January 2009


2月の意識ある暮らしイベントは「原子力に代わる力」と題して、SHIZENに長年通っている伴英幸さんにお話していただきます。伴さんは 原子力に関心を持ちNPO法人原子力資料情報室(原子力のない未来を提唱)のスタッフとなって20年。現在は共同代表を勤めています。
エコという言葉が身近になった近頃、とても身近な原発の存在ですが、知らない実情をこれを機会に知ってみてはいかがでしょうか?

日時:2月28日(土)19:00-21:00
場所:吉祥寺SHIZENヨガスタジオ
内容:第一部-伴さんによるお話19:00-20:00
参加費なし、寄付をしていただけるとうれしいです。

第二部-食事会 いつもの通り、持ち寄りのお食事会
持ち物:一人1品(手作りのものでなくても構いません)
自分の分の飲み物・コップ・皿・はし・おしぼり等
※ゴミはそれぞれお持ち帰り頂くので、ビニール袋など。

話題提供:伴英幸(SHIZENヨガスタジオの生徒)
原子は大きな力を秘めています。この力は主として二つのことに利用されています。ひとつは核兵器として、そしていまひとつは発電に。核兵器開発で人類はパンドラの箱を開けたといわれています。誰もが核兵器を廃絶したいと願っています。発電の方はどうでしょうか?
毎日のように、二酸化炭素を出さないゲンパツは温暖化防止に役立つと宣伝されています。

でも、いったん原子の持つ力を取り出すと、やっかい極まりない廃棄物が後に残ります。
意識ある暮らしイベントの第3回目は、原子力に頼らず、二酸化炭素もやっかいな廃棄物も減らす豊かな暮らしをみなさんといっしょに見つけていたいと思います。
イマサラ聞けない話しもどんどんしましょう。ふるってご参加ください。

  img_4483.jpgearth-full-gpn-2000-001138-ga.jpgimg_3897.jpg

Conscious Living Event #3

Feb 28, 2009 (Sat) 19:00-21:00 Kichijoji SHIZEN Yoga Studio

Donation

Part 1
Talk: Nuclear Energy Alternatives by Hideyuki Ban
Part 2
Potluck

Things to bring:
*Food to share (4-5 servings. Fruits are also welcome. Please avoid soupy food. )
*Your own drink, cup, plate, chopsticks, hand towel, etc
*Plastic bags (It is for your used plates, cups and garbage to bring home. We are sorry but dishes cannot be washed in the studio bathroom.)

Speaker:  Hideyuki Ban (student at SHIZEN Yoga Studio, Co-Director of the Citizen’s Nuclear Information Center)

Topic:   Atoms contain immense power. This power has been used for primarily 2 purposes. One is for nuclear weapons, and the other for nuclear power.  It is said that with the development of nuclear weapons, humanity opened Pandora’s box. Everyone is hoping for the elimination of nuclear weapons. But what about nuclear generated electricity?
Nuclear power is advertised widely as the great energy alternative because it does not emit carbon dioxide and is thus helpful for preventing global warming. However, once the power contained in atoms is harnessed, what remains is incredibly problematic waste material.
At SHIZEN’s 3rd Conscious Living event, we will look for ways to live a fulfilling life that does not depend on nuclear power and can enable reduction of nuclear waste as well as carbon dioxide emissions.
No questions or opinions are too elementary or out of place.  Feel free to come and ask anything you’d like to know.
Hideyuki Ban has been working at the Citizen’s Nuclear Information Center aiming for a nuclear-free future for 2 years. He is currently Co-Director. The website offers a good amount of information(click on above hypertext) in English in addition to its Japanese information.

毎年SHIZENにお越しいただいているポールとマーラが今年も3月に来日します。参加するごとに、その経験の深さと豊かさ、またヨガや生徒に対する真摯な姿には驚かされます。
マーラはアメリカ版ヨガジャーナルで2008年度最も素晴らしいヨガインストラクター30名の一人として選ばれました。

年に一度のチャンスですのでお見逃しなくお申込ください。
詳細はSHIZENホームページをご覧ください。
お申し込みは2月1日(日)からスタートいたします。

ポール・カバニス:  ポール・カバニスはアイアンガーヨガの認定インストラクターであり、17年間ヨガを教えています。アメリカとインド、両国でヨガの教えを献身的に学んできました。インドのプーナにあるアイアンガーヨガ協会に足を運び、BKS・アイアンガーとギータ・アイアンガー、プラシャント・アイアンガーのもとで2年間勉強し、一般のクラスと医療クラスでの助手も務めてい
ました。インドやヨガの哲学に精通しており、ヨガスートラやバガヴァッドギータ、ブリハッド・アーラニヤカ・ウパニシャッドに関してセミナーを行っています。ロスのアイアンガー協会とYogaWorksのシニア・ティーチャーでもあり、アメリカの国内外でティーチャートレーニングやリトリートを行っています。ポールは、芸術や音楽、哲学に対する情熱を織り込みながらユーモアのある教え方で指導することで知られています。

マーラ・アプト:  マーラ・アプトはアイアンガーヨガの認定インストラクターであり、15年以上ヨガを教えています。ロスのアイアンガーヨガ協会とYogaWorksのシニア・ティーチャーであり、カリフォルニア州を始め、国際的に幅広くヨガのワークショップを開催しています。インドとヨーロッ
パ、アメリカでBKSアイアンガー師の直接指導を受けています。マーラは毎年インドに行き、アイアンガー家の下でヨガを学び続けながら、医療関係のクラスを手伝っています。マーラは、アイアンガーヨガのアメリカ資格委員会の一員であり、又、認定資格検定員でも務めています。マーラは現在Yoga JournalのHome Practiceページのコラム執筆を担当しています。

marla-kapotasana-final_1.jpgpaul_and_marla_811.JPGkasyapasana2_1.jpg

Back for their 3rd year, SHIZEN Yoga Studio proudly welcomes the return of Paul Cabanis and Marla Apt for 4 days of Iyengar yoga workshops March 20th-23rd. See events & workshop page for further details.  As the combination teaching of Paul and Marla is very popular, and space is limited, early registration is  recommended. Online registration begins February 1st.

Paul Cabanis: Paul, a certified Iyengar Yoga Instructor has been teaching yoga for 17 years. He has immersed himself in the study of yoga in both the United States and India. He spent two years at the Iyengar Yoga Institute in Pune, India, studying with B.K.S, Geeta, and Prashant Iyengar, assisting in both the general and medical classes. He is well versed in Indian thought and has taught seminars on Yoga Sutra, Ghagavad Gita, and Brhadaranyaka Upanisad. He is a senior teacher on staff at the Iyengar Yoga Institute of Los Angeles and Yoga Works and teaches training courses and retreats nationally and internationally. Paul is well known for his ability to weave his love of art, music, and philosophy into his humorous teaching style.

Marla Apt: Marla, a certified Iyengar Yoga Teacher, has been teaching yoga for over 15 years. She is one of the senior teachers on staff at the Iyengar Yoga Institute of Los Angeles and Yoga Works, and regularly leads workshops and teacher trainings at Yoga Works, yoga studios throughout Southern California, and internationally. Marla has studied with B.K.S. Iyengar in India, Europe and the United States. She continues to study annually with the Iyengars and assist in their medical classes in India. She is on the National Certification committee in the U.S. and is an assessor for the National teacher certification exams. She currently is a contributor for the Yoga Journal writing the Home Practice column.

アヤです。

21日の水曜日から2週間、インドに行ってきます。

初海外旅行(すごく珍しがられます)で、インド、そして一人旅!

周りからは「無謀だ」とか「勇気がある」とか「普通じゃない」と言われています。

確かに自分でも意外な行動なのですが、仕方がない。

だって、インドに“呼ばれて”しまったんですもの。

ヨーガを始めた頃から、漠然と「いつか行きたいな」と思っていました。

でも周りのインド経験者から言われていたんです。

「インドはね、呼ばれて行く場所だよ。呼ばれないのに行ったらトラブルになるよ」

半信半疑でした。正直「呼ばれるってなんだよ~(笑)」とバカにしていました。

でも、今回のインド行きが決定したとき「あ、これが呼ばれるってことか」って思いました。

海外旅行をしたこともなく、英語も話せない私が、突然インドなんて!

自分でそう思っているのに、どんどん準備が進んでいきます。

自らいろんな手配をしているのに、誰かにさせられている感じがします。

この現実感のなさこそが“呼ばれた”人の行動なのかな?なんて思いました。

と言う訳で、インドです。予定としては、デリーからリシケシへ。

あちらのヨーガ・アシュラムで評判の良い先生たちの

アーサナや瞑想のクラスに参加しようと思っています。

体力と気力があまってて、英語での会話に自信がついたら(つくかな?)、

国内線で南インドの街・チェンナイに移動してみるつもりです。

余裕があったら、あちらのネットカフェからブログをアップするかも知れません。

余裕がなかったら、帰ってきてからコツコツとブログをアップします。笑

では、皆様、行ってきます!

SHIZENヨガスタジオ 意識ある暮らしイベント 1月24日(土)19:00-21:00

ドミニカ セリガの & デイナ・ リービ

地球に優しい生活ーこのイベントはSHIZENに来たことがない方やご家族みんなで参加できる イベントです。ぜひご一緒にこのテーマについて考え、ゲームやおいしい食事、日々の生活でより地球に優しく過ごす方法を深める活動にご参加ください。
食事は持ち寄り形式:おひとり様一品をお持ちください。(3~4人分)、お皿やお箸、カップ、ゴミを持ち帰るバッグもご持参ください。また、まだ使えるけれど自分では使っていない品物をお一つ、ありましたらお持ちください。
お申し込みはSHIZENオープンページから。

Shizen Yoga Studio Conscious Living Event January 24th 19:00-21:00

Led by Dominica Serigano and Dana Levy

“Daily Sustainable Living”--this workshop is open to all members and non members of Shizen, including prenatal and families. Please join us for an evening of discussion, games, good food, and activities to develop understanding and skills for living more ecologically with the earth on a daily basis.
Pot luck style; please bring a dish to share (3-4 servings), and your own diningware, as well as a bag for your trash. As well, please bring one useful item which YOU DO NOT NEED for one activity.” Please register here.

img_3841.jpgimg_4015-2.jpgimg_3841.jpg

 記念すべき「意識のある暮らし」第一回の模様をナオがレポートします。

Full Moon

2008年12月13日 一年で一番月が地球に近い、そして2008年最後の満月の夜  題して「みんなの気持ちを満たす日~満月の下でヤンバルの森に想いをはせる」を行いました。(やんばるの森についてはhttp://takae.ti-da.net/をご覧ください)

今回のイベントは、すべての人が、何らかの形で参加して、みんなで一つの空間を創造してみよう、というのが私の裏テーマでした。そして、今回初めて先生側と生徒側のコラボ企画に挑戦しました。チャア、エリさん、幸子さんという頼もしい助っ人のおかげで、イベントのタイトルも、内容も、 ポスターも、飾りつけも、本当に心のこもった、素晴らしいものになりました。いろんな人の色が入ることで、私だけではとても考えられない方向に企画がどんどん虹色にふくらんで行きました。みんなでつながって、一つのものを作り上げる力はすごいんだなあ。

jyunbi3.JPGprep

Shizenに通ってくださっている方々、参加者の友人、製作側を含め、素敵な方々が40人以上もスタジオに集まりました!来てくれたみんなで、まずは会場作りから。壁には、沖縄ヤンバルの子供達や豊かな自然の写真が飾られ、ボルスターやマットを駆使して、皆さんが心地よい空間を創ってくれました。一人ひとりの存在と工夫で空間の創作ありがとう! (more…)

皆さん、こんにちは。

今年からブログを担当することになりました工藤綾と申します。

どうぞよろしくお願いします。

まだShizenに通い始めて1年と短いにも拘らず、

このような大役を任せてもらえて、すごく感激しています。

既にShizenに通っている皆さんとの交流はもちろんですが、

これからShizenデビューを考えている方々にも、

Shizenの空気、Shizenの温度が伝わるようなブログを書いていきたいと思っています。

私は、インストラクターではありません。皆さんと同じ生徒です。

まさに今、ヨガを学んでいる者という目線から、

いろんな情報をお伝えしていくつもりでいます。

時には皆さんの意見や考えを求めたりするかもしれません。

一緒にヨガについて話し合っていけたらいいな。

他にも楽しい企画も用意していますので、

これからもこのブログのチェックをお忘れなく。

そして、どんどんコメントくださいね!

それでは。

img_3895.jpg

 

The quieter you become, the more you can hear.

-Anonymous

img_3311.jpg img_4191.jpgimg_4904.jpg

Warm greetings to the community of Shizen Yoga Studio-

I have just returned from a month of travels with my daughter in the United States. From the ocean, to the desert, to the mountains, I visited with long time friends and well loved family. I had the opportunity to experience diversity, from the cultural sophistication of San Francisco, California to the sustainability of a small community in Grand Junction, Colorado.

When we think of traveling we often envision that the places, people, or events will change us somehow. Reflecting on my travels, I found in this trip especially that the only change that occurred was  the environments and circumstances I exposed myself to.  Throughout, there was my inner observer, there I was. Rather than finding something new, I was simply more aware of what I had brought along each day, already there inside me.

For the New Year many of us make resolutions that are often about what we want to change about ourselves or our lives around us. I decided this year to instead focus on that which already exists within me, and to try and develop it more. What and who we truly are can never be lost, just forgotten.

In this time where so many seem to be loosing so much,  I think it is a good opportunity to look inside ourselves and see what already exists within us, waiting to be rediscovered or simply acknowledged.

It is good to be back at home in Japan in time for this entry into the New Year.  Prayers and meditations for a healthy and happy New Year for all, and I look forward to sharing yoga with you in 2009!—-Dominica

                                                                         img_3279.jpg