SHIZEN ニュース SHIZEN News


English follows Japanese.

ケイコです。

ドミニカ先生と一緒に旅行に出かけると必ず、美味しいレストランをその嗅覚で探し出してくださいます。そんなドミニカ先生がベジタリアンレシピをご紹介!

img_8915.JPG

ドミニカです。

手早く、簡単、おいしい、そしてベジタリアン。この4つの単語が私が料理を作る時、そしてレシピを探す時のキーワードとなります。多くの人がもっとベジタリアンの食事を習慣にしたいと思いながらも、時間が足りなかったり、どうやって始めたらいいか分からないため、ベジタリアンメニューにするのを難しく感じます。しかし、吉祥寺には、いろいろな国のスパイスや材料を売っているお店がたくさんあり、それらを日本の新鮮な材料と合わせることができます。

ではここで、私の大好きなべジタリアンメニューをご紹介します。これらは、手早く、簡単、ベジタリアンで、そしてすごく美味しいのです! 日本のキノコ類は全て使えますが、私がいつもこのレシピに使うのは、エリンギ、しめじ、椎茸です。ぜひ、作ってみてくださいね。

準備時間 14分
調理時間 15分

Mushroom Graham Marsala
キノコグラハムマルサラ

3−4人前

材料

中くらいの玉ねぎ1個 みじん切り
カットトマト1パック、または中くらいの生のトマト3つ さいの目に切る
スライスしてさいの目に切ったキノコ類 2カップ分

オリーブオイル 1/4カップ

クローブ4つまたは、クローブパウダー、オールスパイス
シナモンスティック2本または、シナモンパウダー 1/8ティースプーン

刻んだ大きめのニンニク2かけ分
ターメリックパウダー 1/2 ティースプーン(水少々と塩で合わせて柔らかなペースト状にする)
チリパウダー 1/4(お好みに合わせて、辛さを調整してくださいね。私は、中辛が好みです)
クミンパウダー 1ティースプーン

調理法

img_8913.JPG

フライパンに油を引き、温めて、クローブとシナモンを足す。

img_8919.JPG

油がグツグツしてきたら、玉ねぎを足す。

img_8917.JPG

玉ねぎが飴色に変わってきたら、ニンニク、チリパウダー、クミンとターメリックペーストを足してさらに炒めます。

img_8918.JPG

全てがしっかりと炒まって、火が通り、油が上がってきたら、トマトとグリーンチリペッパーを足します。

img_8916.JPG

1、2分しっかりと炒め、それからキノコを足します。弱火で、5−7分炒めます。

img_8914.JPG

日本のお米、もしくはバスマティのお米につけて盛り付けます。

Quick, easy, delicious and vegetarian. These are the four words I use most in cooking and in looking for recipes to make. Although many of us wish to implement a more vegetarian diet, it is often difficult to come up with meal ideas due to time constraints or simply knowing how to start. Kichijoji has variety of shops that offer a variety of international spices and ingredients which can easily combine with local fresh produce!Here is one of my favourite vegetarian meal ideas and it is quick, easy, vegetarian AND delicious. Any variety of Japanese mushrooms will do but eringi, shimeji and shiitake are the ones I usually use. I hope you will try it.

Prep time about 14 min
Cook time about 15 min
Mushroom Graham Marsala

1 medium finely chopped onion
1 package diced or cut tomatoes, or 3 medium chopped fresh tomatoes
2 cups sliced and chopped mushrooms

1/4 cup olive oil

4 cloves or 1/8 clove powder or all spice
2 cinnamon sticks or 1/8 teaspoon cinnamon powder

2 large garlic cloves minced
1/2 teaspoon turmeric powder ( mix with a little water and salt to make a runny paste)
1/4 chili powder ( less or more depending on your spice preference! I like medium spicy)
1 teaspoon cumin powder

Makes 3 to 4 servings

Instructions:
Warm oil in frypan and add cloves and cinnamon. When oil begins to simmer add onions
When onions turn brown, add garlic, chill powder, cumin, and turmeric paste. When everything is stirred in well and thoroughly fired and oil comes up, add tomatoes and green chile peppers. Stir thoroughly and cook for a minute or two. Then add mushrooms. Cook covered on low heat for 5 to 7 minutes.

Serve with Japanese or basmati rice.

ケイコです。

最近、呼吸法に興味を持って、継続して練習されたいと希望される生徒さんが多くいらっしゃいます。SHIZENヨガスタジオでも、呼吸法を定期的にクラスに取り入れている先生が多いですね。私も、シリーズクラスでは月1回、リストラティブヨガと呼吸法を行っています。また今期の「セルフプラクティスを確立する」のクラスでは、日々のセルフプラクティスに呼吸法を取り入れたいという生徒さんの要望で、まずクラスの始めに15分ほどプラナヤマをしています。

そして、クラスである程度、呼吸法について理解され、さらに呼吸法を毎日の練習に取り入れたいという生徒さんには、下記の本を強く強くお勧めしています。

img_1504.JPG

ヨガ呼吸・瞑想百科
Light on Pranayama
B.K.S アイアンガー 著
沖正弘 監訳
白揚社
2800円

この本を初めて私が手にしたのは、もう10年も前のことで、当時、アメリカに住んでいた私にお友達のヨガ仲間が「日本語のヨガの本を読みたいだろうから」とわざわざ日本から持ってきてくれたのでした。ところが、その細かさにめげて、その時はパラパラっとページをめくっただけでした。その後、呼吸法を始めた時、いろいろと疑問が湧き始めたときにふとこの本を読んでみると、呼吸法のことが細かに書いてあることはもちろんのこと、呼吸法をし始めると出てくる実践的な質問の答えが丁寧に書かれていたのです。ヨガクラスで先生がおっしゃっていたのはそういうことなのか、と全ての疑問に答えてくれる本でした。そして、この本の翻訳は素晴らしくいいので、非常に読みやすく、ヤマニヤマについての説明など、哲学的な話も非常に面白く理解しやすいです。

ただ、電車のなかで夢中になって読んでいると、トラディショナルな格好(つまりは褌スタイル)のアイアンガー先生のお写真がたくさんあるので、ちょこっとだけ周りの方に気を遣います。

ケイコです。

img_8780.JPG

ラマナンド先生の高野山でのリトリートでは、宿坊に泊まりました。宿坊といえば、精進料理ですね。宿泊先の櫻池院でも実に美味しい精進料理が供され、その日の朝にお坊さんが山でとってきた筍や山菜をいただけるという贅沢を満喫しました。タラの芽の天麩羅、胡麻豆腐、筍の煮物、本当に美味しかった。

お料理は複雑ではなく、それぞれの素材を非常に大切にしています。いろいろな食材を掛け合わせて、凝った味付けをして、素材の味を隠すのではなく、それぞれが元来持っている持ち味を引き立てるような引き算のお料理です。天からの贈り物の食材を存分に生かすために手を加えすぎないようにしているのです。季節の材料を使って、その素材が生かされるように調理すること、食材が本来持っている味を引き出すことこそが精進料理の醍醐味なのです。お料理をいただくとお腹が満たされるだけではなく、心も豊かになっていく気がしました。

ヨガもまた、いろいろ着飾ったり、何かを付け足すことによって、幸せになろうとするのではなく、自分の内側を見つめることによって、「自分が幸せそのもの」であることに気がついていきます。

精進料理とヨガ、とっても似ていると思いませんか?

English follows Japanese.

SHIZENの親愛なる皆さん

ありがとうございました。

image4.jpeg

SHIZENのスタッフが先日書いてくれた投稿にあったように、私の最後のクラスの後にサプライズがありました。たくさんの方々からのメッセージをいただいて、私がいかに支えられてきたかを改めて実感しました。

ヨガと瞑想のインストラクターとして11年になりますが、その間にたくさんの人との、考えてみれば、かなり特殊な縁に恵まれました。「自分を知る旅」としてヨガを教えたり、「心のヨガ」として瞑想クラスを行ったりしたおかげで、初めて会った人とでも、生きていく上での根本的な疑問や迷いについてたくさん共有することができました。お互いほとんど知らないのに心からしっかり繋がっている気持ちを毎回実感しました。そしてクラスに長く通ってくださった方々は、山あり谷ありの人生をお互い支え合ってきたからか、家族のように大切な存在です。

時間の長短に関わらず、人と繋がることが大好きな私には、皆さんとの時間が宝物です。私の笑顔に助けられたとたくさんの人に言われますが、笑顔になれるきっかけを作ってくださる皆さんに感謝しています。

最後のクラスの終わりに綾さんがインストラクターからのプレゼントやたくさんの方が書いてくださったメッセージを渡してくれました。その夜、家に戻ってみなさんのメッセージをゆっくり読みました。みなさんからの優しい言葉のおかげで、気持ち良く自分の次のステップに進められます。心から感謝しております。

マドカ

Dearest SHIZEN Family,

Thank you so very much.

As SHIZEN’s staff wrote on this blog the other day, there was a surprise after my last class. I received a lovely book of messages from many people, and was reminded how much this community has supported me over the years.

I’ve been teaching yoga and meditation classes for about 11 years, and come to think of it, it has blessed me with very special and unique connections with people. I taught yoga as a “journey of self discovery” and meditation as “yoga for the heart”, and in the process, was blessed with opportunities to share and discuss some of the fundamental questions of life even with people I met for the very first time. Though hardly knowing each other, I always felt a strong connection from the heart. With students who continued taking my classes for years, we supported each other through the mountains and valleys of life, and you are as dear as family to me.

Regardless of length, the time I spent connecting with everyone at SHIZEN is a treasure to me. Many people comment about my smile, but I must say, I am so grateful for the many opportunities everyone gave me to smile.

At the end of the last class, Aya gave me gifts from the instructors and messages from students and instructors alike. That night after going home, I read each one. Thanks to all the warm words in each message, I feel ready to move on to the next stage in my life. Thank you all very much from the bottom of my heart.

Madoka

ケイコです。

image3.jpeg

ゴールデンウィークにたっぷりと行われたラマナンド先生のワークショップが先週末、終了しました。ドミニカ先生、タマミ先生、ケイコのほかにも全日程参加者も数名いて、本当に思い出深いゴールデンウィークとなりました。ガブリエラ先生のイタリアのリトリートで出会った方たちやシンガポールから来てくださった方もいらっしゃいました。

大勢の皆さまのご参加ありがとうございます!そして、ブランケットを持って来てくださった皆さま、ご協力ありがとうございました!

ここ何年もゴールデンウィークは、SHIZEN ヨガに通いつめていますが、今回は、東京を数日離れて、高野山に行くことができたのも、本当に幸運なことでした。

ドミニカ先生がラマナンド先生と出会われたのは、ちょうど20年前ということですが、その時とラマナンド先生は変わられたか、とうかがったら、「ティーチングは一貫として変わらない。ずっと同じ。ただ冗談さらに面白くなり、髭がちょこーっとだけ白くなった」とのことでした。

ラマナンド先生が繰り返し、おっしゃっていたことのいくつかをここに記録しておきます。

- Are you happy? No, you are happiness.
あなたは幸せですか?あなたの存在そのものが幸せなのです。

- 体が出来ることは全てギフトであり、それが出来ることを喜び、出来なかったことはハッピーなチャレンジだと思おう。挑戦のない人生など面白くない。挑戦は人生を楽しくする。

- Don’t let the mind change the challenge into a problem.
マインドは挑戦を問題に変えたがる。そうさせないようにする。
自分のベストを尽くすのみである。私たちに出来ることはアクションのみである。

- 出来ることをやり、それを楽しむのみ。過去の変えられないことに一時たりともマインドを使う必要はない。

先生のお話を伺っていると、今まで未知の領域だったものに興味が湧いて来ます。多くの方が、ラマナンド先生のティーチングのおかげで、ヴェーダンタはもちろんのこと、ムードラやバンダ、コーシャ、チャクラなどに興味を持ち始め、さらに深く学びたいと思い始めたと私に伝えてくれました。こうして、「自分とは何か」の探求がさらに深まったいくのですね。

ラマナンド先生は、本年を持って海外での指導の終了を表明されていますが、サンフランシスコでのティーチングは継続されるとのことです。

ケイコです。

ラマナンド先生の3日間の高野山リトリートが終わり、明日5月3日(水)午後よりワークショップが始まります。

ただいまブランケットを高野山から搬送中です。初日のワークショップには間に合わない可能性がありますので、ブランケットをお持ちの方はお手数ですが、ご持参いただけると助かります。 いつもご協力ありがとうございます!

(プロップス、無事、高野山から戻りました。)

今回、高野山のリトリートで宿泊したのが、櫻池院。写真にはうつっていませんが、門の手前には桜が私たちを待っていてくれたかのように可憐に咲いています。「SHIZENヨガスタジオ御一行様」の看板と大きな木蓮が出迎えてくれました。

image.jpeg

石庭も実にきれいです。休憩時間には、先生がおっしゃっていた言葉を振り返りながら、縁側で石庭を眺めていると、ラマナンド先生のクラスで穏やかになった心がさらに静かになる感じがします。

image2.jpeg

img_8783.JPG

お食事は精進料理。有名な胡麻豆腐も毎食、いただくことができました。ゴマの皮を剥かれているので、高野山の胡麻豆腐は黒っぽくなく、白に近いとのこと。筍や山菜もお坊さんがその日に採ってくださったものだそうです。タラの芽の天麩羅美味しかったー。

img_8782.JPG

朝4時から鐘がなり、皆が起床時間と勘違いして起き出したり、朝のお勤めがあったりして、お寺ならではの体験もたくさんできました。時間があれば、皆高野山にたくさんあるお寺を見学しに行ったり、焼き餅や笹巻きあんぷなどのお菓子を食べに行ったり、お散歩を楽しみました。

  img_8796.JPG

img_1479.JPG

皆さま、ご参加ありがとうございました!ラマナンド先生との学びは今週まだまだ続きます。

ケイコです。

マドカ先生のクラスに参加されたスタッフから、先生のクラスのレポートをいただきましたので、ブログに掲載させていただきます。

皆さんからいただいたメッセージ届けましたよ!

最後のクラスに参加してくださった生徒さんたちとの集合写真をご覧ください。

 image21.jpeg

 image22.jpeg

ラストクラスのテーマは「支えあい」。

まさに最後のクラスは「支えあい」がそのままの形で現れていました。長年の顔見知りの生徒さんあり、初めて会う生徒さんもありという中で、「誰もがマドカ先生の最後のクラスを特別に思ってる人たち」という名の紐で繋がっているかのような一体感がありました。

呼吸瞑想・黙想・ディスカッション・肩こりをほぐすストレッチ・Omチャンティグがクラス内容でした。あっという間に時間が過ぎて、最後はみんなとの思い出話や、マドカ先生のSHIZENで過ごした日々の回想の時間に。

面白いのは、生徒さんからの寄せ書きにも多かったけど「マドカ先生のおかげで瞑想に出会いました」という声の多さ。そしてそのマドカ先生きっかけで瞑想に出会った人たちが「瞑想を継続している」ことの多さ。私自身もマドカ先生の声がけがきっかけでマキノ先生のクラスに参加して瞑想にはまっていった一人です。

その後、坐禅の修行に移行して、その行き先も常にマドカ先生が開拓してくれているという感じ。私にとってマドカ先生は常に先を歩いてくれている「道標」みたいな存在です。きっと、誰もが同じように感じているのだろうなと思いました。

今回、ひとつの区切りとして、マドカ先生はSHIZENを離れるけど、でも、彼女が自分の修行に「よし、いける」と実感をもてたとき、SHIZENに戻ってきてくれるに違いないと信じています。

パワーアップして、より求心力を高めて還ってきてくれるその日まで。

お疲れ様でした。ありがとう。ナマステ。

ケイコです。

image16.jpeg

ラマナンド先生とドミニカ先生、タマミ先生、ケイコの4人が 高野山に到着しました。かなりの傾斜のケーブルカーで駅に着いたのですが、昔の人は、ここまで徒歩で旅したのだなあ、と驚かされます。

本日は晴天です。朝夜は、かなり寒くなる模様。こちらはまだ桜が咲いています。しだれ桜や山桜などいろいろな桜が可憐に花をつけていて、まだ春を楽しませてくれています。ドミニカ先生とタマミ先生がとてもすてきな写真を撮ってくださいましたよ。

image17.jpeg

image18.jpeg

明日からは、櫻池院というお寺でリトリートです。御門には桜のマーク。生徒さんの何人かは前泊中。しっかりとブランケットなどのプロップスもすでに届いておりました。空気がりんとしている感じがするこの高野山でラマナンド先生のリトリートを受けられるとは気がひきしまる思い。

image19.jpeg

有名な壇場伽藍はすぐに目の前。

image20.jpeg

明日から楽しみです!

ケイコです。

忘れ物を見ると、「ああ、見覚えある!誰々さんが着てたような」と思うもののなかなか思い出せないものですね。

持ち主の方、是非引き取りに来てくださいね。一定期間が過ぎると、リサイクル、もしくは処分することになってしまいます。

image14.jpeg

image15.jpeg

 

ケイコです。

pelvicfloor3inst.jpeg

あっという間に、ゴールデンウィークが始まりますね。今回のゴールデンウィークは、ラマナンダ先生が高野山でリトリートをされ、その後、SHIZENヨガスタジオでワークショップをされます。高野山のリトリートには、ドミニカ先生、タマミ先生、クミコ先生、ケイコが参加しますので、クラスのスケジュールがイレギュラーとなります。ご注意ください。

さて、5月1日(月) 13:00-16:00に、スペシャルプログラムが行われます。「骨盤底筋を感じるヨガ ~ほぐす・整える・鍛える~」です。SHIZENの産前産後ヨガチーム、チカ先生、ヒサコ先生、ミキ先生のスーパートリオでお届けするGW特別クラスです。骨盤全体と骨盤底筋群にフォーカスを当て、ほぐす・鍛える・整えるの各トピックを各講師3人が担当されます。

骨盤底が大切というのは、分かっていても、それはどこなのか?またどうやって鍛えたらいいのか、もしくはほぐしたらいいのかなど、なかなか分かりにくい箇所であるし、また人に聞きにくいところでもあります。尿失禁や子宮脱などの症状を持っていながらも、人に相談できずにいらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

今回、この特別クラスを担当される3人の先生は、ヨガ講師の経験が豊富で、産前産後の講師として生徒さんから非常な信頼を受けています。先生方のクラスの前後に私が担当する時、先生たちが生徒さんと話している会話を耳にすることがあります。どの先生も実に丁寧に、生徒さんたちの体の不調や悩みに真剣に耳を傾け、アドバイスしていらっしゃいます。その知識の深さと分かりやすく伝える能力に感心します。普段のクラスでは生徒さんが少し聞きにくいことをきちんと説明することができるのが、こういったテーマがしっかりと決まった特別クラスの良さです。

5月1日(月) のこちらのワークショップは定員15名です。当日の空き状況によっては予約なしでもご参加いただけますが、確実に受講を希望される場合は、ご予約をお勧めします。サイトログイン後、 スケジュールページにて予約を行ってください。

http://www.shizenyoga.com/j/special-classes/

2017-05-01 13:00-16:00(3時間)
参加条件:あらゆるライフステージにある女性
※このクラスは赤ちゃん連れ・パートナー同伴での参加はできません。
定員:15名
料金:5,000円 ※チケット利用不可、当日現金でお支払いください。
予約優先クラス

Next Page »