マットから離れたヨガ Yoga Off the Mat


ケイコです。

花粉症の季節が近づいてきましたね。生徒さんから、そろそろ、花粉症を心配する声が聞こえ始めてきました。花粉症対策と言えば、ネティポットです。 ジャラネティとも言われ、ヨガをされている多くの方が、実践されている鼻うがいで、花粉症の他、アレルギー性鼻炎、鼻づまりなどの方に人気です。私は、毎日やり始めて、10年になります。当初は、片鼻からもう片方の鼻に流していましたが、今は、調子がいいと、鼻から口に流せるようになりました。洗顔や歯磨きと同じ感覚で、毎日、行っています。

neti01.JPG

私が持っているのは、こちらのネティポット。インド人のアーユルヴェーダのお医者さんお勧めの大きめのもので一杯で両鼻を十分洗浄できます。塩加減とお湯加減さえ、間違えなければ、鼻がツーンとすることもなく、気持ちよく洗えます。専門のネティポットはやはり、洗いやすいですよ。

ジャラネティのやり方は、ドミニカ先生がすばらしい記事を書いてくださっていますので、こちらを是非ご覧ください。

ただ、ジャラネティに関しては、警鐘を鳴らしているお医者さんもいらっしゃいますので、そのリスクもまず調べて、ご自身の判断で行ってくださいね。

ケイコです。

ある日、クラスが終わって、マットを元に戻していた生徒さんたちが、「あ、なんだかマットが落っこちてきそうで、危なくない?」と。そして、みんなで、実に気軽に、ぽんぽんとマットを一つ一つ下ろし、くるくるっときれいに畳みなおして、元に戻してくださいました。

 blog03.JPG

blog04.JPG

 

ヨガの効果って何でしょうか? 

ヨガを練習すると、体が柔らかくなったり、筋力がついたりします。今までやったことのないポーズに挑戦して、難しいポーズができるようになるかもしれません。しかし、それよりもずっと大切なことを、こうして皆さんが実践されるのを見ていると、じーんとしてしまいます。ヨガマットからおりても、ヨガは続きますね。

れいこです。

sockmonkey0a.jpg

ゆっくりと ソックモンキーの輪が広がっていっているようです(^^)

!そこで お願いです!
これから ソックモンキーを持って来ていただける方と
もう持って来ていただいた方へ~~~

ソックモンキーの首にリボンや毛糸で、メッセージカードを着けて下さい。
そこには 以下の事を書き込んで下さい。
(もちろん”出来る限り”で結構ですし、1~4まで全項目でなくてもOKです。)

1:お猿の名前
2:作者の名前(ニックネームでも可)
3:受け取る子供へのメッセージ
4:その他、イラストや お猿と自分の2ショット写真などご自由に!!

カードはハガキの半分くらいのサイズにしていただけると助かります。
ハガキサイズを2つ折りでもいいですね。
大きすぎると運搬途中で折れ曲がってしまうかも。

これからもスタジオにかわいいおさるさんが増えるのを楽しみにしています。

sock monkey のお仲間が増えていますよ!
こちらのsock monkey は、東北の子供たちに届けられます。

sockmonkeynakama.jpg

sockmonkey の作り方

7月18日(月)までにスタジオに持って来ていただいたソックモンキーはナオ先生の手によって 宮城に運ばれます。そして、7月23日(土)に開かれるサーファーの方たち主催の海のお祭りで、子供たちに配られる予定です。

作ってみようかと思っていらっしゃるみなさん、7月18日(月)の最終クラスが終るまでに届けて下さい。(郵送などでは受け付けておりませんので、ご了承ください)。
すでに届けていただいた方もメッセージをつけていただいてもいいと思います!(^^)
作って下さる方の個性が出た、かわいいお猿をお待ちしています!
追記
sockmonkey作成にご協力いただける皆さま、こちらの記事もご参照ください。

SHIZEN will collect sock monkeys  to be sent to the children of Tohoku at the studio until July 18th.
Please see these websites for further details on purchasing or making one to donate.

http://sockmonkey-kyoukai.jp/tsukurou.html

http://kaunis.jp/feature3.php/

SHIZENヨガでは、引き続き、チャリティイベントを行います。次回は、ドミニカ先生とケイコによるリストラティブクラスです。チャリティクラスは寄付制で、お支払いは現金のみとさせていただきます(チケットは使えません)。寄付金は、100パーセント支援金として、全額寄付させていただきます。

7/11(月) 19:30-21:00 リストラティブヨガ ケイコ
7/25(月) 19:30-21:00 リストラティブヨガ ドミニカ先生

dsc00286.jpg

When you finish reading this, take a moment, sit straight, close your eyes, and be still. Feel yourself breathing for 5  to 10 breaths. (1 inhalation and 1 exhalation equal 1 breath) Observe where you feel your inhalation in your nostrils, throat and lungs. Observe the same when exhaling.  Feel what part of your body moves in response to your inhalation and what part moves in response to your exhalation.  Observe how you feel when you have finished, before opening your eyes.  -Namaste

                                                             dsc00230.jpg

For many of us “space” is an unfamiliar part of our life. Finding a space that is unoccupied by someone or something is a challenge around us or within us. I sometimes find leaving a space for silence is uncomfortable and difficult to do in conversation. Maintaining space in my teaching, in my practice and in my daily life also often poses a challenge for me. In a generation when so many opportunities exist to fill the space of our lives from movies, hobbies, events, computers, connecting with loved ones etc., it is easy to forget that nothing IS something.

Space has a very important value. In yoga we create inner space with such practices as “pratiyahara”- withdraw of the senses, and “dhyana”- meditaion. In the silence of a space we can hear our truest thoughts, without distraction we feel our truest feelings. A scary put off for some, and an attractive draw for others, but a necessary experience for everyone of us to truly connect with ourselves.

Many opportunities to create space exist. One is at Shizen studio in one of our various kinds of yoga classes. Another is in your own home, just sitting for a few minutes in the quiet of an empty room, or maybe in a nearby park. You may even find just closing your eyes and being aware of your breath for a few minutes somewhere in line at the bank, or on the train works.  I encourage you to find some space in your life daily this week. What a world of difference a little space makes.

dsc01758.jpgdsc00978.jpgdsc01647.jpg

What we value is interesting to continue to look at as we mature as yoga practitioners. What do we value in our lives and how do our actions or purchases align with that value. For many of us knowledge is of great value. Especially spiritual knowledge. After all, yoga is the path of Self inquiry.

When I was younger I was big on shopping. As I grow older what I desire is not so much material, but rather more spiritual. What I was willing to pay for before, I am no longer willing to pay for now. Money has the value we give to it. Giving money is our affirmation of something as wanted or needed by us whether it be a thing, an experience, a service, or a skill.

As services and skills are not always instantly tangible, it is difficult for many people to understand the value in them, even though their permanence on our life is longer lasting. Perhaps this is due to our modern day consumer society and its resulting monetary emphasis.  Spiritual teachers and organizations whether they be Buddhist, Christian, Hindu, Shinto etc. rely on donations from their students or community.  To enable everyone access to the teachings they offer they rely on donations,きふ、dakushina, darna. (more…)

I often say that my daughter Luna is my “guru”.  Watching her I can see myself in so many ways, especially the personal habits and patterns of mine that she has taken on as her own. Some are admirable and others are not. She is my mirror, reflecting me. Most times she does what I do rather than what I ask her to do, following my actions rather than my words. Other times when I think she is not listening to me when I speak, a few days later she will repeat the phrases I spoke in frustration or anger. THOSE are the ones she seems to listen and use back at me most!

(more…)

気がつけば、SHIZEN3年生になりました。丸2年間、SHIZENでヨガを実践してきて自分がずいぶん変化したことに気付きました。今回はちょっと過去を振り返ってみたいと思います。お付き合いください。

(more…)

こんにちは、綾です。今回は「便利」と「不便」について考えたことを書きたいと思います。

昨年の初冬、いきなり愛用しているパソコンが壊れました。そのとたんに、パソコンの中に保存していたたくさんの人の連絡先が分からなくなりました。仕事で書きかけのまま保存していた原稿が消えました。このSHIZENのブログに入るためのパスワードもなくしてしまい、途方に暮れました。パソコンでしか交流していない友達との連絡手段がなくなりました。(バックアップを取っていなかったという致命的なミスを犯しておりました)

たかが一台のパソコンが壊れただけで、生活に「不便」を感じるようになりました。普段、「便利」なパソコンがあって当然の生活をしていたから、それが壊れたとたんに「不便」な生活になりました。今は、友達が長期で貸し出してくれたパソコンを使わせてもらっています。仕事もできるし、情報も得られるし、息抜きにも使えるし、確かにパソコンは「便利」です。でも、「便利」が必ずしも良いことなのだろうか?と思ってしまいました。 (more…)

Next Page »