カルマヨガ Karma Yoga


ケイコです。

ブログでよくご紹介しているレイコ先生によるソックモンキーの活動やイネコ先生ご夫妻による東北支援のマジックバスなど、 ボランティア活動をされている先生方が大勢、SHIZENヨガスタジオにいらっしゃいます。

今日は、ヒサコ先生によるデイケア施設でのボランティア活動から、ヨガの講師として、定期的にヨガを教えることになった様子をお届けします。

—————————————————————————————-
Q.今日は、ヒサコ先生がインストラクタークラスやスートラクラスでお話されている活動について、お話をお聞かせいただきたいと思います。どのような活動なのですか?

この施設は依存症の問題を抱える人が、その依存対象から離れ回復していく為に必要なプログラムを行ってる施設です。ここでは、同じ問題を持つ者同士で話を聞きあうミーティングや認知行動療法などのプログラムを行っていますが、そのプログラムの一つとしてヨガも取り入れられています。私はそのヨガを伝えに行っています。

Q. 最初はボランティアで始めた、とおうかがいしていますが、どのような経緯で始められたのでしょうか。

その頃、私はヨガのライセンスを取得する為にボランティアで教える時間が必要だったので、そのようにヨガを教える事ができる所を探していました。知り合いに声をかけたりしていたところ、最初は別の福祉施設から声がかかり、まずはそこで教え始めました。暫くして、ライセンスも取得した後に福祉関係の方から今の施設を紹介されて数回行きました。そしてまた2年前くらいから毎週1回行っています。 (more…)

れいこです。

今回は津波の爪痕の写真です。
海から数キロ先までこのような状態です。

reikosanreport01.JPG

そこに生活があったであろう基礎の部分のみが残った家のあとに立つと、
ただ涙を流すことしか出来ませんでした。

reikosanreport02.JPG

テレビのニュースなんかでも 良く取り上げられた町の防災対策庁舎。
なんにもない 跡地にポツンと骨組みのみが残っていました。
(more…)

レイコです。

ご報告が遅くなりすみません。
昨年末までにみなさんに作っていただいたソックモンキーたちを
宮城県の南三陸町に届けに行ってきました。

ご報告したいことが沢山ありすぎて 写真も沢山あるので、ブログ2つに分けます。
今回はソックモンキーをお渡しした時の話を中心に書きたいと思います。

今回のツアーは埼玉の『東北の方々に寄り添う会』と『LO&PE(Love&Peace)』という
2つのコミュニティの方々が主催するツアー&イベントに
みなさんのソックモンキーと私が乗っからせてもらう形で行ってきました。
この二つのコミュニティーのみなさんは 震災直後に被災者の方々が
埼玉アリーナに避難していた時から、ずっと継続して協力を続けています。

(more…)

レイコです。

socky.jpg

みなさん ソックモンキーの企画に賛同いただき有り難うございます!中には7匹兄弟を制作してくれた人も!!(下の写真の床に置いてある写真の右から7匹がその子たちです。)総勢18匹の可愛いお猿ちゃんが宮城に向かって旅立ちました。23日に宮城の海のイベントでナオ先生により子供たちに配られましたので、その反響は後日お伝えする事が出来ると思います。

shizenzoo2.jpg

今回は ソックモンキー活動の発起人の私の友人と、先月 ソックモンキーを被災地に届けてくれた人の声をお伝えします。(こちらは子供ではなくお年寄りに配られました。)

「あなた方のおサルのぬいぐるみが、総てを津波で流されたお年寄りの心をどれだけ癒す事になるのか… それは皆さんの想像以上の効果です。瓦礫の中で、仮設住宅の中で一人になってしまったお年寄りの心の拠り所になっています。 (愛でる)ものが何もない中でおサルは大切にされています。」

「現地では仮設住宅でのお年寄りの孤独死や自殺を凄く危惧していて、そんな中で誰かが想いを込めたおサルは本当にね、大切な存在なんだって… 袋から出した時に、お婆ちゃま達の目の色が変わって、抱きしめて、これ可愛いなぁ~・欲しいなぁ~って言うんだって…」

(第2弾の旅立ちは8月下旬か9月上旬を予定していますが、集め方が変わるかもしれないので、もう少々お待ち下さい。もう すでに作って下さっている方は、スタジオでレイコ宛に預けて下さい。別のヨガスタジオのソックモンキーチームもいますので、そちらに合流して連れて行ってもらう事も出来ます。)

ケイコです。

リストラティブヨガと中級のクラスによく通って下さっているジュンコさんが、先週福島県にボランティアに行った様子をメールして下さいました。ぜひ、皆さんにも読んでいただきたいと、許可をいただいて、ここに全文掲載させていただきます。ジュンコさん、ありがとうございます!
————————————————————————————————————— 

土日を利用して、福島県相馬市にボランティアに行って来ました。
 
続く余震・放射能また人生初のボランティアということもあり少し緊張しました。車で現地に向かいましたが、福島県内の高速道路は所々段差があり、地震の影響が伺えます。現地に近づくに連れ、自衛隊車両が目に付きます。迷彩柄は周囲を物々しい雰囲気にし、非常事態だと実感させられます。
 
まずは市が指定した場所でボランティア受付をします。そこには作業に必要な道具・手袋数種類・長靴・マスク・飲料水まで準備されており驚きました。それぞれ支援物資として提供されているのかもしれませんが、日本は豊かな国だなと思いました。 
(more…)

≪スタジオは現在臨時休業いたしております。今後のクラス再開に関しては、SHIZENニュースページにアップします。それまでは、皆さんの心身の健やかさをサポートしたく、お家でできるヨガ、心とつながるための文章などを紹介していきます。The studio is currently closed. Please check the SHIZEN news page for information on resumption of classes. ≫  

まどか先生のクラスの生徒さんから、メッセージをいただきましたので、掲載させていただきます。ひろみさん、心に響くお便りを本当にどうもありがとうございます。

—————————————————————————–

まどか先生にお声をかけて頂き、今回の東北地方太平洋沖地震の被災について私が感じた事を、書かせていただきます。

私の実家は福島原発の被害で一気に有名になった、福島県双葉郡大熊町・双葉町の隣接市のいわき市です。両親はもちろん、友人・知人も多数在住しています。いわき市は福島県の太平洋沿岸に位置する為、この震災で市内の沿岸部は壊滅的被害を受けました。岩手や宮城に比べれば、中心部や山側の地域は比較的被害が軽微で済みました。

しかし、今は放射線被害の恐怖と、風評被害に怯える日々になりつつあります。

震災当日から数日は、自分に何が出来るか考えまくりました。考え過ぎて、心配になり過ぎて、家にいる間は夜通しテレビをつけたまま…家族の安否確認が出来たのに、いつまでも事態が進展しないニュースは、非常にストレスになりました。テレビのニュースだけでは現状が正確に分からず、悪い想像ばかりして悪循環になってしまっていたのです。

ある日母に、『お母さん達は心配しなくても大丈夫だよ。ありがとう!そっちこそ大丈夫なの?』と言われて愕然としました。私が考えすぎて空回りしていることで、屋内退避で色々苦労しているだろう両親に余計な心配をかけていることに気付きました。

私達は幸い被害を逃れました。被災地にとって本当に大変なのは、事態が落ち着いた後の復興です。現段階では、被災地の疲弊は想像も出来ません。そして、今私達に出来る事は、正直凄く限られていると思います。節電や募金、買い占めを控えたり、余裕がある方は支援物資を送るのも良いでしょう。

ただ、気を付けてください。無理やり節電したり、余裕が無いのに物資を送ったり… 眉間に皺を寄せての支援は、長く続けられませんし、何より被災した方達の心の負担になります。

今回の被害からの復興には、年単位の時間が要されるでしょう。だからこそ、まずは助けたい・支援したい気持ち、そしてそれぞれが出来る範囲の支援を続けていきませんか?

今は特に被災地の方だけでなく、日本中にこの震災でストレスを抱えた人がいるかと思います。私は、ぐるぐると堂々巡りして己の無力さに苦しんでいた時も、そして今も、友人達や、まどか先生やクラスの方達の心遣いに支えて頂いています。そのお陰で、心配こそ続いていますが、比較的落ち着いた状態で両親の状況と向き合えています。

悲しみと苦しみに飲み込まれる前に、思い出してください。
あなたが誰かを思うように、あなたも誰かに思われています。

まだまだ時間はかかると思いますが、みんなに笑顔が戻る日を信じて、負けないでいましょう。一人の力は微小でも、大勢の力が集まれば、大きな支援になるはずですよ!
私達は一人ではないのだから!

被災地の皆様と、全ての人に笑顔で過ごせる日々が戻りますように…

ひろみ

We are all connected by the breath , by dharma and the universal energy,Isvara. Awareness of this connection enables harmony in our self and in our environment but for many of us this is an easy concept to imagine but more difficult to actually feel.

Connection is not always easy or come naturally to do, especially with strangers. Some people are more challenging to connect with others. In a large city like Tokyo where there are so many people around us in a close proximity at any time, how many of them do we really try to connect with or feel connected to? (more…)

カルマ ヨガ ナイト(6月22日)にご参加してくださった皆さん、心から感謝しています。実際スタジオにいらして下さった方も、また応援メールを送ってくださった方も多く、おかげさまで楽しいイベントになりました。とても力強い平和への祈りも世界のすみずみまで広められたと思います!Thank you to everyone who participated in person, or in spirit, in our Karma Yoga Night (held June 22).  Thanks to everyone’s contributions, we had a successful evening and sent out a powerful prayer for peace, which I am sure spread to all corners of the earth! (more…)

(English follows Japanese) 

特別なカルマヨガのチャリティーイベントを企画しています。皆さん是非ご参加ください!

人生は、人間関係によって成り立っています。ビルマに起きた大型サイクロンの被害や、中国の地震の被害は、心に響いても、直接な人間関係がなければ、遠く感じる場合もあります。「何かがしたいけど、何が出来るのだろうか」と思って、そこで終わってしまうこともあります。ここで、人間関係がまたいい機会を作ってくれます。 (more…)

 私の友人は、ヤンゴンにある音楽学校で働いています。その学校の先生も学生も、救援活動を頑張ってやっています。普段は救援活動に関わっていない団体ですが、既にビルマにいる組織ですし、現地の状況がよく把握しています。既に支援活動をしていますので、この学校の活動を支援することに意味があると思います。その学校のウェブサイトは、英語しかありませんが、救援活動の報告などが載っています(場合によって、衝撃的な写真もあるので、ご了承ください。トップページは大丈夫ですが、以前の報告を見ると死体の写真もありますので、繊細は方はちょっと気をつけるように)。今後、一部を紹介したいと思いますが、取り急ぎ、この情報だけを載せます。 (more…)

Next Page »