ヨガ的生活アイテム


チカです。

みなさんこんにちは。今年もよろしくお願いします。

さて、一昨年あたりからクラス内では「アーユルヴェーダ」について色々ご質問を受けることが増えてきました。私の今年はじめの記事は、このお話からしたいと思います。

私がアーユルヴェーダを生活の中に少しづつ取り入れたのは一人目の子の妊娠中でした。その頃は、なぜこれが良いのか理由もよく分からないまま、ギーを作ってみたり、セルフマッサージや、ピチュ(湿布)、ピッチタラナ(頭にギーやごま油を湿布。)したりして「う~んなんだか気持ちが安らぐな~」そんな感覚で始まりました。

それから、いろいろな手技や食事、心のあり方、生活の仕方、またアーユルヴェーダの医学や薬学の視点から治療したり、施術したりすることはどういうことなのか?家庭の中でいかせるのか?と興味が湧いて勉強してきました。昨年は南インドに行きアーユルヴェーダ医師にコンサルテーションを受け、実際の施術の仕方や、母親がホームドクターとして家族を手当すること、家庭でのキッチンファーマシーの役割、などについてお勉強させていただく機会がありました。

アーユルヴェーダは直訳すると、大体は「生命の科学」と言われますが生命の科学って??ずっと、考えていたことがこの時のインドで少しわかりました。昨年のブログにもその様子は少し書きましたが、アーユルヴェーダとは「幸せで健康に生きる術を学ぶこと」なのです。健康と幸せは適切な食事と態度により栄養が保たれ維持されます。古代から肉体と感情の健康は私たちが「消化」する食べ物によって大きく影響をされていると理解されていました。長年、愛情たっぷりの正しい意識のもとで作られた食を食べてきた人と材料がすぐに腐らないように添加された食物で作り、作って何時間も経ったものを食べてきた人の違いは想像つきますよね?最近はご高齢の方も毎日コンビニのお弁当で食事を済ませるということも良く聞きますが、これで本当に健康を維持できているのでしょうか?ご高齢者だけじゃなく若者も、世の中全体が?でしょうか・・有害な物質や有害な想念に満ちた食物は臓器を傷めるとまで言います。食物によって肉体にダメージがあると感情面にも影響がでてきますね。中医学でも怒りは肝臓の毒性に関連性があるともいいます。

古代からアーユルヴェーダの智慧は、代々親から子へと伝承され「想い」が繋がってきています。得た智慧を自ら実践することで、内側と外側にバランスを保ち、体が変わってゆくのが分かってゆく、ヨーガのアサナの練習と同じです。

次回、お勧めのアーユルヴェーダの本をご紹介します。

チカです。 

今日は前回のギーの紹介に続き毎回クラスで、お問合せの多い、ベビーマッサージや、妊婦さんや大人にも(年齢に関係なく)使えるセルフマッサージに使うオイルについてご紹介します。これからの季節は気候が暖かくなってきて、マッサージもしやすいです。ゴールデンウィークは、赤ちゃんたちのクラスはお休みですのでおうちで作られてたっぷりマッサージタイムを楽しんでくださいね。

インドでは、赤ちゃんのベビーマッサージでもオイルも胡麻油(セサミオイル)を使ってよいと言われました。日本では太白ごま油(食用)と良いですね。スーパーでも売っています。これは、炒っていない生の胡麻から作っている油なのであの独特の匂いはありません。

この場合、使い方があります。
1 使う前に油を一度鍋に移して弱火で温め、
2 90度に加熱したら火から下ろす。(火から下ろして、110度以上にならないように)
3 自然に冷まし、清潔な瓶に移して出来上がりです。
(100度まで熱する理由は胡麻の本来の熱の質を高めるためと言われています。)
使用する前に、アレルギーのことを考えて念のためパッチテストもしてください。
保存は冷暗所で2ヶ月くらいが目安です。
オイルはなるべく湯せんで温めてから使うほうがお肌に浸透しやすいです。
その場合は、作ったオイルごと温めるのではなく、小さなボトルにオイルを入れ替えてカフェオレボウル位の器に熱湯をいれて湯煎で温めます。
(大人が使うとき、ピッタ体質の人で、にきびなどでている場合、ごま油ではなく、オリーブオイルにしてみましょう。にきびの上などにはオイルを避けてください。)
市販で売っているマッサージオイルは高価なものもありますね。
自分で作る手間は多少ありますが、思ったよりも、手軽に作ることができますよ。
作る楽しさもあります。お母さんが作るキッチンファーマシーといったところでしょうか(笑)

全身のアビヤンガ(大人のオイルマッサージ)には、静けさの中で全神経を集中させて行うので本来は香りを焚いたり、音楽はかけません。
また、外の外気や日常のストレスから身体を守るために、朝行うのが最適です。アーユルヴェーダは、単なるエステとかいう分類ではなく、一環した治療の施術なので、そういう意味も理解ができます。

でも、主婦は朝は忙しいから、なかなかできないですけれどね^^;初産の妊婦さんは、お時間があると思いますので、とてもお勧めです。妊娠腺の予防にもなります!でも、無理はせずにできるときに行ってみましょうね!(私もそうしていました。)

とはいえ、子育てしていると、オイルを熱することも大変なときもありますね。ドクターも言っていましたが、オリーブオイル(日本なら薬局で売っているものを)あとはアーモンドオイルまた、私がクラスでも、とてもよくお勧めしているのは、マカデミナッツオイルです。
マカデミナッツオイルは人間の皮脂に近い皮脂成分のパルミトレイン酸を豊富に含んでいるため、とても浸透性が高いのが特徴で、私も子供たちのケアに良く使いました。この場合は手のひらで温めて使いましょう!なるべく無農薬のものを使いたいですね。アーユルヴェーダーセンターのオイルは症状にあわせて、オイルに色々な薬草を煎じて混ぜていました。私は、香りでもリラックスできますので、ユーカリ、シナモンリーフとグローブをエッセンスを入れて、筋肉疲労や皮膚の消毒代わりに風邪の予防にと、子供たちにも私にも使っています。新生児のお子様には香りは、刺激が強すぎですから、全く入れないか、ラベンダーやカレンドラなら、かなり希釈してください。

今日は、参考までにご紹介しました。
何か質問がありましたら、クラスの時にお声がけくださいね。

kati_vasti.jpg

写真は施術「カティバスティ」で使ったオイルとプージャのセットです。
ドクターが脈診のみで私が過去に怪我をした腰の骨折をしていたことを診断しました。(脈診で分かるものなんですね!)その治療の施術はカティバスティカティ=腰、バスティ=溜める という意味です。腰の上に小麦粉を練ったもので土手を作り、そこに適度に温めたアーユルヴェーダの薬草オイルを注ぎ、腰を芯まで温めます。アーユルヴェーダでは痛みはヴァ-タの増悪の影響と考えています。ヴァ-タは冷えとも関連しています。痛みのある個所を温めることによってヴァ-タを鎮め、痛みを和らげていきます。

Namaste
金澤誓子

チカです。 

さて、最後に今回ドクターと施術してくれたセラピストに教えてもらったギーの作り方をご紹介します。
ギーは、本来はフレッシュな生乳を過熱して、乳酸菌で静置発酵(ダヒというインドのヨーグルト)させてから撹拌して発酵バターを作りますが日本では発酵バターの無塩が最適です。私は通常売っている高品質の無塩バターで作っています。(日本のはどれも高品質ですね。)

ギーは不純物をとりのぞいた純粋な乳脂肪で、燃やすと完全燃焼し、燃えカスを出さないクリーンな油。(施術部屋に置くプージャの火にも使われます。)また記憶力や理知、消化力が増し、強い肉体と精神力、オージャス(活力の元)、カパ、と必要な脂肪を増やし、ヴァータ、ピッタ、の乱れ疲れ、発熱を沈静化させてくれます。全ての油類の中でも最も優れ安定した酸化しにくい油脂といわれています。内服も外服にも使えます。疲労感のある目に、おでこと両まぶたに塗布し、洗い流さずにそのまま寝ると、神経系が休むことができるということでした。外用薬として使うと、ニキビや痔核、やけどなどに効果があると言います。(但し、日本ではあくまでも民間療法の扱いになりますので、ご自身で試す場合は必ずパッチテストなどされてから行ってくださいね。)ネトラバスティという目にギーで浸す施術もあります。(今回私はやりませんでした。やったら写真撮ったんだけど^^;)

主にマッサージオイルで外用するのがごま油です。ごま油は内服では消化を遅らせてアーマ(老廃物)を生むためにほとんど使いません。

さて、ギーの作り方
無塩バター つくりやすい分量で大体400グラムから450グラム
1 鍋に無塩バターを入れて中火で焦がさない様に溶かす。
2 溶けたら、弱火で加熱し続ける。
3 バターの水分が少なくなり、たんぱく質が分離し大きな泡がブクブクと出てくる。
4 さらに弱火で加熱し、ヘラで表面をかき分けて中の様子を見ると、透明な美しい黄金色になっていて、鍋底に沈殿物が見えたら火を止める。
5 厚手のペーパータオルで漉す。
6 保存容器に入れて完成! 冷暗所(冷蔵庫じゃなくても大丈夫)で保存してくださいね。

我が家では、スープや、消化の良いインドおかゆ(ターメリックがギーによって溶けやすくなります。)に、おやつの時に・・・・
・ まだ若いバナナとココナッツフレークをフライパンで焼くときにギーで。
・ 軽く焼いた素朴なパンに、ギーと蜂蜜(蜂蜜は熱しないように)を少したらして食べるのが子供たちのお気に入り。
・ チャイ(スパイスミルクティ)にほんの少しのギー。

美味しいからといって摂り過ぎないように気をつけましょうね~。
ではまた!
Namaste
金澤誓子

チカです。

ベビーヨガのクラスでは、あそびうたで歌ったり手遊びしたり、
マッサージとお歌にヨガのアサナをミックスしたりの楽しい時間を過ごしています。
これは私自身の子育て中でシュタイナー幼稚園や昔あそび、わらべ歌の会などで子供たちと一緒に遊んだことからきています。

babyyogabook22.JPG

今回はその中でも子供たちがお気に入りだった
あそびうたの本をご紹介します。
「赤ちゃんとお母さんのあそびうたえほん」
「こどもとお母さんのあそびうたえほん」
絵のタッチと色使いがとても可愛らしくて、小さな子供にもその楽しさが伝わります。

比較的小さな本でそれほどかさ張らないので、小さな赤ちゃんの時からよくお出かけのお供になりました。
もう外カバーが何度もボロボロになりテープで止めたりした思い出の本です。
他にも北原白秋や金子みすず、まどみちおさんが大好きで、今でも上の子も下の子も一緒に歌っています。
日本語の美しさやリズム、歌や音も感じてもらえたら嬉しいです。
ママがあそびうたを覚えるとお出かけ中にちょっぴりぐずってしまった電車の中などでも
ことばあそびに手遊びで集中して遊ぶことができますし、
なんと言っても、おもちゃが無くても遊べる!
素晴らしい良い点があります。
忘れていた「何か」に気づくかもしれません。
赤ちゃんたちはママの声が大好きです。声を出して歌うと気持ち良いですよ!
赤ちゃんたちもキラキラにっこりです!
私も、そして、ベビークラスの前のゆったりクラスに参加してくださる大先輩ママさん方も
ベビーちゃんたちに会うことでいつもそのみんなの笑顔に癒されています。

次回はマッサージのオイルについて紹介しようと思います。
ナマステ。

shizenstamp1.jpg

ケイコです。

SHIZEN のカードに押されるスタンプに新しい柄が加わったのに、お気づきになりましたか?

こちらは、SHIZENの生徒さんである羅久井ハナさんの作品です。消しゴム判子作家である彼女の展示会に行ったことがあるのですが、見ると心あたたまる作品で、ついにっこり笑ってしまいます。下の写真は、彼女に注文して作っていただいたヨガのポーズの判子です。写真にとってからupしたら、ちょっとぶれてしまったのですが、かわいいでしょ。本当に細かいところまできれいに彫られています。

hanko21.jpg  hanko41.jpg

羅久井ハナさんのウェブサイトはこちらから。たくさんの作品が載っていますよ。

今月からブログを担当させていただくことになりましたケイコです。
よろしくお願いします。 

もう7月なんて、時が経つのは早いですね。
Shizen ヨガスタジオでは、月に3回ほど、先生たちが集まり、勉強会やミーティングをしています。6月の最終週に行なわれたミーティングでは、ドミニカ先生のお誕生日をみんなでお祝いしました。自分のこととなると、照れてしまうドミニカ先生。皆が Happy Birthday to you ~ と歌いながら、ひまわりの花束、寄せ書き、プレゼントを渡すと、恥ずかしそうに、そして嬉しそうに受け取ってくれました。ミカ先生が持っているのが、チカ先生お手製のマクロビのチョコレートケーキ。こうして、日頃の感謝の気持ちを表す機会をもてるというのは、嬉しいですね。

domibirthday1.jpg
Dominica, Happy Birthday! We all love you!

ナオ先生が7月インドに行っていらっしゃる間、ドミニカ先生が7/12, 16 (月) の19:30のIntro/level 1のクラス、7/14, 11, 25 (日)の17:00の all level クラスを代行されますので、この機会にぜひ足をお運びください。

おいしかったチカ先生のマクロビチョコレートケーキのレシピはこちらから。

(more…)

マーラWSのブログに関連して、うつ病ってほどでもないけど、気分が落ち込んでしまっている人にお勧めしたいハーブのご紹介です。

yogitea1.jpg yogi tea セントジョーンズワート 定価997円(税込)

(more…)

こんにちは、綾です。今回はナチュラル派のヨギーにお勧めしたいオーガニックコスメ「Agronatura」(公式サイト:オンラインショッピング可能)のご紹介です。

agro1.jpg agro2.jpg

左:スキントナーn ドライスキン用 125ml  右:ローズウォーター 100ml

(more…)

かつてケニア環境副大臣だったワンガリ・マータイさん(ノーベル平和賞受賞)が、環境保護に大切な精神を一言で表した言葉だと絶賛したのが日本語の「もったいない」でした。今、その言葉が「MOTTAINAI」として浸透し、大きなムーブメントとなっています。

私たちが生活の中でほんのちょっとだけ工夫すれば、地球のどこかの森が守れるかもしれない。

私たちが生活の中でほんのちょっとだけ工夫すれば、日本の何かが変わるかもしれない。

そんな思いが凝縮されたサイトが登場しました。

MOTTAINAI

また、東京竹橋には「MOTTAINAIステーション」もオープンしています。興味があれば、足を運んでみてください。

前回、モナ先生のWSに参加した際、ブログで書いた布ナプキン生活に関しての質問をいくつかいたいだきました。今回は、私が布ナプキン生活をスタートするにあたり参考にさせていただいたサイトをご紹介したいと思います。

布ナプビギナーのための布ナプ生活ガイド「ウーマンケアネット」

ここは、本当にお世話になりました。最初に用意する布ナプの枚数の目安に始まり、基本の使用方法、上手なお手入れ法、外出使用時の心構え、各布ナプメーカーさんの商品比較・評価、手作り布ナプ用の型紙に至るまで、とにかく情報が充実しています。管理人さんご本人の体験に基づいて書かれているので、実に詳しく、また現実的です。このサイトを一通り勉強すれば、布ナプビギナーでもプロ並みに使いこなせると思いますよ♪

他にもお勧めのサイトをご存じの方がいらっしゃいましたら、どうぞコメントくださいね。

Next Page »