんな先生のクラスでやっていました。しかし股関節が硬い私には、ちっとも気持ちよくなかったのです。楽しさによる勢いのみで、ポーズをやっている頃でした。

そんなある日、ヨーロッパからきた、とある先生の腰がテーマのワークショップに出ました。そのワークショップでは2時間かけて様々なポーズで、腰だけでなく、胸を開く準備もして最後の方にやっとヴィーラバドラアーサナをやりました。これがすごく壮快だった!そこでやっと「すべてのポーズは知識と練習による準備が必要で、そうするとコツがつかめ、そのコツこそが心と体が一体になった証拠なんだ」と知りました。良いクラスは気づきを起こさせるクラスでもあるんですね。
(more…)

Next Page »